最新コメント
アーカイブ

メディア情報

12月17日(土曜日)午後10時~午後10時50分まで
NHK FMで絵金さんのラジオドラマが放送になります

どんなラジオドラマになるのでしょう…楽しみですね*
是非、お聞きになってみて下さい

・  ・  ・  ・   ・  ・   ・
FMシアター

真っ赤な夜の出来事

わが家の屏風絵に“本物の血”!?そこに秘められた「過去」とは!!

【NHK FM】

2016年12月17日 午後10時~午後10時50分(全1回)

NHK FMラジオドラマ

【出演者】

清水くるみ 赤井英和 二宮弘子 堀川誉
つかもと景子 下池沙知

【作】

田中攝


【スタッフ】

制作統括:諏訪奏
技術:坂本英史
音響効果:水谷明男
演出:高秀侑
(高知局制作)

【あらすじ】

高知県中部の小さな港町・赤岡町。ここに幕末の絵師・金蔵(通称:絵金)が描いた屏風絵の数々が残されている。そこに描かれているのは、なぜか血にまみれて苦しむ人々の表情。その鮮烈な色使いは“血赤”と呼ばれ、商人たちの間で魔除けとして家を守ってくれると信じられてきた。現代の「絵金祭り」を舞台に、ある家族の隠された過去が明らかになっていく、地域サスペンスドラマ。

http://www.nhk.or.jp/audio/html_fm/

急なお知らせになりますが、
11月27日(日曜日)18時~20時まで絵金蔵よりラジオの生放送が決定致しました
中四国限定ではありますが、受信出来る方は是非お聞きになってみて下さい
*   *   *   *   *
下記RKCラジオさんののHPよりお借り致しました。

RKCラジオ




高知発 RKC高知放送

【FAX】
088-871-1343
【E-mail】
radio@rkc-kochi.co.jp

2016年11月27日(日) 18:00~20:00

絵金の魅力と、え!?冬に夏祭り?

土佐藩家老・桐間家の御用を勤めていた狩野派の絵師・金蔵(きんぞう)。通称「絵金(えきん)」。
贋作の疑いをかけられ御用絵師の職を解かれた後、親戚を頼って現在の香南市赤岡町へと辿り着く。
庶民の注文に応じて絵を描く町絵師として活躍した絵金の作品「芝居絵屏風」は、おどろおどろしい雰囲気が特徴。
作品は現在も赤岡町に数多く残され、町の人々が大切に守り続けている。
番組では、絵師・金蔵と作品、そして作品を守り続ける町の想いを紹介するとともに、 放送翌週の12月3日(土)・4日(日)に赤岡町で行われるイベント「冬の夏祭り」についても紹介する。

渡辺 さおり(わたなべ さおり) (高知放送 ラジオパーソナリティ)

出演者写真 
http://www.1350.jp/livenet/

10月19日のブログ↓↓で紹介させて頂いた
http://blog.ekingura.com/archives/49808218.html

「YOUは何しに日本へ?」の英語版↓↓がアップされました
http://www.tv-tokyo.co.jp/youhananishini_eg/search/201610311.html

上記と同時に、番組フェイスブック(英語版)↓↓にも掲載されていますので
https://www.facebook.com/tx.youhananishini.eg/

是非、英語版でもご覧になってみて下さい


※高知県では、まだ放送になっておりませんので、高知県にお住まいの方も是非ご覧になってみて下さい
こちらは日本語版です
http://www.tv-tokyo.co.jp/youhananishini/backnumber/161031.html

asahicomのサイトで
絵金蔵や絵金祭りの様子が紹介されております
ぜびご覧になってみて下さい

にっぽんの逸品を訪ねて 

カツオと屏風絵を楽しむ南国土佐の旅 高知県高知市・香南市
http://www.asahi.com/and_travel/articles/SDI2016110718361.html?iref=andt_pc_top_mainphoto


テレビ東京さんで 10月31日(月)放送の
「Youは何しに日本へ?」の番組内で
『絵金祭りを見学した外国人』に密着したVTRが紹介される予定です
絵金祭りに来られなかった方や、今年の絵金祭りを実際にご覧になった方も
再び楽しめるのではないかと思います
個人的にも好きな番組なので放送が楽しみです*

〇番組名:Youは何しに日本へ?
〇放送日:10月31日(月)午後6時55分~8時

・・・・・・・・・・・・・
テレビ東京さんのHPより

2016/10/31放送

ぶっとびアートYOU降臨!芸術の秋が今夜キター!SP

なりきり熱唱娘、アキバへGO!!両親離婚を乗り越えて…ニッポンのアイドルは少女を救う!?
■浮世絵にホレた…世界めぐるワイルド絵師のバイク旅を大追跡!
■衝撃浮世絵

