先日、分身ロボットOriHime(オリヒメ)を通じで、
福岡の高校生の女の子がご来館!
絵金蔵を見学いただきました~

OriHime
△絵金蔵にやってきたOriHime

高知新聞でご紹介いただいている記事はこちらから。
https://www.kochinews.co.jp/article/362743/



OriHimeとはなんだ?と思われた方も多いのではないでしょうか。
OriHimeは、外に出られない方や時にピッタリのロボットです。

ロボットと言っても、AIのようなものではなくあくまで「分身」。

遠くにいる方が、アプリをダウンロードして
スマフォなどの端末でOriHimeを操作します。

端末の画面には「はい」「うーん」などのボタンもあり、
そちらを押すとOriHimeが動きますっ!
その動きがなんとも愛らしいのです。

そういった動きがあるので、
作品の説明をしたり、質問してみても「そこに人がいる」というのが伝わってきます。
普段の解説とほとんど変わりません。
むしろ、第一展示室「闇と絵金」では暗い中、目が緑色に光り、
実際に人がいるより、存在感はありました^^

OriHime3

「テレビ電話」でいいんじゃない?と思われる方も多いかもしれませんが、
人の気配は感じるが、姿を見せなくていいという点が「テレビ電話」と異なります。

病気の方は、その姿を見せたくないという方も多いと聞きました。

OriHimeはそういった方の分身として、たくさんの方とコミュニケーションがとれるのです。

ちなみに眼や指先しか動かせない重度肢体不自由患者さんのための
OriHime eye+switch(オリヒメアイスイッチ)という意思伝達装置もあるそうなので、
例えばALSの方が遠くにいてもコミュニケーションが取れます。


今回、お試しでOriHimeを活用させていただいて
人と繋がる方法の一つを知ることができました。

こんな時期だからこそ、普通に人と会えていたことが
ありがたいと思っている方も多いと思います。

しかし難病の方やなんらかの理由で外に出られない方にとっては、
新型コロナウイルス感染症の流行に関係なく
そもそも人と繋がることが大変だったと思います。


実際に対応させていただいて
このOriHimeはそういった課題解決となる素晴らしいロボットだと
改めて気が付きました。

また絵金蔵での入館を通して、
例えば「映画館OriHime席」「美術館OriHimeチケット」「旅行OriHimeツアー」
のように市民権を持っていただけるほんのちょっとのきっかけとなれば幸いです^^


ご来館ありがとうございましたっっ また遊びに来ていただきたいです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人向けのレンタルも開始したようなので
興味のある方はこちら (限定30台だそうです)


不安な日々がつづく今日この頃ですが……
嬉しいニュースもあります!


ついに情報が公開されましたよ!

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか、

そうっ!「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」展に

絵金の芝居絵屏風も出展いたします!!

奇才チラシ裏
奇才チラシ表


チケット情報や詳細はこちら 出展作品詳細はこちら


【会期】2020年4月25日(土)~6月21日(日)
【会場】
江戸東京博物館・1階特別展示室


こちらの展覧会は、全国から集めた35人の奇才絵師の作品を
一堂に観ることができるという
なんとも豪華な企画。

ちなみに四国からは「絵金」しか出展しておりませんので、
四国代表として頑張ってきてもらいましょう!



伊藤若冲、長澤蘆雪、曾我蕭白、歌川国芳ら、
すでに「奇才」と評価されることがうなずける絵師にとどまらず、
"主流派"として語られてきた、俵屋宗達や尾形光琳、円山応挙らの
意外な個性が光る作品も展示されます。


東京が世界の注目を集めるオリンピックイヤーを飾るにふさわしい特別展です。



また東京の後は、

山口県立美術館
【会期】2020年7月7日(火)~8月30日(日)
【主催】山口県立美術館、読売新聞社


あべのハルカス美術館
【会期】2020年9月12日(土)~11月8日(日)
【主催】あべのハルカス美術館、読売新聞社

に巡回いたしますので、
皆様是非足をお運びください!!





※「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」展と、
 2019年度より開始している作品の保存修理にともない、
 2020年7月の絵金祭り並びに須留田八幡宮神祭に展示される作品数が
 例年より8点少なくなくなります。
 ご理解の程よろしくお願いいたします。

ヒグチユウコさんの大規模個展「CIRCUS」が、
2月1日より高県立文学館にて開幕中。

展示室はヒグチユウコワールド全開のユニークな展示が目白押し
独特の世界観に圧倒されます……!

