1




7月18日・19日に香南市赤岡町で絵金祭りが行われ、その様子が香南市の広報誌「こうなんNOW」8月号にて紹介されています。
ぜひお手に取ってみてください。
また、インターネットからでも記事をご覧いただけます。
香南市役所HPhttps://www.city.kochi-konan.lg.jp/dl/?k=3

 NHKのドキュメント番組 『新日本風土記』で 
高知県を題材とした『南国土佐』が再放送されます。

『新日本風土記』は、日本各地に伝わる伝統や風習、
その土地で暮らす人々の姿などを映像で綴る番組です。

8月7日(金)21:00~
8月14日(金)8:00~

南国土佐DM

よさこい祭り、絵金祭りなどの映像も放送されます。ぜひ、お見逃しなく。

詳しくはこちらをご参照ください
http://www.nhk.or.jp/fudoki/

 
絵金が紹介された書籍をご紹介します。

61d5fX9vSEL__SX345_BO1,204,203,200_

『絵師別 江戸絵画入門』
安村敏信 著
(東京美術 2005年9月30日発行 ¥2,160)

江戸前史の桃山絵画を序章として、江戸期に活躍した個性豊かな絵師たちを年代順に紹介。それぞれの絵師の特色や作品の見どころを中心に解説し、鑑賞のポイントやエピソードも盛り込んで、絵師たちの素顔もかいまみることもできる楽しいガイド。
コラムでは、絵師別の紹介では伝えきれない時代の動向をまとめ、江戸絵画の通史として読めるようになっています。 (内容amazonより)


絵金蔵開架図書に加わりました。
江戸絵画の魅力がわかりやすく紹介されていて興味がわく内容でしたのでぜひ手に取ってみてください。


  2013年に放送されたNHKのドキュメント番組、新日本風土記「南国土佐」の中から
 絵金祭りの部分が「もういちど、日本」で放送されることになりました。

南国土佐DM

「もういちど、日本」は我々の足下に眠っている自国の文化を再発見する印象的なコピーと、旅情をそそる映像美、番組PRでつづった5分番組だそうです。
 
「もういちど、日本 高知 絵金」
初回放送は7月13日(月) ※1日3回放送
Eテレ 午前5:55~6:00
BSプレミアム 午前6:20~6:25 午後11:55~12:00

詳しくはこちらをご参照ください。
http://www.nhk.or.jp/fudoki/index.html


明日2月21日 16:00より、RKC高知放送で
「海と高知と大漁ご飯!2」が放送されます。

この番組は、
太川陽介さんががタレント仲間とともに県内を旅して、
漁をしたり地元の人たちと触れ合いながら、そ
の土地でしか食べられない絶品料理を紹介する、というもの。

今回の舞台は、香南市、芸西村、安芸市などの県東部。

香南市のロケで絵金蔵が少しだけ紹介されますので、
みなさまぜひご覧くださいませ~。

番組表はこちらhttp://www.rkc-kochi.co.jp/tv/20150221.html

11月17日(月)の高知新聞の朝刊のコラム「俳人編集者の四季」に
渦ヨーコさん総合プロデュース、神山てんがいさん作、演出、出演で
絵金の生涯を一人芝居で演じる
「絵金縦遊伝」についての記事が掲載されていましたが、
皆さまご覧になられましたでしょうか?

記事の内容についてリンクを貼り付けたかったのですが、
見つけられませんでした。残念です。。。

という訳で、コラムの内容と個人的な感想を少々。

内容は、渦ヨーコさんと神山てんがいさんの東京での活躍ぶりが紹介されるとともに
「高知」「絵金」に対するお二人の熱い思いが書かれていました。

先日東京で公演された「絵金縦遊伝」については、
9/25 ブログ・一人芝居「絵金縦遊伝」 をご参照下さい。
http://blog.ekingura.com/archives/2014-09-25.html

同郷である渦ヨーコさんの努力・頑張りに感動し頭が下がり
東京育ちの神山てんがいさんには、
高知の絵金をそこまで愛してくれて感謝です!

