9月4日㈫臨時休館

9月4日㈫は台風21号の影響を考慮し、臨時休館とさせて頂きます。
ご来館を予定されていたお客様には、大変申し訳ございません。
またのご来館を心よりお待ちしております。






本日、8月23日(木)の絵金蔵は、台風20号の影響のため、
12時(正午)をもちまして閉館とさせていただきます。

当館への来館をご予定されていたお客様がおられましたら、
誠に申し訳ございません。

またのご来館を心よりお待ちしております。


高知県全域で警報も発令されておりますので
お出かけされる方は十分お気を付けくださいませ!

通販のエラー修正いたしました。
通常通りご利用いただけます。



大変ご不便をおかけしますが7月15日現在、
通信販売のページにエラーが発生しているためご利用になれません。

お手数をおかけしますが、商品をご希望の場合
ホームページ内にございます、お問合せフォームまたはお電話にてご連絡ください。



絵金蔵0887-57-7117

グンと気温が上がり倒れそうなほどですね、高知の夏がやってまいりました。

さて本日7月14日と明日15日は
須留田八幡宮神祭(19:00~21:00)が赤岡町本町通りで開催されます。

絵金祭りをご存知の方は多いかと思いますが、そもそも絵金さんの芝居絵屏風は
この江戸時代から続く須留田八幡宮神祭において、祭礼の道具ととして使われてきたものです。
絵金祭りは大変賑やかで華やかなお祭りですが、神祭は街の明かりも消し、
厳かな雰囲気の中で闇に揺らめく絵金の本物の屏風絵をご覧いただけます。
ぜひこの機会に赤岡にお越しください。


また、絵金蔵では夜間特別開館もいたします。
時間:18:00~20:00 入館締切19:30


そしてなんと今年は板橋区立美術館の元館長で、日本美術史家の
安村敏信氏の特別講演会がございます!
高知で聞ける機会はめったにないですよ!
本日14日の公演は満席ですが、明日15日の公演はまだ余裕がございます
絵金蔵の入館料のみで聴講することができますので、この機会をお見逃しなく。

日 時
7月14日(土)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
幕末の情念-絵金芸術の背景-
絵金の妖しい表現が生まれた幕末期の美術状況を探る

7月15日(日)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
江戸美術のなかの絵金
江戸美術の中で絵金がどのように位置づけられるか考える

会 場  絵金蔵内の土間ホール
講演者  安村 敏信 氏(萬美術屋、板橋区立美術館元館長)
定 員  20名(要予約)
聴講料  大人500円(450円)/高校生300円(250円)/小・中学生150円(100円)





台風が近いため、激しい風が吹き荒れておりますが
絵金蔵は雨にも負けず、風にも負けず営業中でございます!

h30絵金祭り特別展フライヤー表




さて本日より、ついに夏の特別展スタートいたしました。

メインの展示は横のぼり展。
絵金のお弟子さんの描いた長さ5メートルもある大作は見ごたえ十分!
絵金蔵では初めての展示させていただく作品で、三十年以上も人の目に触れずひっそりと眠っていたものです!
そして春野町からお借りしてきた芝居絵屏風の展示もございます。
こちらは明日からの展示となりますので乞うご期待!


そして白描展。こちらは絵金が墨のみで描いた作品たちの展示です。
墨の濃淡だけで表現された人物や、動物たち。絵金の画力の高さがうかがえます。
今年は赤岡町内の街灯のデザインにも用いられている作品を展示しておりますので、
展示をみていただいた後、探しに町歩き行くこともおすすめです。


最後に5分の1展
作品安全上、赤岡の宵闇の中で見ることは叶わない2017年に帰ってきた5点の芝居絵屏風を
館内の展示ケース内にて展示いたします。
修理を終えてより一層美しくなった5点を5週間に渡り順番にお披露目します。


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、当館の見どころ蔵の穴ですがっ7月3日、第二展示室の展示替えのため
終日ご覧になれませんのでご了承ください。





皆様のお越しをお待ちしております




展示日程
7/3(火)‐7/22(日)横のぼり展
7/4(水)‐8/5(日)5分の1展
7/3(火)‐7/29(日)白描展





7月より絵金蔵では、様々な展示、イベントを行います。

そちらの展示準備の関係で、
7月3日(火)、終日第2展示室「蔵の穴」がご覧になれません。

※他の展示室は通常通りご覧いただけますが、
第2展示室と第3展示室をつなぐ螺旋階段も
ご利用いただけませんので、ご注意ください。

観覧を楽しみにしていただいている方には、
大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解の程よろしくお願いいたします。

10月7日の4:30ごろ、絵金蔵のトイレにてピンクの花柄の杖をみつけました。
image1

お心当たりのある方は、

絵金蔵
TEl:0887-57-7117
9:00~17:00(休館日:月曜、月曜日が祝日の場合は翌火曜)


までご連絡下さい。




10月になりました。

最近涼しくなってきましたが、今日から秋本番ですね。


秋といえばなんでしょう?


