令和2年度の
須留田八幡宮神祭での芝居絵屏風展示の中止
土佐赤岡絵金祭りの開催中止が発表された5月上旬。

予想していたこととはいえ、
年に1度、7月にしか皆様の前に姿を現さない芝居絵屏風の野外展示が
無くなってしまったことは残念でなりませんでした。

IMG_3205
▲過去の絵金祭りの様子


しかし!
お祭りが中止になったとはいえ
やっぱりやっぱり、皆様に本物の絵金の芝居絵屏風をご覧いただきたい。
絵金蔵の想いはひとつでした。

そこで!今年の夏の特別展では
恒例企画・
白描展と5分の1展に加え、毎年祭りの夜にしか並ばない
絵金の本物の芝居絵屏風を館内にて特別公開
いたします!

夏の特別展2-01


館内にて4週間にわたってホンモノの芝居絵屏風を展示する
「ホンモノにあえる一ヵ月 絵金屏風の展覧会」
では
赤岡に残る芝居絵屏風23隻のうち、
展覧会出展中及び修理中等の作品を除く10隻を特別公開いたします。

作品を入れ替えながらとはいえ、かつてこれほどの長期間にわたり本物の芝居絵屏風を
館内で展示した例はなく、じっくりと作品をご鑑賞いただく貴重なチャンスとなっております。

絵具の盛り上がりや素早くひかれた線描の美しさ、
そして160年以上経過してなおその鮮やかさに目を奪われる色彩をぜひご覧ください。


こちらと合わせまして、「5分の1展」でも、
不慮の事故による修理を終えて2017年に帰ってきた芝居絵屏風5隻を、
5週間に渡って順番にお披露目します。

これらの作品は作品保護のため、館内の展示ケースにて展示いたします。
綺麗になって赤岡に帰ってきた作品たちをご覧ください。




そして、「白描展」では絵金や弟子らが残した白描画(香南市個人蔵)を展示いたします。
今年は題名不詳のため展示できていなかった作品のうち、
再調査により画題が特定できた作品を中心に展示いたします。

芝居絵屏風とはまた違った味わいのある作品たちが並びますので、こちらも必見です!

YH-2L-08
▲個人蔵(白描展より)







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー展示詳細ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ホンモノにあえる一ヵ月 絵金屏風の展覧会
  期間:7月7日(火)~ 8月2日(日)

 ● 7月7日(火) ~ 7月12日(日)
 伽羅先代萩 御殿(本町二区)
 競伊勢物語 春日の里小芳住家(横町二区)

 ● 7月14日(火)~ 7月19日(日)
 義経千本桜 鮓屋(本町四区)
 蝶花形名歌島台 小坂部館(本町四区)
 楠昔噺 徳太夫住家(横町二区)

 ● 7月21日(火)~ 7月26日(日)
 東山桜荘子 佐倉宗吾子別れ(本町四区)
 伊賀越道中双六 岡崎(門脇家)
 忠臣二度目清書 寺岡切腹(横町二区)

 ● 7月28日(火)~ 8月2日(日)
 源平布引滝 松波検校琵琶の段(本町一区)
 菅原伝授手習鑑 寺子屋(横町二区)

■5分の1展 
  期間:6月30日(火)~ 8月2日(日)


 ● 6月30日(火)~ 7月5日(日)
  勢州阿漕浦 平次住家(本町一区)

 ● 7月7日(火) ~ 7月12日(日)
  蝶花形名歌島台 小坂部館(本町二区)

 ● 7月14日(火)~ 7月26日(日)
  鎌倉三代記 三浦別れ(本町一区)
  八百屋お七歌祭文 吉祥寺(本町四区)

 ● 7月28日(火)~ 8月2日(日)
  蘆屋道満大内鑑 葛の葉子別れ(本町一区)


■白描展 
   期間:7月7日(火)~ 8月2日(日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■場 所  絵金蔵
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。




※感染症予防対策として展示内容の一部変更や、
入館者数の制限を行います。あらかじめご了承ください。


絵金蔵における新型コロナウイルス感染症の感染予防対策をご確認のうえ
ご理解くださいますようお願いいたします。
⇒ ⇒ ⇒ 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策内容 ⇐ ⇐ ⇐ 
※情勢によって開館状況は異なる場合がございます。最新の情報はHP等で発信してまいります。









