7月15日は須留田八幡宮神祭の2日目。

本日も予定通りお祭りを開催いたします。


どんよりとあやしい空模様ではありますが

なんとか雨は降らずに持ちこたえてくれていますね。 


19時~21時頃 に赤岡町の本町通りの町並みに

絵金の芝居絵屏風が並べられます。

3連休の最終日、皆さまぜひ極彩色の美しい芝居絵屏風をお楽しみください。



近づいてごらんになりたい場合、
お傘が作品に当たらないようにご注意ください。

お近くの傘立てをご利用ください。


雨注意書きイラスト2


今後のお天気次第で予定が変更になる場合は追ってお知らせいたしますので

 ご来場をお考えの方はブログ・Twitterでご確認ください。




本日、7月15日は須留田八幡宮神祭・2日目です。

現在のところは予定通りの開催となっています。


芝居絵屏風が町に並ぶのは 19時~21時頃 です。

絵金蔵も通常開館(~17時閉館)の後、

夜間特別開館 18時~20時(19時半入館締切) いたします。



今後のお天気次第で予定が変更になる場合は追ってお知らせいたしますので

ご来場をお考えの方はブログ・Twitterでご確認ください。



 ▼昨日の須留田八幡宮神祭の様子
2019神祭01




7月14日、須留田八幡宮神祭1日目。


本日のお天気は予報通りの雨模様ですが、

現時点では予定通り、
須留田八幡宮神祭を開催いたします。


今後、開催の有無についての変更がある場合は、
追ってお知らせいたしますので
ご来場をご予定のお客様は情報チェックをお願いいたします。



展示中(19時~21時頃)は雨が降る可能性が高いため、

濡れた傘を展示中の作品に近づけないようにご注意下さい!

作品のお近くに設置されている傘立てをご利用ください。


ご協力お願いいたします。

雨注意書きイラスト2


展示場所によっては、
作品までの距離を制限させていただく場合もございます。

ご理解いただきますようお願いいたします。




★ 神祭の駐車場 ★


須留田八幡宮神祭の際の駐車場は
通常絵金蔵のお客様にご利用いただいてる場所と同様です。

・香南市商工会館の駐車場
・赤岡保健センターの駐車場

いずれかの駐車場をご利用ください。


絵金祭りの駐車場は異なりますので
 当ブログの記事をご覧ください。
  ⇒<【駐車場情報】#絵金祭り に17時以前にお越しなるお客様へ





『絵金祭り/須留田八幡宮神祭 写真コンテスト』におきまして
たくさん方にご応募いただきありがとうございました。

入賞者が決定しましたので発表いたします!



 2018年部門 

◆絵金祭り実行委員会賞◆
「心ゆくまで」 筒井 利枝子 様

◆審査員特別賞◆
「見入る二人」 杉浦 正幸 様

◆佳作◆
・「ゆかたの女・2」 前中 良啓 様
・「祭りを支える人」 筒井 利枝子 様
・「聞き入る人々」 杉浦 正幸 様
・「自慢の絵金」  田中 一郎 様
・「絵金×天狗」  伊藤 紗那 様
・「宵祭り」    別役 多賀子 様



 アーカイブス部門 

◆絵金蔵賞◆
タイトル「祭の日」 入交 貞悦 様

◆審査員特別賞◆
タイトル「絵金宵祭りの街」 田中 一郎 様

◆佳作◆
・「絵金祭の日」   入交 貞悦 様
・「我家が守る絵金」 平井 すみえ 様
・「絵金を語る」   平井 すみえ 様
・「無題」      崎山 正人 様
・「無題」      中島 健藏 様
・「無題」      中島 健藏 様



上記の作品は、今年の夏の特別展として絵金蔵にて展示いたします。

会期は7月2日~28日となりますので、会場で入賞作品をご覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしております!


4月にはいり、新生活を迎えられた方も多いのではないでしょうか?


さて、絵金蔵でも芝居絵屏風たちが新たな局面を迎えました!

