例年よりも寒かった(ように感じる)冬が終わり、春の花々が満開となっています。
西川花祭りは皆様ご覧になられましたでしょうか?
土日は渋滞が起きるほどの大人気のようです!
ご興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■西川花祭り
開催日時 2021年3月20日(土・祝)~4月4日(日)
     9:00~16:00(開園時間)
花の開花情報など、お祭りの詳細は≪こちら≫よりご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、本日は絵金蔵に新たに登場した「光る」募金箱  を紹介させて下さい!
こちらは2019年度から高知工業高校専門学校地域協働演習という授業を通し、
生徒さんに制作いただいた、募金箱となっております。


C644B9B4-A9D4-43AC-9C9F-16D5C430D401

▲町家を模した募金箱 (制作:高知高専2019年度地域共同演習1班)



これまでも館内では募金箱は設置していたのですが、
手作りの箱を利用したもので、その存在感の薄さ、目立ちにくさが問題となっていました。

そこで高知高専の生徒さんとの話し合いを進め、その技術とお知恵をお借りし、
思わず募金したくなる"ユニークな募金箱"を作っていただきました!

素晴らしい募金箱を制作していただき、
生徒の皆様、
担当教諭の皆様に心より感謝申し上げます。



34A06211-0ED4-4F12-B720-20C98108EFE3
▲お金を入れると光センサーが反応し灯りがともる仕掛けです!

6EABBEA9-990B-4074-8043-8861346A969E

▲土間に芝居絵屏風を飾る様子が再現されています。

A377E8D2-4B4A-4E8C-8035-C937FB114BBF
▲木製のすっきりした見た目がすてきです


絵金蔵では絵金の描いた芝居絵屏風の本格修理
様々なご協力・ご支援のもと行っております。
これまで行われたことのない大規模な修理の費用捻出は難しい状況にあり、
現在も寄付金を集めています。
絵金蔵にお立ち寄りの際には、このような素敵な募金箱もございますので
皆さまのあたたかいご支援を賜りますようどうぞお願い申し上げます。

本格修理や寄付の詳細は《こちら》をご覧ください。





じめじめとした天気が続き、湿度が高い日が続いていますね。
天気の悪い日には屋内で美術品をゆっくりと鑑賞する、
そんな過ごし方はいかがでしょうか?



絵金蔵では本日7月7日㈫より「5分の1展」に続き夏の特別展
「ホンモノにあえる一ヵ月 絵金屏風の展覧会」
「白描展」がスタートいたしました!

20200707特別展

絵師金蔵、絵金の描いた芝居絵屏風は、
もともと
須留田八幡宮神祭の祭礼の道具として作られたものです。
昭和から土佐赤岡絵金祭りが始まると、これら2つのお祭りの時にのみ
ホンモノの芝居絵屏風が展示されることが通例となっていました。

20200707特別展2
(↑展示室中央では神祭についてのドキュメンタリーを上映しております。映像制作 KAWARA)


しかし新型コロナウイルス感染症の影響により令和2年度の
神祭での芝居絵屏風展示と
土佐赤岡絵金祭りの開催中止が決まったため
作品たちは展示の機会を失ってしまいました。

ですが!お祭りはなくとも皆様にホンモノの芝居絵屏風をぜひご覧いただきたい!

その思いから館内にて
赤岡に残る芝居絵屏風23隻のうち、
展覧会出展中及び修理中等の作品を除く10隻を、順番に特別公開することにいたしました!

第1週目の   
7月7日(火) ~ 7月12日(日)には

 伽羅先代萩 御殿(本町二区)
 競伊勢物語 春日の里小芳住家(横町二区)の2作品が展示されています!

20200707特別展3

実は180度開いた状態で展示するのは、ほぼ初めて!

血赤と呼ばれる絵金独特の赤色など、迫力ある極彩色の世界を是非お楽しみくださいませ。

作品の題名や今後の展示スケジュールの詳細はこちら


また今年も慣例となっている「白描展」を同時開催しております。

今まで、ほとんど展示されていなかった作品を中心に展示しておりますので、
どうぞ合わせてご覧くださいませ^^




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー展示詳細ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ホンモノにあえる一ヵ月 絵金屏風の展覧会
  会期:7月7日(火)~ 8月2日(日)

 ● 7月7日(火) ~ 7月12日(日)
 伽羅先代萩 御殿(本町二区)
 競伊勢物語 春日の里小芳住家(横町二区)

 ● 7月14日(火)~ 7月19日(日)
 義経千本桜 鮓屋(本町四区)
 蝶花形名歌島台 小坂部館(本町四区)
 楠昔噺 徳太夫住家(横町二区)

 ● 7月21日(火)~ 7月26日(日)
 東山桜荘子 佐倉宗吾子別れ(本町四区)
 伊賀越道中双六 岡崎(門脇家)
 忠臣二度目清書 寺岡切腹(横町二区)

 ● 7月28日(火)~ 8月2日(日)
 源平布引滝 松波検校琵琶の段(本町一区)
 菅原伝授手習鑑 寺子屋(横町二区)

■5分の1展 
  会期:6月30日(火)~ 8月2日(日)


 ● 6月30日(火)~ 7月5日(日)
  勢州阿漕浦 平次住家(本町一区)

 ● 7月7日(火) ~ 7月12日(日)
  蝶花形名歌島台 小坂部館(本町二区)

 ● 7月14日(火)~ 7月26日(日)
  鎌倉三代記 三浦別れ(本町一区)
  八百屋お七歌祭文 吉祥寺(本町四区)

 ● 7月28日(火)~ 8月2日(日)
  蘆屋道満大内鑑 葛の葉子別れ(本町一区)


■白描展 
   会期:7月7日(火)~ 8月2日(日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■場 所  絵金蔵
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

★ご来館の際は、マスクをつけて少人数でお越しください。


ページ上部へ