最新コメント
アーカイブ

2013年06月の記事

赤岡の夏祭りが行われる期間に合わせて、
絵金蔵では毎年特別展示を開催しています。
(特別展示のチラシはこちら

◆絵金祭り特別展示◆

絵金蔵第1展示室にて

期間:7月2日(火)~21日(日)
香南市周辺に伝わる芝居絵屏風を展示
初出品作品5点を含む7点の芝居絵屏風


絵金蔵第2展示室内展示ケースにて
期間:7月2日(火)~8月25日(日)
絵金筆掛軸を初公開。白描、絵馬を展示

◆絵金白描展示
絵金蔵土間ホール他

期間:7月9日(火)~28日(日)
絵金の白描画を展示

◆第2回えくらべ展
赤岡町商店街
期間:7月14日(日)、15日(月・祝)、20日(土)、21日(日)
現代作家による屏風作品が、絵金屏風の並ぶ商店街に
展示されます。ご来場の皆さまの投票で大賞を決定

7月14日(日)、15日(月・祝)、20日(土)、21日(日)は、
絵金蔵は夜間開館をしております(18時~20時まで)。
※17時~18時までは準備のため一時閉館します。

皆さまのお越しをお待ちしております!

沢マンギャラリーroom38にて、
絵金祭りシーズンに連動した
企画展示、「赤い展示」が開催されます。
赤い展示DM

















「赤」をテーマに、
赤い絵と赤い本を展示販売。
12名の作家さんが参加されており、
昨年のえくらべ展に出品して
くださった村岡マサヒロさんも
いらっしゃいます。

この沢田マンションの横にある真宗寺山には
絵金さんのお墓があるので、room38で
展示を楽しんだ後、絵金さんのお墓参り…
というコースはいかがでしょう?

赤岡須留田八幡宮神祭の前の日、
7月13日からの開催です

「赤い展示」
場所:沢マンギャラリーroom38
会期:7月13日~7月23日
出品作家:画賊 きくちちき コマツシンヤ 
瀬戸雄史 関野宏子 谷口朋栄 根本敬 
広瀬ひかり 三本美春 武藤良子 
村岡マサヒロ 山本精一
本の出品:ブックギャラリーポポタム な夕書
営業時間:13時~19時、10時30分~19時(土・日・祝)
休廊日:水曜  入場無料

room38のHPはこちら↓
http://sawaman-room38.com/web/


毎年旧暦6月17日に、南国市十市の札場で行われていた芝居絵公開ですが、
平成25年・26年は公開を休止することになったとのことです。

地区中心の三叉路にある札場。
普段は掲示板として利用されているのですが、
祭りの夜には芝居絵屏風が登場します。
もともとは絵馬堂もあり、近くの禅師峰寺の観音のお十七夜に出されていました。


残念なお知らせですが、27年以降、公開できますよう願っています。

IMG_9678














*平成21年度 南国市十市 札場地区芝居絵公開の様子

618忘れ物












<黒の折りたたみ傘>

発見日時:6月18日
発見場所:絵金蔵1F受付
発見時間:お昼頃
本日のご入館者様だと思います。
お心あたりのある方は、絵金蔵までお問い合わせください。

なお、本日より1ヶ月間お預かりし保管させていただきますが、
ご連絡のない場合、勝手ながら処分させていただきます。
悪しからずご了承ください。

絵金蔵では7月より勤務いただける
臨時職員の方を募集しています。

接客業務も含めた一般事務職です。
ご興味のある方がいらっしゃいましたら、
要項をご確認の上、
当館までご連絡ください。

募集要項
http://blog.ekingura.com/pdf/syokuinbosyu.pdf

今年はじめて、絵金祭りのパンフレットができました。
絵金祭りの37年の歴史、概要を
分かりやすくお伝えするため、
絵金祭り実行委員メンバーたちと共に、
編集いたしました。
ご意見、ご感想などいただけたら幸いです。