先日4月15日に絵金芝居絵屏風の本格修理 にむけて
作品が4点絵金蔵より搬出されました。
※本格修理とは…屏風装の解体を含む大規模な保存修理のことです。


これから専門の業者の方によって、作品の本格的な修理が行われます。

屏風絵の所蔵者の皆さんの長年の願いであった本格修理。
絵金蔵関係者のみならず、赤岡町内の皆さま、役所の方々、寄付をくださった方々。
様々な方のおかげでついにこの日を迎えることができましたことを深く感謝いたします。



搬出の数日前には雨の予報も出ておりましたが、
さすがの絵金パワー!
前日に大量の雨を降らした雨雲もすっかり消え失せ、お天道様が見守る中、
作品たちが専門業者の方によって運び出されました

これから4年かけ、順番に18点の屏風絵の修理が行われていきます。
少しずつではありますがブログ等で経過をお伝えしてまいりますので
暖かい目で見守っていただきますようどうぞよろしくお願いいたします。




▼搬出風景

絵金芝居絵屏風 本格修理出発


寄付のお願い
昨年度は多くの方々から寄付金をいただきましたが、
18隻全てとなるとまだまだ資金が不足していおります。

つきましては、土佐独特の絵画作品である
絵金の芝居絵屏風の安全な保存のため
また伝統ある土佐の絵金文化を後世へ伝えていくため、

引き続きどうぞ温かいご支援を賜りますよう、
赤岡絵金屏風保存会や絵金蔵、並びに関係者一同、
心よりお願い申し上げます。


4月に入って新年度がスタートとなり

心機一転、新しいことを始める方も多いのではないでしょうか



絵金蔵でも本年度から、

絵金芝居絵屏風の本格修理
 がいよいよ始まることになりました。

 
※本格修理とは…
  屏風装の解体を含む大規模な保存修理のことです。


寄付呼びかけ


当館収蔵作品・絵金芝居絵屏風の所蔵者の皆さんの
長年の願いでもあった、本格的な保存修理。

その先駆けとして、昨年10月・11月には
絵金蔵展示室にて『絵金芝居絵屏風 公開修理』を開催し、

急を要する箇所に応急的な作品修理を行いました。

そしてついに、たくさんの方々の協力を得て
未修理18隻の本格的な保存修理に着手することになりました!


未修理18隻の本格修理は4年計画を予定しており、
4年後の2023年の夏のお祭りには、
全ての作品が安全な状態で展示できることになる予定です。


しかしこの本格的な修理には膨大な費用を要します。

昨年度は多くの方々から寄付金をいただきましたが、
18隻全てとなるとまだまだ資金が不足しています。


つきましては、土佐独特の絵画作品である
絵金の芝居絵屏風の安全な保存のため
また後世へ絵金文化という守るべき伝統を伝えるため、

引き続きどうぞ温かいご支援を賜りますよう、
赤岡絵金屏風保存会や絵金蔵、並びに関係者一同、
心よりお願い申し上げます。


旧赤岡町の土佐芝居絵屏風保存修理事業へのご寄付のお申し込み方法




2019年のゴールデンウィークは、なんと10連休。

4月27日(土)~ 5月6日(月)までの長い長いお休みとなります。


ゴールデンウィーク期間中は、
 絵金蔵は休まず開館! いたしますのでぜひお越しください。



絵金蔵にご来館された方におすすめしている町歩きスポット
【 西川屋老舗・赤岡本店 】の営業日は、

427・28・29、53・4・5、の6日間です。



10連休の1日は絵金蔵へ、皆様のご来館をお待ちしております。



何ともお祭りの多い町、赤岡。


春はどろめ祭り。

夏は絵金祭り。

冬は・・・



今年もやります、赤岡冬の夏祭り!
 


冬夏2018表


冬夏2018裏




第24回となる今回のテーマ《 風の中でまっている 》。



風に乗ってやってくるアナタと楽しく過ごしたい、
なーんてかわいいことをいいながら、

美味しい食べ物と素敵な雑貨などを用意して
皆さまのお越しをお待ちしています。




フリーマーケットや名物・路の上のこたつ、作家通りなどなど
毎年お祭りを賑わわせてくれるものや、

もちろん 一両小判両替処 も!


小判でお買い物なんてそうそうできるものではありません。

一両小判をにぎってお祭りを練り歩くのはいかが?





▼第24回 赤岡冬の夏祭り イベント情報


日時:12月1日(土)・2日(日) 10時~17時ごろ  小雨決行 
会場:香南市赤岡町横町商店街
主催:冬の夏祭り実行委員会 ⇒ 情報はこちらから(facebook) 】

※龍馬パスポート対象イベント※
龍馬パスポートをお持ちの方はお忘れないように!


