今回は新しい企画展のお知らせです。



第2展示室の展示ケースにて、11/6(火)より

企画展『釜煎り五右衛門』 がスタートしました



▼ 展示室の様子
釜煎り五右衛門




五右衛門とは、かの有名な 天下の大泥棒・石川五右衛門 のこと。


五右衛門風呂という名前でおなじみの通り、
捕まってしまった五右衛門は最終的に大釜で釜煎りにされてしまいます。

その壮絶な最期までを五右衛門を主人公に描いた芝居《 釜淵双級巴 》は
現在では芝居上演されることはほとんどありません。




今回はこの五右衛門を主人公とした『釜淵双級巴』を描いた
マクリと呼ばれる書画を冊子状にまとめた作品を、展示しています。 (一部パネル展示) 



一枚一枚めくるごとに次の場面に移り、
物語を知りながら見れば
まるで紙芝居を見ているかのような作品です。





そしてここでその物語、皆さまご存知ではないかと思います。

そこで、今回は展示に合わせて 蔵通信40号 を発行し、
その中で《釜淵双級巴》のあらすじを16枚それぞれで紹介しています!


▼ 蔵通信40号 ※HP内でダウンロードできます。
蔵通信40号



こちらをお手に取って読みながら展示をご覧いただくと
場面場面の人物関係や行動など、きっとよくわかーる!


ご来館の際はぜひお持ち帰りくださいね。







もうひとつお知らせ!



皆さまはこんな風習はご存知ですか?

― 五右衛門が釜煎りになった日とされる『12月12日』と書いた紙を
  逆さまにして家の中に貼ると 泥棒除け になる。



この風習にちなみ、12月1日~12日までにご来館のお客様

オリジナル泥棒除けステッカーをプレゼント!


釜煎り五右衛門チラシ-001 (1)



ご来館の方にはもれなくプレゼントいたしますが、こちらは数量限定!

ゲットしにお早めにお越しくださいね♪






会期は以下の通りです。




釜煎り五右衛門

2018年12月28日(金)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。






たくさんのご来館、お待ちしております



皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今季最強の寒波が訪れるなど、寒い日が続いていますね。
体調を崩すことのないようご自愛ください


さて、絵金蔵では
1月30日(火)-4月8日(日)の期間
企画展「四季 歳月を越えて吹く風」
を開催いたします。


絵金が墨で描いた白描や、小襖
絵金派が描いた屏風絵など、日本の四季を感じられる作品たちを紹介します

古来より四季の移ろいを大切にしてきた日本人。
旬を感じられる食事や、お花見やお月見といった行事など
その精神は現代に生きる我々にも受け継がれています。


日本画の世界においても四季折々の風景を多くの絵師たちが描いてきました。
絵金やその弟子たちも美しい自然を、それぞれの目線で切り取っています
風情豊かな作品たちからは、景色のみならずその空気感さえ伝わってくるようです。


この度の展示では、そうした作品を通して彼らの見てきた四季の風景や、
当時の風を感じていただけたらと考えております。


また期間中の2月11日(日)は絵金蔵の開館13周年記念日です。

皆さまへの感謝をこめまして、
2月10(土)・11(日)・12(月)の3連休
絵金蔵サービスデーを開催します。
大人料金300円(通常500円)・高校生以下無料で入館いただけます。
また、この3日間限定で毎日先着20名様に素敵なプレゼントがございますので、ぜひご来館ください。

たくさんのご来館、お待ちしております!



最近は雨が続いて、空もどんよりした日が多いですね




そんな中、絵金蔵では新しいミニ企画展がスタートしました。


それは…


『 絵金白描展~酉~ 』  です


絵金白描酉



今年の干支に因んで、

絵金さんが残した白描画の中から、鳥が描かれたものを集めてみました!



どんな鳥が描かれているのかは見てからのお楽しみですが、


もちろん、絵金さんが大好きだった雀は登場しておりますよ~





極彩色のおどろおどろしい芝居絵屏風とは一味違った、


伸びやかな墨線のみで描かれた白描画を見ると心もスッキリすること間違いなしです!