また当日用プログラムもご用意しています。

配布はまだはじまっていませんが、
絵金蔵ブログをご覧の皆様に、
一足お先にプログラムを公開いたします。
ご来場の際のご参考になさってください。

絵金祭りパンフレット表紙
絵金祭パンフ表紙












印刷用PDF(A4サイズ)
http://blog.ekingura.com/pdf/6.9H25ekinmatsuripanf.pdf


第37回絵金祭りプログラム(クリックで拡大サイズ表示)↓
H25絵金祭りプログラム最終-1



















印刷用PDF(A4サイズ)
http://blog.ekingura.com/pdf/H25ekinmaturiplo-saisyu.pdf

また7月2日から、絵金蔵では祭りにあわせた
さまざまな特別展示を行っています。

展示が途絶えていた香南市や南国市の芝居絵屏風のほか、
白描や初出品となる絵金筆の掛け軸など、
この機会に、ぜひご堪能ください。

昨年ご好評いただいた「えくらべ展」も、
どうかお楽しみに!

絵金蔵絵金祭り特別企画チラシ
http://blog.ekingura.com/pdf/H25ekinguratirasi.pdf



絵金祭りお問い合せ先

土佐赤岡絵金祭り実行委員会事務局
(香南市商工会内 ※土・日・祝日は休みです)
0887-54-3014
香南市観光協会
http://www.kounan-navi.com/
0887-56-5200





nanao本日発売の
着物雑誌『七緒 vol.34』にて、
赤岡の町が紹介されました。

「南国土佐で“絵金”と出会う旅」と題し、
赤岡からはおなじみとさを商店さん、道(タオ)さん、
そして絵金蔵も紹介されています

公式HPでは少しだけ
立ち読みができますので、
ぜひのぞいてみてくださいね!





『七緒』公式サイトはこちら↓
http://www.president.co.jp/nanaoh/

前回ブログでご紹介した、
NHK総合「心の音色を描く~片岡鶴太郎 高知の旅~」

2013年6月8日(日)午後3時5分~3時34分の時間で
再放送されます。

前回見逃してしまった方、この機会をお見逃しなく!


番組詳細は↓
http://www.nhk.or.jp/kochi/program/recommend/tsurutaro/

現在、香美市立美術館さんで「片岡鶴太郎展」開催中です↓
http://www.city.kami.kochi.jp/site/bijutukan/kikakuten47.html

現在、高知県立美術館さんで
開催中の企画展「祝!開館20周年記念 We Love高知の美術」

(後期:「高知の日本画家たち」)
にて、絵金作品が展示されています。
作品は以下の2点。

・「伊達娘恋緋鹿子 櫓のお七」
・「太平記忠臣講釈 七条河原惣嫁宿」

壬生水石や河田小龍の作品も展示されています。
また、会期中毎週土曜13時からギャラリートークが行われています。

見応えあります!みなさまぜひご覧になってください。


詳細は、高知県立美術館HP↓
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/exhibition/collection/2013/2013we_love_kochi.html

日増しに気温が高くなり、
夏が近づいてきましたね。

絵金祭りまであと約一ヶ月半です。
現在決まっている絵金祭りの内容を
お知らせいたします。

第37回土佐赤岡絵金祭り
【場所】
香南市赤岡町本町・横町商店街
【開催日】
平成25年7月20日(土)・21日(日)
【開始時間】
午後6時~午後9時
【芝居絵屏風展示開始時間】
午後7時~午後9時
【駐車場】
祭り会場近辺に無料駐車場あり

毎年恒例ビアガーデン、ステージライブ等も
お楽しみに

そして絵金蔵も、恒例の特別企画展、
夜間開館を行います。


詳細は近日中にUPいたします

絵金祭りについてのお問い合わせは
土佐赤岡絵金祭り実行委員会事務局
(香南市商工会内 ※土・日・祝日は休みです)
0887-54-3014
香南市観光協会
http://www.kounan-navi.com/
0887-56-5200





ページ上部へ