日中でも涼しく、乾燥した風が心地良く感じられる季節ですね。
まさに行楽シーズンといったさわやかな日が続いています。

皆さまご旅行の予定などたてられていることではないでしょうか?



さて、絵金蔵では迫力満点の作品を展示する、
企画展「曽我兄弟」
本日より始まりました。


展示期間2019年10月16日(水)~ 12月22日(日)
※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)

曽我兄弟タイトル



この度の展示では、
これまで展示することの難しかった大きいサイズ作品である
横幟《曽我兄弟の討入り》(個人蔵)を展示しております。

130.9×172.9 cmの画面に描かれた曽我兄弟の仇討ちの場面には、
仇敵である工藤祐経へ今にも斬りかかろうとする兄弟と
突然寝所にいるところを襲われた祐経がダイナミックに配置され
見る者に強い臨場感を与えます。


曽我兄弟展示室2


作品保護のため、展示ケース内は少し暗くなっておりますが、
それでも目に鮮やかな色づかいは見るものをひきこむ魅力満点!


曽我兄弟横幟2


兄弟が工藤祐経を討った後の場面を描いた横幟は
展示ケース内の壁面のパネルにて展示しています。

あわせてご覧ください。


また、本展示では巻子《曽我物語》(高知県立美術館蔵)も展示しております。


巻物2


こちらは絵巻物の作品で、
曽我兄弟の仇討ちのきっかけとなる場面から悲願達成までの要所が
順番に描かれている作品です。

横幟と同じ題材を扱っているにもかかわらず、
その他の絵金筆とされる絵巻物にも通ずる笑いを誘う滑稽さが漂います。


巻物3


作品は小さな幅の巻物ですが、
素早いながらも重要な場面が詳細に描かれているのが見て取れ、
その巧みな筆遣いからは脱帽の画力が伝わります。



芸術の秋にぴったりな企画展示となっておりますので、
ぜひ実物を見に絵金蔵までお越しください





猛暑が続いたと思ったら、台風が来たりと、

大変な日が続いていますが、
絵金蔵では、すでに静かな秋の気配を感じることができます

 秋展示

今回、「秋の訪れ —小襖と印章—」と題して

おどろおどろしい大胆な作品ではなく、

秋の風景をかいた小襖、

季節を感じる白描(墨線のみで描かれた絵画で、淡彩を加えたものや下絵、粉本や素描など)

さらには印章(作品にサインとともに押すハンコ)といった繊細な、

あるいは秋らしい作品を展示いたします。

絵金のもつイメージとは一味違う、絵金のもうひとつの魅力をお楽しみください。

 

【会期】201986日(火)~ 1014日(月祝)

雨、雨、雨、雨。


ようやく梅雨がやってきたそんな日が続いておりますが
お部屋にこもってばかりになっていませんか?


絵金蔵では夏の特別企画がスタートしています!


今年メインの企画
絵金祭り/須留田八幡宮神祭写真コンテスト作品展
特別展 絵金のならぶ夜 期間:7/2(火)‐7/28 (日)

7月2日より展示が始まりました!


EBDCA0F5-3B98-4E93-A942-E22EF60E97B1



この展示では、赤岡を代表する2つの祭りの様子を収めた写真を

2018年部門とアーカイブス部門の2部門に分けて募集した、

絵金祭り/須留田八幡宮神祭写真コンテストの入選作品を展示しております。



FDE48EA2-2923-41BD-ADC8-7A7E05A25B6A




26BBBE01-5F42-422C-90FD-CEFFF915B6FA


絵金祭り、そして幕末より続く須留田八幡宮神祭は、

絵金の代表作である芝居絵屏風(本物)が町並みにならぶ
全国的にも知られたお祭りです。




この他県に類を見ないお祭りが今日まで続いてきた背景には

絵金の屏風絵を守り、祭りを引き継いできた赤岡の人々の存在があります。

現在と過去を写した写真からはそうした町民と絵金文化の深いつながり、

年々の形に合わせて変化してきた生きた祭りの姿が見えてきます。


力作ぞろいの作品たちをぜひ絵金蔵でご覧ください!








