8月から開催している企画展

いきもの展・天高く馬肥ゆる秋  では
現在、【後期】の作品が展示されています。




今回のいきもの展では、絵金が描き残したたくさんの『いきものたち』のうち
『馬』という当時身近であったいきものにスポットを当てており


【前期】には、馬が描かれた白描 を展示しておりました。





風を感じて空を見上げるような親子の穏やかな様子を切り取った《 親子馬

二頭の若い馬が跳ねるように戯れる《 双馬

武将を乗せて雄々しくたてがみを逆立てて走る《「一の谷」の熊谷次郎直実 》



などなど、一様に馬の作品であっても
それぞれに描かれている様々な表情の馬をご覧いただきました。





 ▼【前期】の展示風景

003






そして現在展示している【後期】の作品は、



1688年(元禄初年)創業、高知の老舗和菓子屋・西川屋さんがご所蔵の

屏風絵《 郭子儀図(かくしぎず)です。




 ▼ 郭子儀図の一部をちらり


郭子儀図_馬アップ





連銭葦毛(れんぜんあしげ)と呼ばれる
銭形の斑をもつ灰色の体毛(=葦毛)をした高貴な人に好まれた馬に乗る、

中国・唐の武将『郭子儀』を描いた作品です。



  ◆ 郭子儀  とは

  唐の時代の名将であり、李光弼(りこうひつ)とともに安史の乱を鎮圧、
  吐蕃(とばん)やウイグルなど西方からの異民族の侵入を防ぐなどの功績を挙げ、
  徳宗より尚父(しょうほ、父として尚ぶべき人という意)の号を賜りました。

  また、長生きをして多くの子どもや孫に恵まれたことにより「子孫繁栄」や
  「長寿」の象徴的な存在とされて、おめでたい画題として用いられています。






実はこの作品、絵金の作品ではありません


絵金の師である『前村洞和(まえむらとうわ)』に同じく学んだ

前村洞泉(まえむらとうせん)という絵金の兄弟子にあたる絵師の作品です。



洞泉は師の姓を引き継いで前村と称して活躍し、河田小龍などと親交があったとされます。
細密の密画を得意としていました。



写真からではなかなか見ることは難しいですが

本物の作品は、馬具の装飾や郭子儀並びにその他の人物の着物の柄まで
細かく、細か~く描き込まれています。






現在絵金蔵にて展示中ですので、ぜひご覧くださいね!


会期は以下の通りです。



いきもの展・天高く馬肥ゆる秋【後期】

2018年11月4日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。




会期はあと少し!お待ちしております~ 




皆さまはもう行かれました?

高知城歴史博物館の現在の企画展
幕末維新 時代の群像展 ~土佐の社会と人物~




時代の群像展表

▶ 画像のアップはこちらをクリック


▶▶ 時代の群像展サイト(高知城歴史博物館公式HP内)






こちらには絵金の芝居絵屏風
蝶花形名歌島台 小坂部館(レプリカ)
展示されています。



『蝶花形名歌島台 小坂部館』は
絵金や絵金の弟子たちによってたくさん描かれました。

今でも多くの作品が県下各地で大切に受け継がれており、
描かれた当時、大いに人気を博していた芝居です。





実はこの作品、

土佐の戦国大名・長曾我部元親をモデルとした小坂部音近が登場し、
土佐物芝居のひとつとなっています。


絵金の代表作はいろいろとありますが
土佐とかかわりの深いこの作品は
まさに、時代の群像展 にぴったりの作品ですね!




職員も出張中の絵金さんの作品を見に行ってきましたよ。

幕末の土佐の各分野で活躍した先人たちの遺した様々な歴史資料たちをみていると
激動の幕末に思いを馳せるような感慨深い気持ちに…



激動の時代の余韻漂う、静かに動かない貴重な記録たち

ぜひ皆さまもご覧になってくださいね~!





企画展情報

幕末維新 時代の群像展 ~土佐の社会と人物~

会 期:9月14日(金)~11月26日(月) 
時 間:9時~18時(日曜日 8時~18時)※入館は30分前まで
休館日:なし
観覧料:700円(団体20名以上 560円)
    高知城とのセット券 890円
    ※高校生以下は無料
    ※高知県・高知市長寿手帳保持者は無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、
     被爆者健康手帳保持者と介護者(1名)は無料
〇観覧券は当日のみ有効です。(年間観覧券は除く)

(高知県立高知城歴史博物館 公式HPより参照)






すっかり秋になりましたね

絵金蔵では、収蔵している芝居絵屏風の応急修理をきっかけに、
本格修理を応援いただくための「募金箱」を設置しました

募金箱

応急修理をした後に本格修理を行う予定なのですが、
現時点で費用のめどがたっていないのが現状です。

どうぞ、皆さま絵金蔵へお越しの際には、
ご支援の程よろしくお願いします!