読み進めるうちに、先月はりまや橋商店街の「絵金誕生祭」で観た
神山てんがいさん演じる「絵金縦遊伝」のショートバージョンが蘇りました。
ショートバージョンではありましたが、時代や境遇に翻弄されながらも
絵師として絵に向かうエネルギッシュな若き「絵金」の姿が想像でき
絵金蔵でご紹介している絵金についての内容が
ほぼ組み込まれているように感じる素晴らしいお芝居でした。

いつか香南市・赤岡町で「絵金縦遊伝」が上演され
広く高知の皆さんにも観ていただけるといいなと思わずには居られませんでした。

                                ekingura 022

 高知の食・人・文化を紹介している雑誌「季刊高知」
絵金蔵プロジェクトに当初から参加下さった
デザイナーの 梅原 真 氏 の連載が掲載されています。

20141114_121336

53号(6月発行の夏号)の第7回では、赤岡町の町、人の魅力や
絵金蔵ができるまでの経緯について触れた内容となっています。

BlogPaint
 (内容は購入してからのお楽しみ♪)

53号はバックナンバーとして購入可能のようです。
興味をお持ちの方は、書店またはインターネットでご購入下さいね。


絵金の芝居絵屏風がセット・チラシ&パンフレットに使われている
「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」、
img007

いよいよBlu-ray・DVD発売&レンタル開始です!

詳しくはこちら(土竜の唄 潜入捜査官REIJI公式サイト)
http://www.mogura-movie.com/bluraydvd/

レンタル→9月3日より
セル→9月24日より

楽しい映画ですので、是非みなさまご覧ください♪
そして絵金の屏風絵がどこで写っているか、要チェック!


NHKの番組「趣味Do楽」で
「はじめての四国遍路旅」 (8回シリーズ)が放送されています。
http://www.nhk.or.jp/matsuyama/henro1200/news/details_10707.html

益子直美さんと信田美帆さんがお遍路を体験しています。



8月26日初回放送の第4回「寄り道を楽しむ」では、
赤岡町の絵金祭りに立ち寄ったところが放送されます。

14日15日の須留田八幡宮の宵祭りでロケを行っていたようですね。

10707_28781_010
(画像はNHKの番組HPより)


みなさまぜひご覧くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
趣味Do楽「はじめての四国遍路旅」
第4回 寄り道を楽しむ


NHK Eテレ 8月26日(火) 21:30~21:34
       9月2日(火) 11:30~11:54(再放送)
NHK 総合  8月28日(木) 10:15~10:39

2月15日より全国の映画館で放映される
「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」に、

絵金の芝居絵がセットとして使われています。
なんとチラシにも!
もしかしたらパンフレットにも使われているのでしょうか…。
img007




ちょうど一年ほど前に、当館のレプリカ屏風を
東京の撮影所までお貸出ししていました。
もぐら1

もぐら2
(セット写真はすべて京映アーツ提供)。

「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」は
小学館『ビッグコミックスピリッツ』に連載されている
高橋のぼるの漫画を映画化したもので、
交番勤務で警察の問題児である主人公の菊川玲二(生田斗真)が、
暴力団数寄矢会(すきやかい)の会長、轟周宝(とどろきしゅうほう)を逮捕するため、
モグラ(潜入捜査官)として活躍する姿を描いたもの。
51UgfjLo3eL__AA278_PIkin4,BottomRight,-40,22_AA300_SH20_OU09_


脚本:宮藤官九郎、監督:三池崇史監督、主演:生田斗真をはじめ、
仲里依紗、山田孝之、堤真一、上地雄輔、岡村隆史、大杉蓮、岩城滉一など
豪華な面々が勢ぞろい!
E59C9FE7AB9CE381AEE59484E38080E7949FE794B0E69697E79C9F



みなさま、どこで絵金が出てくるかもお楽しみくださいね!

公式サイトはこちら→http://mogura-movie.com/


ページ上部へ