薄っすらと汗ばむ日も増え、夏はもう目前に迫っている気がしますね。

高知の暑さは毎年強烈ですが、
マスクの着用がもはやエチケットとなっているこのご時世
夏の暑さが例年よりもつらいものになる予感しかしません

皆様どうぞ熱中症には十分にお気を付けください(´・ω・`)



さて、絵金蔵では今年2月11日に開館15周年を迎えたことを記念して、
映画上映会やプレゼントまち歩きなど記念企画を開催してまいりました。



これらに引き続き6月2日㈫より
絵金蔵15周年記念企画その3 
田辺寿男没後10年写真展 追憶の赤岡 絵金の町」
を開催いたします。

田辺寿男写真展-01



田辺寿男氏は高知に生まれ、高知で活躍した民俗写真家です。
昭和39年に土佐民俗学会、次いで日本民俗学会に入会、
その後県内を精力的に歩いて様々な民俗調査を行い
多くの論文や写真集を発表しました。



田辺氏は約5万点に及ぶ写真資料を残しており、
本展では須留田八幡宮神祭(宵宮祭り)の風景など
昭和40~50年代の赤岡の様子がわかる貴重な写真を厳選してご紹介いたします。

白黒で写された写真には、当時の人々の生活とともにある芝居絵屏風の姿が写し出されており、
どこか懐かしくあたたかな気持ちにさせられるものばかりです。
是非会場でご覧ください。



本展では「撮影された場所を歩いてみよう!田辺寿男展」
と題し展示している作品が撮影された場所を巡りながら
赤岡町を楽しむことができるミニ企画もごよういしております!
絵金蔵受付で町歩きマップを手に入れて赤岡町の町並みを楽しみながら
展示写真が撮られた場所を巡ってみませんか?
※入館料のみでご参加いただけます。




■会 期  2020年6月2日(火)-11月29日(日)
■場 所  絵金蔵土間ホール他 
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※感染症予防対策として展示内容の一部変更や、
入館者数の制限を行います。あらかじめご了承ください。


絵金蔵における新型コロナウイルス感染症の感染予防対策をご確認のうえ
ご理解くださいますようお願いいたします。
⇒ ⇒ ⇒ 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策内容 ⇐ ⇐ ⇐ 
※情勢によって開館状況は異なる場合がございます。最新の情報はHP等で発信してまいります。








桜が満開になってきましたね
人ごみのない桜並木をお散歩して、
リフレッシュなんて方も多いのではないでしょうか。

そんな中、絵金蔵では「土佐の端午」の展示スタートいたしました!
エアタイトケースをいっぱいにするほど大きな「横幟」
なんと約5年ぶりに皆様にお披露目いたしますっ
横幟展示 (1)
近江源氏先陣館 盛綱陣屋 個人蔵  (作品中央には絵金の書いた俳句も!!)

「横幟」は、土佐で端午の初節句に門前の塀などに
張りまわされた絵模様の横幕です。
寛政7(1795)年、土佐藩11代藩主·山内豊興の初節句に
紙製の幟を用いてからは、紙製のものが多くなり、
古くは武者絵が描かれ、後に芝居絵風が広まりました。

藩政後期には盛んに制作されたものの多くは失われ、
当時の形態を保ったまま現存しているものは数例であり、
その他一部分のみ切り離され額仕立てとなっているものが散見されます。




■会 期  2020年4月7日(火)-6月28日(日)
      
※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)


新型コロナウイルス感染症
に関して様々な予防を努めております。
お客様にもご協力をいただいております。
詳細はこちらでご確認ください。

※情勢によって開館状況や対策内容は変化いたしますので、ご了承ください。



絵金蔵では本日より 、
新企画展示『金蔵と師匠』がはじまりました!

