最新コメント
アーカイブ

2014年09月の記事


 
高知ゆかりの表現者による魂の宴「高知しばてん魂(ソウル)レヴュー2014」が
10月19日(日)新宿LOFT/PLUS ONEで催されます。

そこで神山てんがいさんによる一人芝居「絵金縦遊伝」の公演があります。

素敵なチラシが絵金蔵にも届きました。

2014fryerオモテ2014fryerウラ
チラシの紹介文より・・・

『絵金縦遊伝(えきんしょうゆうでん)』~絵師金蔵、絵金の生涯を演じる一人芝居~

出演:神山てんがい

 

幕末から明治の土佐で活躍した絵師・金蔵、通称「絵金」。

多くの作品が残された高知県赤岡の町では絵金の絵を大切に守り続け、

夏の『絵金祭り』(民家の軒下に蝋燭の灯りと共に芝居絵屏風の数々が飾られる)は

今では全国的に多くの人を引きつけ始めている。

謎多き絵師と言われる絵金の人生を
俳優・神山てんがいが全霊をもって紡ぎなおす一人芝居。

 

神山てんがい(東京出身)はこれまで舞台を中心に
映画、テレビ、近年は一人芝居を中心に俳優活動を続けてきた。

そんな彼に絵金の生涯の舞台化を持ちかけたのが
高知県香南市(野市)出身で東京にてサックス奏者、

俳句朗読パフォーマーとして活躍(2009年には「しばてん魂レヴュー」出演)してきた渦ヨーコ。

絵金の描くオドロオドロしくもありながら妖艶、深刻なのに滑稽…という、

その美しく奥深き芝居絵の世界の虜となり
絵金舞台化に情熱を燃やした渦は総合プロデューサーとして尽力。

構想7年、主演の神山てんがいと共に制作に入ってからは3年の2012年に初演、高評価を得た。

絵金の町赤岡にも頻繁に足を運び応援の輪も広がり始め、ライフワークとして取り組む覚悟の彼ら。

来年には高知にて絵金生誕祭での『絵金縦遊伝』上演も予定されている。

今回は『しばてん魂』の為に新たに練り直した新作中篇、
「鵺棲ム腕ノ筆刀(ぬえすむかいなのふでがたな)」を上演する。



今回も東京での公演です。
地元高知だけでなく、東京にも絵金ファンが増える予感!

機会がありましたら是非ご覧くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―土佐の高知ゆかりの表現者による魂の宴!!

★★高知しばてん魂(soul)レヴュー2014★★ Vol.09

 

20141019() OPEN 12:30 START 13:00

前売り¥2,000 当日¥2,500 ※Drink 料金別途要

新宿LOFT/PLUS ONE 東京都新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2JR新宿駅東口)
【出演】

大人が楽しめるROCK BANDhenssimo(ヘンシモ)

高知出身のデルタブルース伝道師ROIKI

笑いのおかわりもう一杯★ツーライス

『絵金縦遊伝(えきんしょうゆうでん)』~絵師金蔵、絵金の生涯を演じる一人芝居~★神山てんがい

【チケット前売り&予約受付中】

 バイユーゲイト:0422-55-5782

 ローソンチケット:Lコード:32304

 しば魂HPhttp://www.geocities.jp/shibaten_soul/

 

■主催:しばてん魂実行委員会

■後援:高知県/高知市/(財)高知県観光コンべンション協会/FM高知/ほっとこうち

■協賛:電装技研株式会社/株式会社ダイヤモンドダイニング/株式会社浪漫亭

      キリンビール株式会社 高知支社/株式会社無手無冠/Bitter Fruit

      Ab und Zu/家庭料理の店 京や/中野新橋 すし丸/西本邦男





絵金蔵では、職員を募集しております。


【仕事内容】
*絵金蔵の管理運営

*接客、展覧会・イベントなどの企画運営補助

*一般事務
 パソコンによる資料の作成・整理
 (ワード・エクセルなどを使用)

です。



求人情報→ハローワークインターネットサービス
一番下の欄の求人番号に「39012-2165041」と入力の上、検索して下さい。


■忠臣二度目清書 寺岡切腹(ちゅうしんにどめのきよがき てらおかせっぷく)
 香南市赤岡町横町二区所蔵
横2・忠臣二度目清書

■義経千本桜 鮓屋(よしつねせんぼんざくら すしや)
 香南市赤岡町本町4区所蔵
本4・義経千本桜

ページ上部へ