そしてそして、同じく7月2日よりスタートしましたのが

5分の1展です!
期間7/2(火)‐8/4(日)




館内の展示ケースにて、2017年に帰ってきた芝居絵屏風5隻を展示します。

作品保護のため、宵闇の中でご覧いただくことは叶いませんが、

修理を終えてより一層美しくなった芝居絵屏風を、

5週間に渡って順番にお披露目します。





毎年祭りで飾られる本物の芝居絵屏風ですが、

間近に、明るい環境下で観ることができるのはこの5分の1展だけ。

町並みの中で観るのとは違った条件で楽しむことができるのも魅力のひとつです。

作品は週替わりで展示いたしますので、お楽しみに!

展示日程
◎7/2-7         勢州阿漕浦 平次住家
◎7/9-15    蝶花形名歌島台 小坂部館
◎7/17-28   鎌倉三代記 三浦別れ/八百屋お七歌祭文 吉祥寺
◎7/30-8/4  蘆屋道満大内鑑 葛の葉子別れ




最後に白描展
です。期間:6/25(火)‐7/28(日)

E4BD45C4-2873-48E1-AD01-EFEB0E50FF15

絵金や弟子らがのこした白描画(香南市個人蔵)を多数展示いたします。





白描画はほとんど墨だけで描かれた、作品の下絵やスケッチなのですが、

シンプルだからこそ絵師の力量がはっきりと見て取れます。

細い線・太い線・かすれた線、

どのような速さで、筆圧で描かれているのか、是非観察してみてはいかがですか?




今年は題名不詳のため長らく展示できていなかった作品のうち、

再調査により題名が特定できた作品を中心に展示いたします。

芝居絵屏風の下絵と考えられるものや伝説上の中国の人物画など、

様々な白描画をお楽しみください。





そしてなんといっても今月は、

7/14日(日)・15(月祝)須留田八幡宮神祭
7/20日(土)・21(日)絵金祭り
が開催されます!


お祭りの4日間だけ、
絵金蔵では通常開館後(9:00~17:00)
18:00より夜間も特別に開館いたします!
館時間 18:00-20:00 入館締切 19:30
※チケットは、通常開館・夜間開館通して同日に限り有効





今年も夏の絵金蔵は、写真展と5分の1展、白描展と目白押し。

外で本物の芝居絵屏風を楽しんで、

そしてその後は絵金蔵で展示を楽しんでみてはいかがでしょう。



お祭りに合わせ、ぜひ絵金蔵にもお越しくださいね!








遅くなりましたが、夏の特別展のお知らせ!

絵金祭り・須留田八幡宮神祭写真コンテスト 特別展 絵金のならぶ夜

土佐赤岡絵金祭り 夏の特別展

詳細はこちら

令和1年7/14(日)・15(月・祝)「須留田八幡宮神祭」、
7/20(土)・21 (日)の「絵金祭り」が
行われる期間を中心に、さまざまな特別企画をご用意しております。

今年一番の目玉は特別展 絵金のならぶ夜です。
昨年行われたコンテストの入選者の力作ぞろいの作品を展示します。

また、昨年度赤岡に修理を終え帰ってきた屏風絵5点を5週間にわたり交代で展示する5分の1展や、初お披露目の作品を含む白描展など盛りだくさんです。皆さまこの機会にぜひお越しください。



『絵金祭り/須留田八幡宮神祭 写真コンテスト』におきまして
たくさん方にご応募いただきありがとうございました。

入賞者が決定しましたので発表いたします!