◆会期◆
1月28日(火)~ 4月5日(日)

※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)


金蔵と師匠リード

禅画の画題としてよく登場する『寒山拾得』が描かれた
軸《寒山拾得図(高知市称名寺(しょうみょうじ)蔵)》
を展示しています。


 ◆『寒山(かんざん)』と『拾得(じっとく)』◆
 寒山と拾得の二人は中国・唐代の伝説の詩僧。
 二人はともに天台山にある国清寺の
 
豊干禅師(ぶかんぜんし)弟子とされる。
 寒山は文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の化身といわれ
 伝説に彩られた奇行が多く伝わっている。



通常、寒山は経巻を開いている様子
拾得は箒を携える姿で描かれ、
展示している当館収蔵品『寒山拾得(香南市個人蔵)』では
まさしくその姿であらわされています。


称名寺に伝わる軸《寒山拾得図》は
前村洞和(まえむら とうわ)による作品で、
この絵師は絵金こと金蔵の師匠でもありました。

江戸土佐藩邸の御用絵師を務める狩野派絵師・前村洞和は
江戸遊学中の金蔵に絵を教え、
狩野派絵師としての技術を授けました。

また、学んだ年代は異なりますが、
金蔵と同時代に活躍した独創的な画風で知られる絵師、
奇才として名高い『河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)』も
洞和に師事していたようです。


今日、歌舞伎や浄瑠璃芝居を描いた
鮮烈な芝居絵屏風を代名詞に人気を博す絵金ですが、
彼の画業は土佐藩邸の御用絵師としての
狩野派絵師・林洞意(はやし とうい)からはじまりました。

幕末土佐を席巻した異才絵師・絵金と成った金蔵。
師であった前村洞和の存在なくして
その人物、作品を語ることは決してできません。

洞和の作品の多くは伝統的な狩野派の描法に忠実なもの。
しかし本作では、大胆な構図と強く伸びやかな線を用いて
全く異なる画風の作品としています。
多彩な面をもつ師匠に絵を習ったからこそ
才能豊かな絵金が誕生したのかもしれません。



会期は、4月5日(日)まで、
9:00~17:00(最終入館16:30)。


絵金に多大なる影響を及ぼした前村洞和の作品を
是非間近でご覧ください。




▼追加情報~

高知市・升形にある『称名寺』では
本展で展示している《寒山拾得図》を展示しているときもあるそう。
本展終了後、もう一度観たいという方は
ぜひ一度お寺の方にも足を運んでみてくださいね。

※常時観られるわけではありませんのでご注意ください!


皆さま、新年あけましておめでとうございます
本年も絵金蔵をどうぞよろしくお願いいたします


さて、第2展示室の展示ケースにて
お正月展示お正月様と松竹梅 を開催中です。

IMG_20200104_094939-min

絵金の長男・房太郎が養子となった家に伝わる艶やかな掛軸《お正月様》を中心に、
福の気配が感じられる吉祥画や縁起ものが描かれた作品を展示します。


今年のテーマは「松竹梅」。
福を呼ぶ吉祥図案として度々用いられる松竹梅が描かれた白描画や掛軸など、
今年の十二支「子(ねずみ)」にちなんだ作品とともにご覧ください。

ちなみに芝居絵で「ねずみ」と言ったら、
あの演目のあの登場人物ですね…… 答えは絵金蔵にて……



「お正月様」、「松竹梅」、ねずみ」をご覧いただき、素晴らしい一年となりますように。


■会 期  2019年12月24日(火)~2020年1月26日(日)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。


いよいよ年末となり新年はもう目前。

今回は新しい企画展のご案内です。


絵金蔵では本日より、
お正月展示『お正月様と松竹梅』がはじまりました!

◆会期◆
12月24日(火)~ 2020年1月26日(日)

※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)

お正月様と松竹梅広報用


当館収蔵作品の中から、福の気配が漂う作品を展示しています。


今年のテーマは『松竹梅』

毎年恒例の艶やかな掛軸《お正月様》とともに、
松・竹・梅が描かれた掛軸や白描を紹介。

 ◆ お正月様 
 別名「歳徳神(としとくじん)」「年神様」ともいわれている神様。
 豊作をもたらす神様で、一年の幸福をもたらすために各家庭にやってくる
 祖先神とも考えられている。


縁起ものとして代表的な松竹梅は、福を呼ぶモチーフとして様々な場面で描かれ、
おめでたい場面になどにおいて好んで用いられています。

これらの「吉祥図案」は実に多種多様。

その多くは直接あるいは間接的に中国より伝来したものばかりで、
その姿や存在そのものが福とされるものに加え、
読みの音がおめでたいという見方から縁起がよいとされるものまで多岐に渡ります。
幸福の意象を表現することにより、
その幸福が現実のものとなるよう祈りが込められているのです。


