第2展示室内展示ケースに、作品3点が揃いました。

DSCF7295


展示作品
  ★印章9点(高知市 個人蔵)
    絵金の長男、房太郎の養家に伝わる絵金の用いた印章。

  ★山荘秋景図(高知県須崎市 森家蔵)
    須崎市の旧家、森家の床の間に長年飾ってきた小襖。

  ★白描画 菊(香南市香我美町 個人蔵)


山荘秋景図は高貴な人の侘び住まいでしょうか、源氏物語 宇治十帖「橋姫」に描かれる薫の君が美しい姫達と暮らす八の宮を晩秋の山荘に訪ねる場面を描いたものかもしれません。繊細で柔らかい筆致からは、人物を描かずとも薫の君と八の宮の娘大君の2人の儚い恋の物語が浮かんできます。
おどろおどろしさだけではない絵金の多彩な表現を伝える作品です。
 
また、山荘秋景図にちなんで芝居絵屏風や白描に描かれた秋の草花もご紹介していますのでぜひご覧くださいませ。

みなさまのお越しをお待ちしております。