また遠方の方からのご支援も承っております。
寄付金専用ゆうちょ銀行口座を新設いたしましたので、
本格修理への応援お願いいたします

〈ゆうちょ銀行にて、口座からまたは現金にてご送付下さる方〉
 記号 16470
 番号 15523441
 名前 アカオカエキンビョウブホゾンカイ

〈ゆうちょ銀行以外から、各銀行口座からまたは現金にてご送金くださる方〉
 店名 六四八(ロクヨンハチ)
 店番 648
 預金種目 普通預金
 口座番号 1552344

※恐れ入りますが、振込み手数料はご負担ください。
※振込み手数料についての詳細は、送金元の銀行へお問い合わせいただきますようお願いいたします。

連日の猛暑がひと段落したかと思えば、台風が迫ってきています。

皆さま台風には十分にご注意ください。

この台風の影響で、閉館にされる施設もあるかとは思いますが、
絵金蔵は7月29日も営業予定をしております。

強い雨風も予想されますので、
来館をされる際にはご無理のない範囲でお越しください。



皆さまこんにちは、絵金祭りがだんだんと近づいてきましたね!
絵金蔵は準備で大忙しです。


さて、来月7月1日に『天の美禄 ~恋せよ日本酒~』高知編がBSフジにて放送されます!
夏木マリさんが四国お遍路88カ所巡りならぬ、日本酒88カ所巡りを敢行!
日本酒の魅力を探訪するすてきな番組でございます!

高知編では、赤岡に酒蔵を構える高木酒造さんが取り上げられており、絵金蔵も紹介されます。

皆さまぜひぜひご覧ください。

いやー、夏木マリさんほんとにオーラのある素敵な方でした



放送時間:7月1日(日) 12:00~13:


館内のキャプションに外国人旅行者向けの
QRコードを設置いたしました(一部のキャプションを除く)
英語と中国語簡体字及び韓国語に加え、台湾の方向けの中国語繁体字、
計4か国語に対応するキャプションをQRコードから
読み込むことのできるアプリケーションで、
受付で貸し出すタブレット端末からご利用いただけます

QRコード


また、よりわかり易く絵金について知っていただくため、

館内で上映している映像のリニューアルも行いました。
こちらの新映像も多言語対応しており、
前述の4か国語の字幕を表示可能であることに加え、
バリアフリーの観点から4か国語の音声、
日本語の字幕もご用意いたしました


映像多言語化


外国のお友達がいらっしゃるという方、
ぜひお友達をつれて絵金蔵まで遊びに来てくださいー

桜が開花し始めて、
自転車でお出かけするという方も多いのではないでしょうか?

先日、絵金蔵の広場にサイクルスタンドが設置されました


鉄棒ではありませんっ
サドル先端で引っかけるレーススタンドタイプの
サイクルスタンドです
サイクリングスタンド

ロードバイクなどの
車体にスタンドがついていない自転車のご利用を想定しています。


春のうららかな日に、
絵金蔵までサイクリングなんていかがでしょうか


サイクリングロードについては、高知県観光コンベンション協会が紹介しています。
「ぐるっと高知サイクリングロード」で検索してみてください 

寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

絵金蔵では、毎年恒例になっている雛人形の飾り付けを行いました。



お内裏様とお雛様は小さいのですが、
寝殿風の舞台が豪華さを演出しています。

雛飾り

この建物の飾りはねじでとめたりするところがなく、
積み木のように積んでいるだけの部分があります。
そのため耐震性に問題がある建物です(笑)。
ご覧になる際にはどうぞお手を触れないでください


雛飾りをご覧になりに、
是非絵金蔵に足をお運びください

2012年高知県立美術館「大絵金展 極彩の闇」展図録

好評につき再入荷いたしました!!



芝居絵屏風はもとより、見る機会が少ない県内に伝わる作品や
色彩に関する最新の研究結果などが多数掲載されています。

 

絵金について知りたい方は、間違いなく必須の一冊です


絵金蔵ショップと

絵金蔵ホ―ムページの「絵金関連の書籍通信販売」からも購入できます

 

極歳の闇再入荷

美術館連絡協議会2012年カタログ論文賞・優秀カタログ賞受賞。

 

単行本: 256ページ
出版社: grambooks

言語 日本語, 日本語, 英語

商品の寸法: 30 x 22.6 x 2.8 cm
4,104
(税込
)



高知県土佐塩の道保存会様からお知らせです


☆第10回土佐塩の道30kmうぉーく☆開催します!!


江戸時代、香南市赤岡でとれた塩を、
香美市物部町まで運んだ古道「塩の道」。
当時に思いを馳せながら、30kmの道のりを楽しく歩きませんか?
今回は第10回目の記念回、お楽しみ企画も検討中です♪


塩の道うぉーく


開催日:
平成30年3月24日(土)

参加費:
お一人7,000円
(塩の道弁当・参加費・参加賞・移動バス代・保険料込み)

※参加費は当日集金させていただきます。
募集人数:
80名
集合場所:
赤岡保健センター(香南市赤岡町1327)
受付:
5時50分から 物部町山崎公園出発式7:30
お問合せ・お申込み:
(有)香北観光トラベル
℡0887-59-3393 
Fax0887-59-2355



ページ上部へ