今回のテーマの 『松』 『竹』 『梅』 には実はそれぞれに意味があります。

たとえば、竹は繁殖力旺盛で冬枯れを知らずに常緑であることから

子孫繁栄』と『不老長寿』を象徴しています。

その他の意味については展示の中でご紹介中です。

また、その3つが一緒に描かれた図は『歳寒三友(さいかんさんゆう)図と呼ばれ、
中国伝統の吉祥文様のひとつに数えられます。
“困難な時代に結ばれた友情と、逆境にあっても節操を守り通す意志の強さ”
を表すものとして現在まで伝わっています。


様々なところにひっそりと、どどーんと描かれている
おめでたい吉祥図案を
身近な場所でぜひ探してみてくださいね!



会期は、2020年1月26日(日)まで、
9:00~17:00(最終入館16:30)。


絵金さんからの新年のご挨拶。
絵金蔵にぜひ初詣にお越しくださいませ。


日中でも涼しく、乾燥した風が心地良く感じられる季節ですね。
まさに行楽シーズンといったさわやかな日が続いています。

皆さまご旅行の予定などたてられていることではないでしょうか?



さて、絵金蔵では迫力満点の作品を展示する、
企画展「曽我兄弟」
本日より始まりました。


展示期間2019年10月16日(水)~ 12月22日(日)
※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)

曽我兄弟タイトル



この度の展示では、
これまで展示することの難しかった大きいサイズ作品である
横幟《曽我兄弟の討入り》(個人蔵)を展示しております。

130.9×172.9 cmの画面に描かれた曽我兄弟の仇討ちの場面には、
仇敵である工藤祐経へ今にも斬りかかろうとする兄弟と
突然寝所にいるところを襲われた祐経がダイナミックに配置され
見る者に強い臨場感を与えます。


曽我兄弟展示室2


作品保護のため、展示ケース内は少し暗くなっておりますが、
それでも目に鮮やかな色づかいは見るものをひきこむ魅力満点!


曽我兄弟横幟2


兄弟が工藤祐経を討った後の場面を描いた横幟は
展示ケース内の壁面のパネルにて展示しています。

あわせてご覧ください。


また、本展示では巻子《曽我物語》(高知県立美術館蔵)も展示しております。


巻物2


こちらは絵巻物の作品で、
曽我兄弟の仇討ちのきっかけとなる場面から悲願達成までの要所が
順番に描かれている作品です。

横幟と同じ題材を扱っているにもかかわらず、
その他の絵金筆とされる絵巻物にも通ずる笑いを誘う滑稽さが漂います。


巻物3


作品は小さな幅の巻物ですが、
素早いながらも重要な場面が詳細に描かれているのが見て取れ、
その巧みな筆遣いからは脱帽の画力が伝わります。



芸術の秋にぴったりな企画展示となっておりますので、
ぜひ実物を見に絵金蔵までお越しください





猛暑が続いたと思ったら、台風が来たりと、

大変な日が続いていますが、
絵金蔵では、すでに静かな秋の気配を感じることができます

 秋展示

今回、「秋の訪れ —小襖と印章—」と題して

おどろおどろしい大胆な作品ではなく、

秋の風景をかいた小襖、

季節を感じる白描(墨線のみで描かれた絵画で、淡彩を加えたものや下絵、粉本や素描など)

さらには印章(作品にサインとともに押すハンコ)といった繊細な、

あるいは秋らしい作品を展示いたします。

絵金のもつイメージとは一味違う、絵金のもうひとつの魅力をお楽しみください。

 

【会期】201986日(火)~ 1014日(月祝)

雨、雨、雨、雨。


ようやく梅雨がやってきたそんな日が続いておりますが
お部屋にこもってばかりになっていませんか?


絵金蔵では夏の特別企画がスタートしています!


今年メインの企画
絵金祭り/須留田八幡宮神祭写真コンテスト作品展
特別展 絵金のならぶ夜 期間:7/2(火)‐7/28 (日)

7月2日より展示が始まりました!