あなたは食欲の秋?

それとも読書の秋?


絵金蔵はといえば、やっぱり、芸術の秋!!


各地の美術館や博物館に

お出掛けされる方も多いのではないでしょうか。



そんな10月、高知県各地の施設で押してもらえる

龍馬スタンプがリニューアルしました!

もちろん絵金蔵のものも新しくなってます。


その新しいスタンプがコチラ↓

10


旧(左):「伊達競阿国戯場」より、累

新(右):「義経千本桜」より、権太


今回もきれいに出てますね~、嬉しい限り!


スタンプがリニューアルしたということで、

以前の「累」のスタンプをすでに押されている方にも

「権太」のスタンプを押印することができます。

龍馬スタンプ変更のお知らせ




絵金蔵の展示も毎月替わっておりますので

この機会に、リピートしてみてはいかがでしょうか(^^)




芸術の秋、皆さまのご来館をお待ちしております。


なんとも暑い日が続いておりますが

本日14日は、ついに須留田八幡宮のお神祭です



100年以上の歴史を持つこのお祭り、

毎年たくさんの方が絵金の描いた芝居絵屏風を見るために訪れています。


須留田八幡宮神祭では、(絵金祭りもですが・・・)

赤岡町の通りの家々の軒先に芝居絵屏風を飾る、という

一風変わった展示方法をしておりますので

普段は車が通る場所でお客様にじっくり屏風絵を楽しんでいただきます。



ですので、お客様の安全のために交通規制を行います


神祭交通規制

黒く塗っている部分は通行禁止になっており、

東西に延びる道との交差点の部分も通り抜けできません



ご近所に皆さまにも、お祭りにいらっしゃったお客様にも

大変ご迷惑をおかけしますが

安全にお祭りができますよう、ご理解ご協力よろしくお願いします。



いよいよ 来月に迫って来た絵金祭りのポスターが完成致しました

2016-絵金祭りポスター-B4

28年度蔵企画チラシ



 
*  ・  *  ・  *  ・  *    
 絵金祭りは芝居絵と屋台が混在している賑やかなお祭りでおなじみですが、
 須留田八幡宮の宵宮が静の祭りであるならば、絵金祭りは動の祭り。
 横町地区町内会所蔵の芝居絵も加わり、赤岡に残る芝居絵屏風23点が
 賑やかな夏祭りの通りにずらりと出揃います。
 祭りの夜は夜店や歌謡ショーで町は賑わいますのでぜひお越しください。


【絵金蔵夜間特別開館】
7月14(木)~17(日)
9時~17時(入館締切16時半)までの通常開館の後、一時閉館し、18時~20時(最終入館19時半)に特別に開館いたします。
 ※チケットは通常営業・特別開館通してお使いいただけます。
 ※特別展・白描展とも入館料のみでご覧いただけます。
 

【絵金祭り特別展示】
7月12日(火)~18日(月) 絵金蔵第1展示室ほか
香我美町飛鳥神社で祭礼に飾られていたと伝わる芝居絵屏風マクリ(表装されておらず紙のみで残っているもの)と香我美町吉川家所蔵の絵馬提灯のマクリを展示いたします。

 
【絵金白描画展】
7月5日(火)~7月18日(月) 絵金蔵土間ホールほか
人物や植物、芝居絵の下絵など絵金の描いた白描画(香南市個人蔵)を展示します。
極彩色の芝居絵とは一味違う絵金の世界をお楽しみください。



【えくらべ 過去作品展示】
7月16日(土)・17日(日) 高木酒造
2012年~14年の絵金祭り時に行われた現代作家による屏風作品の公募展「えくらべ」展。
39点の出品作品のうち、8点を高木酒造の酒蔵にて展示いたします。
  
 ~えくらべ(絵競べ)とは~
 絵金が生きた時代の風習のことで、土佐の庶民は様々な絵師に芝居絵屏風を注文し、
 もっとも良い出来栄えの作品を出した地域はその年の豊作を約束されたといいます。

 上記の
 お問い合わせは、
 絵金蔵(高知県香南市赤岡町538) Tel:0887-57-7117 までお願いいたします。

*  ・  *  ・  *  ・  *
  
 


ページ上部へ