すっかり暑くなりましたねー

今年の須留田八幡宮神祭では、
「平成30年度夏の特別展横のぼり展・関連企画」として
安村敏信氏による特別講演会を行います‼
詳細はこちら(絵金蔵HP)をご覧ください‼
安村さん講演会

いつもとは違う宵宮の夜を味わってはいかがでしょうか?
ご予約をお待ちしております


日 時

7月14日(土)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
幕末の情念-絵金芸術の背景-
絵金の妖しい表現が生まれた幕末期の美術状況を探る

7月15日(日)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
江戸美術のなかの絵金
江戸美術の中で絵金がどのように位置づけられるか考える

会 場  絵金蔵内の土間ホール
講演者  安村 敏信 氏(萬美術屋、板橋区立美術館元館長)
定 員  20名(要予約)
電話(0887-57-7117)または、絵金蔵HP内の「お問い合わせフォーム」にて
聴講料  入館料でご覧いただけます。

この大型連休を皆様楽しんでおられることかと思います。
絵金蔵は本日も元気いっぱいに営業中です。


さて、赤岡町では一昨日5月3日㈭に
絵金蔵主催イベント『狐の夜市』が開催されました
多くのお客様ご来場いただき大盛況のうちに幕を閉じたイベントの様子を
少しご紹介させていただきます!




お祭り当日、絵金蔵は開館時間を延長
多くのお客様にご入館いただきました。

そして、入館をいただいたかお客様限定で狐のお面にペインティングができる
企画をご用意しておりました。

当初は参加してくれる人がいるか不安でしたが
お面が足りなくなるほどの人気ぶりでした!
omenn
お面制作中
⇧お面制作のお客様でいっぱいに!


まっさらなお面を手渡すと、大人のお客様は躊躇される方もいらっしゃいましたが、
子供たちの発想力には驚かされるばかりで、斬新な狐のお面を作って
嬉しそうに祭りの夜へ繰り出していきましたよ!


狐お面1
⇧親子で参加!


狐お面2
⇧発想力が素晴らしいですね

kitune
⇧友達同士で参加してくれました!


さてここからがメインイベント狐の嫁入り行列の様子です!

絵金蔵は前をスタートし、赤岡町本町通をゆっくりゆっくりと進む狐たち。

妖しく美しい狐たちの魅力に皆さますっかり見入っていました!

s_狐の嫁入りスタート


2018狐の嫁入り


s_狐の嫁入りゴール
⇧最後は子狐が、行列のゴール近くの赤れんが商家で行っている
県立美術館様主催のダンスパフォーマンス「HOME」
にご出演の湯浅永麻さんとのコラボレーションも!!

狐たち

⇧狐たちの集合写真!



いよいよ明日「狐の夜市」が行われます。

ブログを書いている今現在は、長雨が続いていますが、
明日は曇りのち晴れとのこと。

そのため、現時点では、予定通りイベントを開催いたします。

ご不明な点ありましたら、絵金蔵(0887-57-7117)までお問い合わせください。


狐の夜市A3

今年も、ついにどろめの季節がやってきました‼

絵金蔵から数分の浜で毎年行われている、初夏の恒例行事デス‼

s_どろめチラシ-min (2)
どろめ地図

以下詳細です。

 平成30年4月29日(日)10時~15時

 ○大杯飲み干し大会 
  祭り当日9:30~10:00の間に受付を行ってください。 
  抽選の後、健康状態を問診票に記入いただき、医師による診断を経て出場者を決定いたします。 
  ※可能な方は健康診断書のコピーを当日ご持参ください。 

 ○テント席(有料席)チケット 
  チケット代金:一人2,800円(お酒2合・どろめ汁・どろめぬた・座席料含む) 
  チケット販売期間:平成30年4月2日(月)~4月20日(金) ※先着900名様 
  
 【お問い合わせ先】 
   土佐赤岡どろめ祭り実行委員会 事務局 
   TEL:0887-57-7520 

  ※テント席(有料席)の購入については、      
   香南市商工会(TEL:0887-54-3014)へお問い合わせください。 

明日3月8日に予定さている絵金のお墓参りについて

今現在の予報では、
高知県の明日の天気は、
朝9時「弱雨」、昼12時「強雨」となっております。

お墓参りの帰り道が、
滑って危険な可能性があるため、
安全を第一に考え、今回は中止とさせていただきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

3月8日は絵金さんの命日です。 (1876年に65歳で死去)   

高知市薊野 真宗寺山にある、絵金さんのお墓へ一緒に行く方を募集します。
絵金の他にも、岡田以蔵や岡本寧浦といった著名な方々が近くに眠っています。
歴史散策も兼ねたお墓参りにお気軽にご参加くださいませ。

日時:平成30年3月8日(木)10:00
所要時間:所要約1時間・参加費無料
集合場所:澤田マンション左手、
ヤマダ電機テックランド高知店様と
寿し一貫あぞうの店様の間の道を北に進んだつきあたり。
お申込み・お問い合わせ:電話・FAX(0887-57-7117)
または絵金蔵ホームページの「お問い合わせ」のメールにて
絵金蔵までお申し込みください。
墓参り集合
集合場所付近には専用駐車場がございません。
公共交通機関をご利用いただきますようご理解ご協力をお願いいたします。

集合場所までの交通機関:
とさでん交通路線バス「西薊野」バス停下車(サニーマート前)集合場所まで徒歩1分
JR「薊野」下車(JR上り線「高知」駅の次)集合場所まで徒歩15分
※20分弱ほど山道を歩きます。すべりやすく、急な坂道もございます。
動きやすい服装でお越しください。
※山歩き中において発生した一切の事故や怪我・病気などの責任を
負いかねますことをあらかじめご了承ください。
※小雨決行

みなさまおはようございます。
ここ数日毎日寒い日が続いていますね

さて今日は素敵な告知をさせていただきたいと思います!