ぜひぜひいらしてご覧になってみて下さい





会期 : 2017年4月11日(火)~7月9日(日)


本日11月8日より、絵金蔵コーナー展示があたらしくなっています。


IMG_8412

今回は、香南市香我美町・吉川家所蔵の白描群より、
絵金の描いた動物をピックアップして展示致しております。

絵金といえば、芝居絵屏風に描いた
苦悶の表情を浮かべる人物の表情が印象的ですが、
墨を基調に描かれた白描は動物の生き生きした描写もたのしめます。

絵金の豊かな表現をお楽しみください。

9/27日から、絵金蔵コーナー展示が新しくなっています。


DSCF7641


須崎市個人蔵の小襖「山荘秋景図」と、
この作品に押印された印章の実物、
山荘秋景図にちなんだ白描を展示しています。

この展示は11/6(金)まで。
芝居絵屏風の迫力とは一味違う、
繊細な筆致をお楽しみくださいませ。






絵金蔵第2展示室エアタイトケース内では、
7月10日まで、須留田八幡宮所蔵の絵馬2点を展示しています。

DSCF7598


香南市赤岡町の北部に鎮座する須留田八幡宮。
毎年7月14・15日の須留田八幡宮の夏祭りの日には、
絵金が描いた芝居絵屏風を氏子である商家の軒下に飾る風習が幕末の頃より続いており、
その展示スタイルは土佐赤岡絵金祭り(7月第3土日曜日)の基となっています。



須留田八幡宮には、絵金筆の絵馬「(ぬえ)退治」も奉納されています。
今回は絵金祭りを前に、普段公開されていないこの絵馬と、
同じく須留田八幡宮に奉納されている絵金の弟子・河田小龍筆絵馬「鵺退治」も併せて展示しています。

DSCF7599
絵金筆 鵺退治 文久元年(1861年)奉納

DSCF7600
河田小龍筆 鵺退治 安政7年(1860年)奉納

同じ画題でも、絵金と小龍、描き方が違いますね。
ぜひ実際にご覧になりながら、2人の作風を比べてみて下さい。

絵金の絵馬は須留田八幡宮では飾られていません。
この機会にぜひご覧くださいませ。


 新年あけましておめでとうございます。

 2016年も、絵金蔵をどうぞよろしく
お願い致します

 
さて新年早々、展示作品のご案内です。


DSCF7479


 ★絵本 子供四季風俗図(高知市・個人蔵)
  絵金が32歳の時生まれた長女・糸萩の嫁ぎ先に伝わる作品

 ★お正月様図(高知市・個人蔵)
  絵金の長男・房太郎が養子となった家に伝わる作品

掛け軸のお正月様図は、毎年各家にやってくる
年神を優しい色合いで描いています。

所蔵家のお家でも例年お正月にはこの作品を飾っていたそうです。

子供四季風俗図は、雛祭りや獅子舞など子供の遊びを中心とした
四季の風俗や桃太郎、舌切り雀などのおとぎ話の数場面が描かれています。

芝居屏風絵のおどろおどろのイメージとは一味違う、絵金のもうひとつの魅力をお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております



 
 ■蝶花形名歌島台 小坂部館(ちょうはながためいかのしまだい こさかべやかた)
 香南市赤岡町本町4区所蔵
 本4・蝶花形名歌島台



 
■楠昔噺 徳太夫住家(くすのきむかしばなし とくだゆうすみか)
 香南市赤岡町横町二区所蔵
横2・楠昔噺
 


義経千本桜 鮓屋(よしつねせんぼんざくら すしや)
 香南市赤岡町本町4区所蔵
 本4・義経千本桜

■花衣いろは縁起 鷲の段(はなごろもいろはえんぎ わしのだん)
 香南市赤岡町本町二区所蔵
本2・花衣いろは縁起

■伽羅先代萩 御殿(めいぼくせんだいはぎ ごてん)
 香南市赤岡町本町二区所蔵
本2・伽羅先代萩



 
■源平布引滝 松波検校琵琶(げんぺいぬのびきのたき まつなみけんぎょうびわ)
 香南市赤岡町本町一区所蔵
本1・源平布引滝
 

ページ上部へ