そして今回、ロビーには、高知会場限定企画として、
ヒグチさんがお好きでいらっしゃる「絵金」を紹介するコーナーがあります。

ありがとうございますっ!!

文学館絵金コーナー
中では、ヒグチさんが選ぶ絵金の作品を、1点発表してくださっているコーナーも。

赤岡町に残る23点の芝居絵屏風の内、どの作品がお気に入りなのでしょうか!?

是非、会場でお確かめください!

ヒグチユウコ展チラシ

ヒグチユウコ展 開催期間:2020年2月1 ~ 2020年3月29日
お問い合わせ:0
88-822-0231

アクトランド入館キャンペーン開催中!!
入館キャンペーン絵金蔵

絵金蔵のチケット半券をお持ちいただくと
大変お得な特典がいただけます。

どちらか一つ特典をお選びください。


①同伴の大人1名様につき、高校生以下の方、1名様入館無料
       or

②対象の展示館
「龍馬歴史館」「絵金派アートギャラリー」

「世界クラシックカー博物館」「ボンネットバス博物館」

「世界モデルカー博物館」「ニーオアフリカンギャラリー」

「KUMA' Sコンテナギャラリー」「世界偉人館」

のガイドブックから1冊お選びいただけます。


1月26日までとなっています!
皆さんお早めに!!


創造広場「アクトランド」
〒781-5233 高知県香南市野市町大谷928番地1号
Tel. 0887-56-1501  Fax. 0887-56-1506

昨年より続いている
映画「絵金の息吹」上映ツアーがファイナルを迎えますっっ


2017年秋の弁天座での公演「絵金縦遊伝」が成功するまでを
追ったドキュメンタリー!!
絵金を愛する劇団「宵晴レ座」の裏側をお見せします!!
映画「絵金の息吹」(一澄アヤメ監督作品)上映会&ライブツアー★表
映画「絵金の息吹」(一澄アヤメ監督作品)上映会&ライブツアー★裏

映画「絵金の息吹」予告編はこちら


日時  2020年1月26日(日)      昼の回 開場13:00 開演13:30      夜の回 開場17:00 開演17:30 場所:弁天座(高知県香南市赤岡町795番地 TEL:0887-57-3060) ●入場料:900円(中学生以下500円)
●チケット:
高新プレイガイドにて入場券販売
●プログラム  ・ライブ ナカヒラミキヒト(G&Vo)、田村花枝(三味線)  ・「絵金縦遊伝」ショートシークエンス(宵晴レ座)    神山てんがい、上森ひろみ、阿坐弥~アザミ~  ・映画「絵金の息吹」上映(一澄アヤメ監督作品)  ・アフタートーク

後援:高知県/香南市/絵金蔵/弁天座/ (公財)高知県観光コンベンション協会 ★information★ 絵金蔵にお越しの際は、上映チケットまたはチケット半券をご提示頂けましたら、
観覧料50円引でご入館できます。 (チケット1枚で2名様まで有効。その他割引優待との併用不可。
2020年3月31日迄
【お問合せ】 絵金蔵 TEL:0887-57-7117

すっかり秋になりましたねっ

寒い日は、映画を見ながら、室内でぬくぬくしませんか!?

昨日に引き続き、本日も
二人芝居「絵金縦遊伝」高知公演までの道のりを追ったドキュメンタリーを上映!

絵金の名前は知ってる程度かな」「そもそもお芝居を観てないんだよね」
そんな方でも楽しんでご覧いただけます。

絵金さんに魅せられた人々の想いを感じることができる内容です。

本日は上映以外に、田村花枝さんの三味線演奏と
ナカヒラミキヒトさんの
ギターとボーカル演奏もございます‼

メフィスト1
メフィスト2
(昨日は、「絵金縦遊伝」ショートシークエンスと
横田恵さんによる講演会「絵金と土佐幕末よもやま話」」が行われましたっ)

席はまだございます!
是非帯屋町まで足を運んでみて下さい!

●11/9(土)  ◆昼の回 開場12:30 開演13:00
      ◆夜の回 開場16:30 開演17:00

●入場料:1,500円(ドリンク付)  中学生以下800
●場所:メフィストフェレス 高知市帯屋町2丁目5−23
●お問合せ:yoibareza@gmail.com

●アート作品展示 3Fフリースペースにて
「中田良政(写真)」と「田中たい子(絵画)」の展示 


ページ上部へ