2月11日は絵金蔵の開館記念日。
今年でなんと13周年となります!!

これも全て、来館者の皆さまがあってこそ、
絵金ファンの方も、偶然立ち寄った方も、ご来館ありがとうございました。



その感謝の気持ちを込めて

来月
 2月10日(土)・11日(日)・12日(月)の連休、

3日間サービスデーを開催します




サービス内容は、

・入館料の割引【大人300円(通常500円)、高校生以下無料

・各日先着20名様に素敵なプレゼントのお渡し

などなどです!!


                                                                                                               
幕末の世を駆け抜けた絵金。
その恐ろしくも美しい作品の数々をこの機会に是非ご覧ください


※イベント期間中の団体割引・クーポン等の割引はございません。
※龍馬パスポートの押印は可能です。


冬晴れ!本日は快晴です。

そんな今日から明日にかけて、赤岡町ではお祭りを開催中。


第23回・冬の夏祭り です 

IMG_2149


冬ですが、夏祭り。

たくさんの人出で大賑わい、からだもぽっかぽか。


IMG_2136



IMG_2132



IMG_2138


作家さんの作品の販売やオーガニックなフードまで

いろいろなものがありますよ。



イートスペースのあります。

その中の名物、道路でこたつは今年ももちろん!

どんなものかは来てのお楽しみ♪

みなさんぜひ来て見てくださいね~


休憩スペースもございます。


IMG_2144


また、両替商も営業中です。

お金と小判を交換して、小判でお買い物が楽しめます!


おっきな小判片手にいろんなお店を覗いて見ては?

IMG_2115



明日も開催してますので

お休みのお出かけに『冬の夏祭り』、おすすめです。




もちろん絵金蔵も営業中!!

お祭りにお越しのお客様はぜひ絵金蔵にもお立ち寄りくださいね。





この絵金蔵、実はある企画が進んでました。

何とその商品が本日発売なのです。


その商品とは・・・?

じゃじゃん、こちら!

切手贈呈書


『絵金蔵オリジナルフレーム切手』です!


 絵金の芝居絵屏風8点、白描2点が収められたこの切手シート

お祭りの風景も感じることができ、素敵な仕上がりとなってます。



また、本日12時から、切手の贈呈式が開催され

郵便局から絵金蔵、同時発売した弁天座へも贈呈されました!


↓ 贈呈式の様子 ※プライバシー保護のため、ニコニコにしております。

贈呈式



更に本日は、お向かいの弁天座では

市川海老蔵さんの公演が開催されております!!


そのため、絵金蔵も蔵前広場にて切手を販売中。

海老蔵販売


・絵金蔵オリジナルフレーム切手:1300円

・フレーム切手と絵金飴の限定セット:1550円


この絵金飴について、詳しくは次回の記事で(^o^)



切手ですが、使うのはもったいないほど美しいものになってますよ♪

ぜひお越しの際はお手に取ってご覧くださいね!




今年も大盛況だった須留田八幡宮神祭と絵金祭りも過ぎ

赤岡町にも穏やかな日常が戻ってまいりました。



が、


絵金蔵では新しいミニ企画がはじまっています!!


いったいどのような展示でしょう?

なんと今回は、絵金さんの描いた絵ではありません。


今回クローズアップするのは…

絵金芝居絵屏風を陰から支える、屏風装たち。


「芝居絵をめくれば」
を開催中です!


芝居絵をめくれば


芝居絵屏風をご覧になったことがある方も

来年こそ見に行こう!と意気込んでいる方も

屏風絵の装飾に目を向けられたことはありますか?


じっくり見てみたら、これがまた面白い。

元々は屏風の補強の為につけられ始めた様々な金具も

時代が移り変わるごとに目的が変化し

次第に装飾性が高いものへと変わっていきました。



隅々まで刻み込まれた細やかな彫刻

美しく織り込まれた金色の刺繍

幾重にも重ねられたぴんと貼った下貼り


これらが存在するからこそ、絵金芝居絵屏風がさらに美しく見えるのです。

ぜひ一度、彼らにも目を向けてみてくださいね。



8月には高知市内でよさこい祭りも開催されます。

よさこい祭りを楽しまれた後、東にすこ~し足を伸ばして

絵金蔵を覗いて帰る、なんていかがでしょう?


皆さまのご来館、お待ちしております



---------------------------------------------------------------

平成29年度・ミニ企画vol.2
「芝居絵をめくれば」

会 期:平成29年7月25日(火)~10月15日(日)
時 間:9時~17時(最終入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

ページ上部へ