 2018年部門 

◆絵金祭り実行委員会賞◆
「心ゆくまで」 筒井 利枝子 様

◆審査員特別賞◆
「見入る二人」 杉浦 正幸 様

◆佳作◆
・「ゆかたの女・2」 前中 良啓 様
・「祭りを支える人」 筒井 利枝子 様
・「聞き入る人々」 杉浦 正幸 様
・「自慢の絵金」  田中 一郎 様
・「絵金×天狗」  伊藤 紗那 様
・「宵祭り」    別役 多賀子 様



 アーカイブス部門 

◆絵金蔵賞◆
タイトル「祭の日」 入交 貞悦 様

◆審査員特別賞◆
タイトル「絵金宵祭りの街」 田中 一郎 様

◆佳作◆
・「絵金祭の日」   入交 貞悦 様
・「我家が守る絵金」 平井 すみえ 様
・「絵金を語る」   平井 すみえ 様
・「無題」      崎山 正人 様
・「無題」      中島 健藏 様
・「無題」      中島 健藏 様



上記の作品は、今年の夏の特別展として絵金蔵にて展示いたします。

会期は7月2日~28日となりますので、会場で入賞作品をご覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしております!


新しい年度の始まりですねーっ

ついに新しい年号が決まりましたね

新しい年号「令和」は万葉集から来ているとのことですが、
絵金蔵の4月からの展示作品も和歌を題材としています!
洞春の軸

藤原定家の私家集「拾遺愚草」に収められている
詠花鳥和歌」を元に、季節の花と鳥を描いた掛軸3点を展示しています。

作者は狩野洞春美信とされ、絵金さんともゆかりのある人物です。

 

なぜ彼は「詠花鳥和歌」を元に花鳥図を描いたのでしょうか?

 

その答えは是非、絵金蔵でお確かめください!

 

ちなみに毎年51016日は「愛鳥週間」とのことなので、

バードウォッチングも兼ねて(?)楽しんでいただけたら幸いです

 

 

日 時  201942日(火)~ 2019630日(日)



今回は新しい企画展のお知らせです。


第2展示室の展示ケースにて、2/5(火)より

企画展 清盛への企て がはじまりました!


▼展示の様子
清盛への企て


当館所蔵の絵金派による芝居絵屏風
平家女護島 鬼界が島の俊寛へいけにょごのしま きかいがしまのしゅんかん)》を展示しています。


平家女護島(人形浄瑠璃、後に歌舞伎化)は、
平家の栄華と没落を描いた日本屈指の軍記物『平家物語』に取材した作品で、
平清盛や牛若丸、俊寛の活躍を劇化したものです。

この作品でとくに有名で、よく上演されるのが
本作にも描かれた二段目の《鬼界が島の段》で、『俊寛』と通称されます。



ここで俊寛のご説明を。

  ◆ 俊寛(しゅんかん)って? ◆
  『平家物語』に登場する法勝寺の執行(僧職の名称)俊寛僧都がモデル。
  1177年に、平清盛により幽閉されている後白河法皇の近臣が集まって
  平氏追討の謀議をしたことが清盛に伝わり、
  俊寛は丹波少将成経(たんばのしょうしょうなりつね)
  平判官康頼入道(たいらのはんがんやすよりにゅうどう)とともに
  九州薩摩の鬼界が島(現在の硫黄島といわれる)に流刑となりました。




俊寛らが話していた内容は、こちら。
「後白河法皇に猿楽を仕れといわれ、瓶子の首を取ってみせた」


瓶子とは主に酒器として用いられる壷の一種で、
ここでは平氏に瓶子をかけて会話を盛り上げた、という他愛もないものでした。

それでもしかし、捕縛されて流刑にされてしまった、という記載から
政権を握る者への冒涜は少しでも見逃せない、
という当時の世間を満たす固く厳しい風潮が感じられます。




また、この作品の右上には、
遠ざかっていく赦免船に向かって俊寛が大きく手を伸ばす様子が見て取れます。

この描写は歌舞伎の演出にも見られ、
この段の幕切れに大きな岩が現れ、岩の上に残された俊寛が
赦免船に向かって「おおい、おおい」と手を振る悲壮感漂う姿が印象に残ります。


