21日に今年度最初のワークショップを開催しました


『オリジナル絵金トートバッグ作り』  です!




オリジナル絵金トートバッグとは…

絵金さんの絵の一部を選んでアイロンプリントするというものです。
自分の好きなキャラクターを選べるので、
出合うはずのない人物たちをコラボさせることもできます


BlogPaint


私も作ってみました~


文字が逆さまなのはご愛嬌☆(間違ってしまいました…)

佐倉宗吾 鶴喜代 笹市 が夢の共演ですヾ(´ω`=´ω`)ノ





来ていただいた皆さんも真剣にシールを選んで

黙々とレイアウトを考えておられました!

トートバックワークショップ


お友達の意見を聞く方、

一生懸命悩んでお気に入りのキャラクターを並べる方、

皆さん様々で、見ているこちらも楽しかったです♪




また、引き続き同じ赤レンガ商家で、暮らしの痕跡ワークショップが行われました


こちらは、赤レンガ商家に昔住まれていた方にお話を聞き、

残されている古民具がどのように使われていたのか、というような

ワクワクするお話が聞けるものでした!!



トートバッグを作ってくれた方の中にも参加された方がいらっしゃり、

とっても楽しまれていましたよ





今回は大人の方が多かったのですが、

次回はお子様も楽しめるようにパワーアップしたものをお届けしますので

皆さまふるってご参加くださいね(^∀^)





さて、本日のお題はもちろんコレ!




ついについに、5/15に放送された、


NHK 「鶴瓶の家族に乾杯  鶴瓶芝居小屋に大興奮!杉本哲太と高知県香南市へ」 です   

見ていただいた方、どうもありがとうございました





時間にはみんなで待機してワクワクソワソワ…


「どれくらい映るろうかねえ?」

「まさか全然映らんなんてことはないろうねえ」





期待もふくらみ、いざ、放送時間です!


「おお~~~~~!!映っっちゅう映っっちゅう!!」

「わぁ!私も映ってます~~~~~!」




ヤッター!中も外も、しっかり紹介されておりました!

ついに絵金蔵も全国区ですね、たくさんの方のお目に触れたことでしょう





大騒ぎした後、真剣に画面を見つめてるみんな。ジィー・・・

放送中




とっても楽しい内容となっておりました


見逃した方は再放送を乞うご期待。NHKさま、よろしくお願いいたします!





家族に乾杯で興味を持たれた方、旅先でどこに行こうか迷われている方、



絵金蔵での妖しくも楽しいひと時はいかが?







◇◆ 絵金白描特別展~酉~も開催中。(詳しくは以前の記事をご覧ください) ◆◇




藤の花が咲き乱れる今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

ゴールデンウィークももうすぐなので、

楽しく計画を立てていらっしゃる方も多いと思います。


そんなゴールデンウィークも楽しみですが、その次の週

5月15日を絵金蔵スタッフは楽しみにしています

なぜなら、な…なんと 

NHK 「鶴瓶の家族に乾杯」で香南市が取り上げられるから!!


釣瓶の家族に乾杯


鶴瓶さんが赤岡の町におこしになり、

弁天座、絵金蔵にも来館され、見学していただきました

テレビで見るとき同様、素敵なお人柄でした



是非、皆様ご覧下さいませ

絵金蔵スタッフも出ると思います~


NKH 鶴瓶の家族に乾杯
5月15日(月) 午後7時30分~午後8時43分
「鶴瓶芝居小屋に大興奮! 杉本哲太と高知県香南市へ」


赤岡の春の風物詩

今年もにぎやかに行われました

 

先日、26日(日)、お隣弁天座にて、

高木酒造 株式会社第主催の

22回「豊能梅」酒蔵開放がありました。

 

今年から場所を弁天座にしたということで、

こっそり覗いてきました

 

13時からスタートということでしたが、

12時前からお客様がたくさんいらっしゃって

皆さん待ちきれないご様子

 

お酒を楽しむのはもちろんですが、販売コーナーの

お惣菜やスイーツ、お食事も充実しています。

絵金蔵まで良い香りに包まれました。

 
1490520758413

お惣菜をつまみながら、一杯ひっかける、など

皆さん思い思いに新しいお酒を味わっていらっしゃいました。

 

1490520770830

最後は、皆さんほろ酔い気分で楽しそうに帰らました

来年も赤岡にいらっしゃってくださいね。
絵金蔵もお待ちしております

野市町にある「三叉」というところ、
絵金蔵からも近くお客様にご案内することもあるだろう、というわけで
はじめて行ってきました。


IMG_2498


「三叉」とは、二代藩主山内忠義の時の家老野中兼山(16151663年)が

1641年から開発をはじめた水路のことです。
IMG_2487


写真のように上井川から取り入れた水を、それぞれの水路に

3方向(現在では厳密には3つではないのですが)に分けたところが、

珍しくなんとも趣があって、散歩には非常にうってつけ

IMG_2486


さらに水路だけではなく横の林の中の小道も

絵になる風景が広がっています

 