EBDCA0F5-3B98-4E93-A942-E22EF60E97B1



この展示では、赤岡を代表する2つの祭りの様子を収めた写真を

2018年部門とアーカイブス部門の2部門に分けて募集した、

絵金祭り/須留田八幡宮神祭写真コンテストの入選作品を展示しております。



FDE48EA2-2923-41BD-ADC8-7A7E05A25B6A




26BBBE01-5F42-422C-90FD-CEFFF915B6FA


絵金祭り、そして幕末より続く須留田八幡宮神祭は、

絵金の代表作である芝居絵屏風(本物)が町並みにならぶ
全国的にも知られたお祭りです。




この他県に類を見ないお祭りが今日まで続いてきた背景には

絵金の屏風絵を守り、祭りを引き継いできた赤岡の人々の存在があります。

現在と過去を写した写真からはそうした町民と絵金文化の深いつながり、

年々の形に合わせて変化してきた生きた祭りの姿が見えてきます。


力作ぞろいの作品たちをぜひ絵金蔵でご覧ください!








そしてそして、同じく7月2日よりスタートしましたのが

5分の1展です!
期間7/2(火)‐8/4(日)




館内の展示ケースにて、2017年に帰ってきた芝居絵屏風5隻を展示します。

作品保護のため、宵闇の中でご覧いただくことは叶いませんが、

修理を終えてより一層美しくなった芝居絵屏風を、

5週間に渡って順番にお披露目します。





毎年祭りで飾られる本物の芝居絵屏風ですが、

間近に、明るい環境下で観ることができるのはこの5分の1展だけ。

町並みの中で観るのとは違った条件で楽しむことができるのも魅力のひとつです。

作品は週替わりで展示いたしますので、お楽しみに!

展示日程
◎7/2-7         勢州阿漕浦 平次住家
◎7/9-15    蝶花形名歌島台 小坂部館
◎7/17-28   鎌倉三代記 三浦別れ/八百屋お七歌祭文 吉祥寺
◎7/30-8/4  蘆屋道満大内鑑 葛の葉子別れ




最後に白描展
です。期間:6/25(火)‐7/28(日)

E4BD45C4-2873-48E1-AD01-EFEB0E50FF15

絵金や弟子らがのこした白描画(香南市個人蔵)を多数展示いたします。





白描画はほとんど墨だけで描かれた、作品の下絵やスケッチなのですが、

シンプルだからこそ絵師の力量がはっきりと見て取れます。

細い線・太い線・かすれた線、

どのような速さで、筆圧で描かれているのか、是非観察してみてはいかがですか?




今年は題名不詳のため長らく展示できていなかった作品のうち、

再調査により題名が特定できた作品を中心に展示いたします。

芝居絵屏風の下絵と考えられるものや伝説上の中国の人物画など、

様々な白描画をお楽しみください。





そしてなんといっても今月は、

7/14日(日)・15(月祝)須留田八幡宮神祭
7/20日(土)・21(日)絵金祭り
が開催されます!


お祭りの4日間だけ、
絵金蔵では通常開館後(9:00~17:00)
18:00より夜間も特別に開館いたします!
館時間 18:00-20:00 入館締切 19:30
※チケットは、通常開館・夜間開館通して同日に限り有効





今年も夏の絵金蔵は、写真展と5分の1展、白描展と目白押し。

外で本物の芝居絵屏風を楽しんで、

そしてその後は絵金蔵で展示を楽しんでみてはいかがでしょう。



お祭りに合わせ、ぜひ絵金蔵にもお越しくださいね!








遅くなりましたが、夏の特別展のお知らせ!

絵金祭り・須留田八幡宮神祭写真コンテスト 特別展 絵金のならぶ夜

土佐赤岡絵金祭り 夏の特別展

詳細はこちら

令和1年7/14(日)・15(月・祝)「須留田八幡宮神祭」、
7/20(土)・21 (日)の「絵金祭り」が
行われる期間を中心に、さまざまな特別企画をご用意しております。

今年一番の目玉は特別展 絵金のならぶ夜です。
昨年行われたコンテストの入選者の力作ぞろいの作品を展示します。

また、昨年度赤岡に修理を終え帰ってきた屏風絵5点を5週間にわたり交代で展示する5分の1展や、初お披露目の作品を含む白描展など盛りだくさんです。皆さまこの機会にぜひお越しください。

ページ上部へ