【成田空港直撃インタビュー】

▼スーツでキメてきた訳ありYOU
▼借り物を返しに来たYOU
▼30歳で校長YOU
▼サムライミュージアムに行くYOU
▼テッテレーYOU
ほかに直撃インタビュー!(予定)

【秋の行楽YOU探し】

日本の観光地でYOU探し!YOUたちは一体どんな目線で日本の観光地を巡っているのかを探る!今回は、高知・土佐くろしお鉄道へ!桂浜・四万十川などYOUに大人気の観光地を抱える高知県へ観光に来たYOUに直撃インタビュー!そこで密着できるのはいったいどんなYOUなのか!?
・・・・・・・・・・・・・
ちなみに…
高知では、放送が17日遅れとなっているようで、
RKC高知放送で日曜日の午前9時55分~10時55分までの放送時間となっている様です。
高知にお住まいの方は、新聞等でご確認ください
お間違いなく・・・

香港角川さんより出版されている
「HongkongWalker」(9月15日発売)の
四国(主に高知)特集に絵金蔵が少しですが、掲載されております

香港で販売されている書籍なので、日本の店舗では販売も無いかと思いますが
もし香港に観光に行かれる方は、逆輸入してみてはいかがでしょう?
語学の勉強にもなりそうです
Walker香港


9月1日発売の漫画雑誌月刊「HERO'S」10月号(小学館)に、
高知在住の漫画家、正木秀尚先生の「ガンダルヴァ~神酒の番人~」が掲載されています。
↓こちらの表紙が目印です
DSCF7627

超人的な嗅覚をもつ主人公「神田香起(カンダコウキ)」が赤岡町にやってきます。

絵金蔵にもまんがの中に出てくるのですが、
絵金蔵を描いて下さったスタッフさんが、なんと絵金の弟子の末裔だそうで、驚きました。
なんというご縁でしょう…!


↓正木先生のTeitterより



正木先生は、2014年のえくらべにも出展下さっています。その名も「ハチキントヨタマヒメ」!!
正木さん
2014年えくらべ出展作「ハチキントヨタマヒメ」     

IMG_8710
2014年えくらべ展示の様子



正木先生の「ガンダルヴァ~神酒の番人~」、視覚だけでなく、嗅覚に語りかけてきます。
高知を舞台に、すこし不思議なストーリーと、魅力的な描写をぜひお楽しみください。

雑誌「HERO's」は全国のセブンイレブン、高知ではセブンイレブンに加えて金興堂でも売られています。
ぜひお手に取ってご覧くださいませ。


当館も掲載して頂いている書籍が 8月20日KKベストセラーズさんより発売になりました
ベスト新書の文庫ですので、コンパクトでサクッと読める内容になっております。
当館の他にも 全国の「すごい」美術館が60館紹介されており、
高知県からは、絵金蔵と北川村「モネの庭」マルモッタンが掲載されておりますので、
高知旅の再には、絵金蔵と共に巡ってみてはいかがでしょう?

当館でも今後、こちらの書籍を販売させて頂く事となりましたので、
絵金蔵に来られる際には、是非お手にとってご覧下さい。

すごい美術館

- ・ - ・ - ・ - ・ - ・ -
下記↓ 内容はKKベストセラーズさんHPよりお借り致しました

美術館は企画展だけじゃない!
所蔵品、建築、作家性がすごい美術館を60館厳選!!
美術館を楽しむといえば、大型の企画展ばかりになっているということはないでしょうか。
美術館にはもっと幅が広く、奥行きの深い魅力があります。
常設展だけでも見る価値のある美術館は数多くあります。
常設展はどこも空いていて、並ぶ必要がありません。
次に、美術館の建築や庭園などが見どころになっていて、美術館自体が一つの作品といえる美術館です。
それから、企画展しかやっていないけれども、特定の企画展でなくても、いつ訪れても楽しめる美術館というのもあります。要は、いつでも楽しめる美術館ということです。

著 者藤田令伊
定 価税込 1,080円
( 本体価格1,000 )
判  型新書並製
刊 行 年2016.08.08
ISBNコード978-4-584-12527-4

2016年7月5日発行
『Tokyo Walker特別編集 大妖怪展Walker』(発行・株式会社KADOKAWA)に
絵金さんの記事が掲載されております。
大妖怪展ムック
定価は、本体1400円+税 となっております。

・   ・  ・    ・   ・ ・   ・   ・ ・   ・   ・
ちなみに...
「大妖怪展」土偶から妖怪ウォッチまで 
は、巡回展となっているようです。

*7月5日(火)~8月28日(日)までは、東京会場・東京都江戸東京博物館
*9月10日(土)~11月6日(日)までは、大阪会場・あべのハルカス美術館
以上の2箇所での開催となります。
夏休み、又は行楽シーズンの秋に 是非ご覧になられてみてはいかがでしょう?

展示期間は変更の可能性があります。お出かけになられる際は、事前にHPでご確認下さい。
公式HP⇒yo-kai2016.com

ページ上部へ