その後、俊寛は松の枝に手をかけて伸び上がろうとするが、その枝が折れ
茫然としたまま幕を閉める、という初代中村吉右衛門の演出も有名です。




そもそもこの作品は 近松門左衛門 によるもので、
《鬼界が島の段》は『平家物語』の巻三『足摺(あしずり)』を劇化したもの。


原作では、ある出来事により鬼界が島の流人に赦文が下され、
ともに流刑になった少将成経と康頼法師は赦免船に乗って帰洛しますが
俊寛はひとり島に置き去りにされてしまいます。

このように『平家物語』に描かれている俊寛は 受難の人 という印象ですが
近松はここに独自の解釈を加えて再創造し、
未来ある若者たちのため、また妻への愛のため、
自ら島に残ることを決意する 英雄的な人間像 を作り上げました。



ここに挙げた脚本・演出などが功を奏し、
現在でも評判の高い、近松作の時代物を代表する名作となっているのです。




今回紹介した作品のほか、

源平の合戦で活躍した源氏方の武将・熊谷次郎直実との最期の戦いによって
現在まで語られる夭折の武士・平敦盛(たいらのあつもり)を描いた白描など

平安時代末期に政権を握った『平清盛』の一族・平家に関連する作品を紹介しています。





まだ少し寒い日は続くようですが、少しずつ暖かい日も増えてきますね。

お休みの日にはぜひ本企画展をご覧になりにお越しください。





会期は以下の通りです。




清盛への企て

2019年3月31日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。






たくさんのご来館、お待ちしております




皆さま、新年あけましておめでとうございます
本年も絵金蔵をどうぞよろしくお願いいたします



さて、第2展示室の展示ケースにて

お正月展示『初夢で逢えたら』 を開催中です。

お正月展示 初夢で逢えたら



当館収蔵作品の中から、おめでたい作品を展示しています。


展示作品の中で最もお正月らしいのが お正月様 (上画像参照)
どういった方の絵なのでしょうか?


 お正月様

 別名「歳徳神(としとくじん)」「年神様」ともいわれている神様。
 豊作をもたらす神様で、一年の幸福をもたらすために各家庭にやってくる
 祖先神とも考えられている。



こちらの歳徳神を見るには、一部の神社で配札している「歳神御神影札(としがみおみえふだ)
をご覧いただいたら良いようです。

ちなみにこの御神影札に描かれている姿は《お正月様》そっくり。
また、お正月の期間、神様の依り代は鏡餅だそう。
(《お正月様》のシルエットは鏡餅に似ていますね  )


御神影札は神棚に貼るもので、
絵金の描いた掛軸である《お正月様》は少し様式が異なりますが
お正月をお祝いし、一年の健康や幸福を願う気持ちが詰まっていることに
変わりはない作品だと思います。



《お正月様》をご覧いただき、素晴らしい一年となりますように。






会期は以下の通りです。



お正月展示 『初夢で逢えたら』

2019年2月3日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。





今回は新しい企画展のお知らせです。



第2展示室の展示ケースにて、11/6(火)より

企画展『釜煎り五右衛門』 がスタートしました



▼ 展示室の様子
釜煎り五右衛門




五右衛門とは、かの有名な 天下の大泥棒・石川五右衛門 のこと。


五右衛門風呂という名前でおなじみの通り、
捕まってしまった五右衛門は最終的に大釜で釜煎りにされてしまいます。

その壮絶な最期までを五右衛門を主人公に描いた芝居《 釜淵双級巴 》は
現在では芝居上演されることはほとんどありません。




今回はこの五右衛門を主人公とした『釜淵双級巴』を描いた
マクリと呼ばれる書画を冊子状にまとめた作品を、展示しています。 (一部パネル展示) 



一枚一枚めくるごとに次の場面に移り、
物語を知りながら見れば
まるで紙芝居を見ているかのような作品です。





そしてここでその物語、皆さまご存知ではないかと思います。

そこで、今回は展示に合わせて 蔵通信40号 を発行し、
その中で《釜淵双級巴》のあらすじを16枚それぞれで紹介しています!