今年もやります
・フリーマーケット
・路の上のこたつ
・一両小判両替処
・こんにちは作家通り
・みんなで踊ろう赤岡慕情
・橋の上のライブ
・いきなり餅投げ
・赤あか堂(あかおかブランド)  などなど


駐車場
・赤岡小学校グラウンド(雨天時使用不可)
・四国銀行駐車場
・赤岡小学校職員 駐車場
・赤岡保育所(日曜のみ)
・多目的駐車場(商工会東側)


アクトランドからボンネットバスのシャトルバスあります!
 アクトランド⇒横町商店街      横町商店街⇒アクトランド
  10:0012:0014:00     11:0013:0015:00






今年はどんなものがあるんでしょう。
絵金蔵スタッフもわくわくで、その日はきっと誰もお昼ごはんを持ってこないはず。

去年買ったハンドクリームがよすぎて
今年も買おうと今からそわそわしているスタッフもいるくらい…。




赤岡橋を渡れば、北風もあったかい冬の夏祭り。

今度の土日はぜひぜひ赤岡へ!






11月も後半に差し掛かり急に肌寒くなりましたが
まだまだ行楽シーズンですね。

車で遠出される方やご旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。



さて、本日からの3連休のご予定はお決まりですか?

まだご予定を決めかねている方はぜひ、絵金蔵まで!



本日より絵金蔵第1展示室におきまして、

絵金芝居絵屏風 公開修理【後半】
がスタートいたしました!

芝居絵屏風公開修理チラシ



制作から160年余り、絵金の芝居絵屏風は経年の傷みが蓄積し
早急に応急的な修理だけでも行う必要のある状況となっていました。


10月の3連休に引き続き、11月23日・24日・25日の3日間修理を行い
絵金蔵にて収蔵している未修理の18点全ての

応 急 修 理を行っております



通常は一般公開されない貴重な文化財の修理現場 をご覧いただけます!

まだ3連休のご予定がお決まりでない方、
文化財の修理にご関心のある方、
もちろんふらっとお立ち寄りになる方でも。


ぜひこの機会に絵金蔵までお越しくださいませ。




▼『絵金芝居絵屏風 公開修理』情報

2018年11月23・24・25日
 ※25日は午前中・確認作業のみとなります。
 ※お時間によっては作業を行っていない場合がございます。ご了承下さい。

開館時間:9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。






皆さまはもう行かれました?

高知城歴史博物館の現在の企画展
幕末維新 時代の群像展 ~土佐の社会と人物~




時代の群像展表

▶ 画像のアップはこちらをクリック


▶▶ 時代の群像展サイト(高知城歴史博物館公式HP内)






こちらには絵金の芝居絵屏風
蝶花形名歌島台 小坂部館(レプリカ)
展示されています。



『蝶花形名歌島台 小坂部館』は
絵金や絵金の弟子たちによってたくさん描かれました。

今でも多くの作品が県下各地で大切に受け継がれており、
描かれた当時、大いに人気を博していた芝居です。





実はこの作品、

土佐の戦国大名・長曾我部元親をモデルとした小坂部音近が登場し、
土佐物芝居のひとつとなっています。


絵金の代表作はいろいろとありますが
土佐とかかわりの深いこの作品は
まさに、時代の群像展 にぴったりの作品ですね!




職員も出張中の絵金さんの作品を見に行ってきましたよ。

幕末の土佐の各分野で活躍した先人たちの遺した様々な歴史資料たちをみていると
激動の幕末に思いを馳せるような感慨深い気持ちに…



激動の時代の余韻漂う、静かに動かない貴重な記録たち

ぜひ皆さまもご覧になってくださいね~!





企画展情報

幕末維新 時代の群像展 ~土佐の社会と人物~

会 期:9月14日(金)~11月26日(月) 
時 間:9時~18時(日曜日 8時~18時)※入館は30分前まで
休館日:なし
観覧料:700円(団体20名以上 560円)
    高知城とのセット券 890円
    ※高校生以下は無料
    ※高知県・高知市長寿手帳保持者は無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、
     被爆者健康手帳保持者と介護者(1名)は無料
〇観覧券は当日のみ有効です。(年間観覧券は除く)

(高知県立高知城歴史博物館 公式HPより参照)






ページ上部へ