当時、三叉は上井川の水を分水し、田畑に水を供給していた
大切なインフラでしたが、現在では市民の憩いのスポットです。

もうすぐ桜の季節なので、花びらが舞う中、

お花見などしてみてはいかがでしょうか


高知県香南市野市町西野の西上野公民館すぐ横です

 



今日は絵金さんの命日です。

141年前、明治9年、3月8日にこの世を去りました。


今年も絵金蔵のスタッフはお墓参りを行いました

お墓は、高知市薊野・真宗寺山の中にあります。
近くには高知IC、ヤマダ電機、TSUTAYA
沢田マンションなどが目印です。

ちなみに絵金さんのお墓の近くには「岡田以蔵」「岡本寧浦」のお墓もあります。

絵金さんのお墓の道のりは途中まで、岡田以蔵さんのお墓と同じなので
以蔵さんのお墓の案内看板を目印にしたら行きやすいです。

IMG_2476


お墓に着いたら、さっそく枯葉を掃除したり

お花を生けたり、線香をあげたり、

そしてもちろん大好きだと言われている
お酒もちゃんとお供えしました

手を合わせて、今度の絵金蔵のますますの発展を願いました。

 

今年からスタッフも代わったので、

顔見せを兼ねたお墓参りとなりました。

どうぞこれからも見守って下さい。



幕末維新博もはじまり、

幕末の偉人達に思いをはせる方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな時は、お墓参りしてみると

博物館、資料館とは違った楽しみがあるかもしれません。

 

ただ、このあたりのお墓参りに行かれる方は
急な坂道ですので、ご注意くださいね。

 

ちなみに絵金さんのお墓の近くの高知インター挟んで東には

板垣退助のお墓もありますよ。

この機会に是非足を運んでみては


三寒四温の季節、皆さまいかがお過ごしですか?
絵金蔵では3月3日の桃の節句の時期に合わせて、
雛飾りを展示しております

以前蔵に寄贈していただいたものです。
今では見ることのない様式が新鮮に映ります。

3点のうち2点は寝殿風(?)の建物に、お内裏様とお雛様がお座りになっています。
その前に御簾があるため、拝顔するには少し屈まないといけません。
なんとも奥ゆかしいお2人ですね

IMG_2470


もう一つはミニチュアのショーウィンドウのように箱にはいっています。
よく見るとお雛様がお内裏様に少し寄っているのですが、
ガラスの面で蓋をしている状態なので、動かせません。
寄り添っているように見えるので、これはこれで良しとしています

IMG_2467


お雛様を見に、是非お越しください




今日は香南市観光PRマスコット「こーにゃん」と

ミスマーメードの方々が絵金蔵に来てくださいました

 

香南市より発行する、香南市をサイクリングで周遊して

楽しんでもらうための冊子の写真撮りのためです

 

爽やかなお二人と白くてかわいいこーにゃん。

寒い中、笑顔で撮影にのぞんでいました。

 

こちらの冊子は、3月の「志国高知幕末維新博」のスタートの時期にあわせて

県内各所で配布するとのことです。


ぜひお手にとって春の香南市をサイクリングしてみてください

IMG_8627

 

詳しくはこちらにお問い合わせください。

一般社団法人 香南市観光協会
781-5232 高知県香南市野市町西野2056(のいち駅構内)
TEL/0887-56-5200
  FAX/0887-56-5545

絵金蔵平成29211をもちまして
開館12周年を迎えることになります。

今年1月より新たなスタッフも加わり、
よりいっそう絵金蔵そして赤岡町を盛り上げてまいりたいと思います。
今後も引き続き変わらぬご支援を何卒よろしくお願い致します

つきましては、今年は入館したお客様30名様に

先着で芝居絵の「飛び出すミニミニ屏風」を差し上げます

こちらはカードを開くと、屏風が飛び出す仕組みです。

一緒にご用意する台紙に固定すれば飾ることもできます。

一家に一隻、「飛び出すミニミニ屏風」

この機会にお誘いあわせの上、是非絵金蔵にお越しくださいませ

飛び出すミニミニ屏風

今年も絵金蔵におこしいただき、ありがとうございました

本年の営業は本日12月28日が最終日です。

休館日は12月29日木曜~1月3日火曜となっております

1月4日朝9時より通常通り開館いたしますのでぜひおこしください


2016年も多くの皆様に支えられ、絵金蔵もよい1年間となりました。
2017年はよりよい年にできるようスタッフ一同努めてまいります。

皆様もよいお年をお過ごしください。




ページ上部へ