絵金蔵はお陰様で2月11日で15周年になります。
そちらを記念して、
本日より3日間
28()9()11(火祝)〕
「プレゼントまち歩き」を行いますっっ
まち歩きチラシ

小さいながらも面白い町・赤岡町を堪能していただきたく、
商店さんのご協力を得て、
店内でプレゼントをご用意いただきました。
何が出るかはお楽しみ★

絵金蔵入館チケットを購入の際に、
商店での引換券をお渡しいたします。
絵金蔵観覧後は、町にくりだし、プレゼントをゲットましょうっ


また、この3日間、プレゼントに加え
なんと、大人520円を300円、高校生以下無料‼
お得で楽しい3日間となっております!
どうぞ遊びにお越しくださいませ~~



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


①3日間だけの入館料割引!

【 大 人 】 300円(通常520円)

【高校生以下】 無料

②プレゼントまち歩き!

「絵金蔵に入館して、
 プレゼントがもらえる引換券をもって赤岡の町歩きを楽しもう。」

2/8・9・11日の3日間、各日先着30名様に赤岡の商店で
プレゼントと交換できる引換券をお渡しします。
どこの商店で何がもらえるかは絵金蔵受付でくじを引いてからのお楽しみ!

 

◆日 時  2020年2月8日(土)・9日(日)・11日(火祝)

      9時~17時 ※最終入館16時30分

 

(プレゼント引換券について)

・配布対象:大人料金300円での入館者のみ。

・配布時間:9時30分~16時30分

・引換券は当日のみ有効。

・17時までに記載された商店でお引換えください。

※2月10日は映画上映のため、展示をご観覧のお客様はご入館できません。

金蔵は如何にして異才絵師・絵金と成ったのか―。
0001 (21)

2020年2月11日に絵金蔵が開館15周年を迎えることの記念企画として、
絵金の壮絶な半生を描いた1971年制作の劇映画「闇の中の魑魅魍魎」を絵金蔵にて上映。


本上映会の開催に向け、主演・麿赤兒さんにお寄せいただいた
当時を語るビデオメッセージも必見です!


------------------------------------

高知県内でしかほとんど知られていなかった絵金は、
1966年に雑誌で特集されたことを契機に
芝居絵屏風に描かれる性や凄惨な表現からその異端性が示され、
全国に周知されることとなりました。

その昭和の絵金ブームの最中に制作された本作は、
絵金を描いた貴重な映画作品であると同時に、
絵金ブームが巻き起こったということを伝える貴重な絵金資料であるといえます。

「闇の中の魑魅魍魎」は、榎本滋民の「血みどろ絵金」を原作に、
日活の隆盛期に活躍した高知出身の中平康監督の中平プロ第1回作品として
新藤兼人の脚本で映画化され、カンヌ映画祭に正式出品されました。

主人公・絵金を演じる若き日の麿赤兒が纏う只ならぬ雰囲気や
目まぐるしく流動していく時代に巻き込まれながら
幕末土佐を席捲する異才絵師《絵金》へと変化していく様、
その脇を固める扇ひろ子や加賀まりこなど女性陣の圧倒する迫力は、
観る者が目を逸らすことを決して許しません。

高知の文化、土佐の文化、絵金文化を体感しにぜひお越しください。

------------------------------------

◎ロビーにて《旅するうきよばなれ珈琲》によるコーヒー販売も行っております。

------------------------------------

◆日 時  2020年2月10日(月)
      10時~ /13時~ /16時~ /19時~
      ※開場は各回30分前から。
      ※上映時間はビデオメッセージ含む約120分。

◆入場料  一般1000円、高校生以下500円
      ※前売り料金なしの一律料金での対応です。


◆ご予約・お問い合わせ方法
!!絶賛販売中!!

・絵金蔵までお電話(0887-57-7117)でのご予約。
・絵金蔵HP(http://ekingura.comお問い合わせフォームでのご予約。
・絵金蔵受付での直接販売。
・高知蔦屋書店(高知県高知市南御座6-10

◆諸注意
・上映会の時間をチケットご予約時・購入時に指定していただきます。
・座席指定はございませんので、開場後の入場順となります。
・上映場所は通常展示室のため、フタのついた飲み物以外の持ち込みは不可です。
(ペットボトル、キャップ付き缶飲料等はOK)

・館内でのご食事はご遠慮ください。

ページ上部へ