▼ 蔵通信40号 ※HP内でダウンロードできます。
蔵通信40号



こちらをお手に取って読みながら展示をご覧いただくと
場面場面の人物関係や行動など、きっとよくわかーる!


ご来館の際はぜひお持ち帰りくださいね。







もうひとつお知らせ!



皆さまはこんな風習はご存知ですか?

― 五右衛門が釜煎りになった日とされる『12月12日』と書いた紙を
  逆さまにして家の中に貼ると 泥棒除け になる。



この風習にちなみ、12月1日~12日までにご来館のお客様

オリジナル泥棒除けステッカーをプレゼント!


釜煎り五右衛門チラシ-001 (1)



ご来館の方にはもれなくプレゼントいたしますが、こちらは数量限定!

ゲットしにお早めにお越しくださいね♪






会期は以下の通りです。




釜煎り五右衛門

2018年12月28日(金)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。






たくさんのご来館、お待ちしております




8月から開催している企画展

いきもの展・天高く馬肥ゆる秋  では
現在、【後期】の作品が展示されています。




今回のいきもの展では、絵金が描き残したたくさんの『いきものたち』のうち
『馬』という当時身近であったいきものにスポットを当てており


【前期】には、馬が描かれた白描 を展示しておりました。





風を感じて空を見上げるような親子の穏やかな様子を切り取った《 親子馬

二頭の若い馬が跳ねるように戯れる《 双馬

武将を乗せて雄々しくたてがみを逆立てて走る《「一の谷」の熊谷次郎直実 》



などなど、一様に馬の作品であっても
それぞれに描かれている様々な表情の馬をご覧いただきました。





 ▼【前期】の展示風景

003






そして現在展示している【後期】の作品は、



1688年(元禄初年)創業、高知の老舗和菓子屋・西川屋さんがご所蔵の

屏風絵《 郭子儀図(かくしぎず)です。




 ▼ 郭子儀図の一部をちらり


郭子儀図_馬アップ





連銭葦毛(れんぜんあしげ)と呼ばれる
銭形の斑をもつ灰色の体毛(=葦毛)をした高貴な人に好まれた馬に乗る、

中国・唐の武将『郭子儀』を描いた作品です。



  ◆ 郭子儀  とは

  唐の時代の名将であり、李光弼(りこうひつ)とともに安史の乱を鎮圧、
  吐蕃(とばん)やウイグルなど西方からの異民族の侵入を防ぐなどの功績を挙げ、
  徳宗より尚父(しょうほ、父として尚ぶべき人という意)の号を賜りました。

  また、長生きをして多くの子どもや孫に恵まれたことにより「子孫繁栄」や
  「長寿」の象徴的な存在とされて、おめでたい画題として用いられています。






実はこの作品、絵金の作品ではありません


絵金の師である『前村洞和(まえむらとうわ)』に同じく学んだ

前村洞泉(まえむらとうせん)という絵金の兄弟子にあたる絵師の作品です。



洞泉は師の姓を引き継いで前村と称して活躍し、河田小龍などと親交があったとされます。
細密の密画を得意としていました。



写真からではなかなか見ることは難しいですが

本物の作品は、馬具の装飾や郭子儀並びにその他の人物の着物の柄まで
細かく、細か~く描き込まれています。






現在絵金蔵にて展示中ですので、ぜひご覧くださいね!


会期は以下の通りです。



いきもの展・天高く馬肥ゆる秋【後期】

2018年11月4日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。




会期はあと少し!お待ちしております~ 



ページ上部へ