今回は新しい企画展のお知らせです。


第2展示室の展示ケースにて、2/5(火)より

企画展 清盛への企て がはじまりました!


▼展示の様子
清盛への企て


当館所蔵の絵金派による芝居絵屏風
平家女護島 鬼界が島の俊寛へいけにょごのしま きかいがしまのしゅんかん)》を展示しています。


平家女護島(人形浄瑠璃、後に歌舞伎化)は、
平家の栄華と没落を描いた日本屈指の軍記物『平家物語』に取材した作品で、
平清盛や牛若丸、俊寛の活躍を劇化したものです。

この作品でとくに有名で、よく上演されるのが
本作にも描かれた二段目の《鬼界が島の段》で、『俊寛』と通称されます。



ここで俊寛のご説明を。

  ◆ 俊寛(しゅんかん)って? ◆
  『平家物語』に登場する法勝寺の執行(僧職の名称)俊寛僧都がモデル。
  1177年に、平清盛により幽閉されている後白河法皇の近臣が集まって
  平氏追討の謀議をしたことが清盛に伝わり、
  俊寛は丹波少将成経(たんばのしょうしょうなりつね)
  平判官康頼入道(たいらのはんがんやすよりにゅうどう)とともに
  九州薩摩の鬼界が島(現在の硫黄島といわれる)に流刑となりました。




俊寛らが話していた内容は、こちら。
「後白河法皇に猿楽を仕れといわれ、瓶子の首を取ってみせた」


瓶子とは主に酒器として用いられる壷の一種で、
ここでは平氏に瓶子をかけて会話を盛り上げた、という他愛もないものでした。

それでもしかし、捕縛されて流刑にされてしまった、という記載から
政権を握る者への冒涜は少しでも見逃せない、
という当時の世間を満たす固く厳しい風潮が感じられます。




また、この作品の右上には、
遠ざかっていく赦免船に向かって俊寛が大きく手を伸ばす様子が見て取れます。

この描写は歌舞伎の演出にも見られ、
この段の幕切れに大きな岩が現れ、岩の上に残された俊寛が
赦免船に向かって「おおい、おおい」と手を振る悲壮感漂う姿が印象に残ります。


その後、俊寛は松の枝に手をかけて伸び上がろうとするが、その枝が折れ
茫然としたまま幕を閉める、という初代中村吉右衛門の演出も有名です。




そもそもこの作品は 近松門左衛門 によるもので、
《鬼界が島の段》は『平家物語』の巻三『足摺(あしずり)』を劇化したもの。


原作では、ある出来事により鬼界が島の流人に赦文が下され、
ともに流刑になった少将成経と康頼法師は赦免船に乗って帰洛しますが
俊寛はひとり島に置き去りにされてしまいます。

このように『平家物語』に描かれている俊寛は 受難の人 という印象ですが
近松はここに独自の解釈を加えて再創造し、
未来ある若者たちのため、また妻への愛のため、
自ら島に残ることを決意する 英雄的な人間像 を作り上げました。



ここに挙げた脚本・演出などが功を奏し、
現在でも評判の高い、近松作の時代物を代表する名作となっているのです。




今回紹介した作品のほか、

源平の合戦で活躍した源氏方の武将・熊谷次郎直実との最期の戦いによって
現在まで語られる夭折の武士・平敦盛(たいらのあつもり)を描いた白描など

平安時代末期に政権を握った『平清盛』の一族・平家に関連する作品を紹介しています。





まだ少し寒い日は続くようですが、少しずつ暖かい日も増えてきますね。

お休みの日にはぜひ本企画展をご覧になりにお越しください。





会期は以下の通りです。




清盛への企て

2019年3月31日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。






たくさんのご来館、お待ちしております



さて2月になりました。
9・10・11日の開館14周年記念企画も近づいて参りましたね。

そんな折に新しいグッズのお知らせです!



2月11日に、絵金蔵が開館14周年を迎えることを記念して、

絵金蔵】芝居絵屏風ペーパークラフト 新発売!
※開館14周年記念企画の初日、2月9日~販売開始。


絵金蔵ペーパークラフトチラシ-compressed-001




このポストカードサイズのペーパークラフト、
ハサミで切って組み立てれば、なんと

手のひらサイズのろうそく付き芝居絵屏風が完成!

家に居ながら、絵金祭りの風景を再現できます!
家の魔除けとなること間違いなし。


現在のところ、絵柄は以下の4種類からお選びいただけます。

・浮世塚比翼稲妻 鈴ヶ森(本町1区所蔵)
・伊達競阿国戯場 累(本町2区所蔵)
・義経千本桜 鮓屋(本町4区所蔵)
・播州皿屋敷 鉄山下屋敷(横町2区所蔵)




組み立て前はポストカードとしてご利用いただけるので
旅先からの便りとしてお使いいただくのも、趣きがあってよさそう。

(ちなみに絵金蔵の近くには郵便局もありますよ。)



赤岡町を訪れたお土産にいかがでしょうか!



2月9日・10日・11日は3連休。

ご予定はもうお決まりですか?


なんと絵金蔵は2月11日で 開館14周年 を迎えます!


「何とか赤岡町を盛り上げたい」
「何度も訪れたくなる町にできないものか…」


町の人々が幾度もワークショップを重ねて
ついに実現した絵金の美術館・絵金蔵が14周年。


メディアの紹介で知った県外からのお客様や、県内のご家族連れ、
絵金がお好きで何度も何度も訪れて下さるお客様。
そんな皆様のおかげ様での14周年です!

小さな美術館ではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします!



そんな皆様への感謝の気持ちを込めまして
3連休に開館14周年記念特別企画としてイベントを開催します。


14周年記念_広報用


ご用意したものはふたつ。


《 その一 》

3日間だけの入館料割引!

◆大人   500円 ➡ 300円
◆高校生  300円 ➡ 無料
 小中学生 150円


《 その二 》

3日間×30名様にスペシャルプレゼント!

 ① 絵金蔵に入館する。
 ② 受付でプレゼント引換券のくじを引く。
 ③ 絵金蔵を楽しむ!
 ④ 引換券に書かれた商店へ行く。
 ⑤ プレゼントをゲット!


絵金蔵にご入館いただいた方のうち、
各日先着30名様は、受付でくじを引いていただけます。
※有料入館者(大人)のみ

引いたプレゼント引換券に書かれている商店へ行っていただくと
商店それぞれのプレゼントをお渡しします。

どの商店 の どんなプレゼント かはくじを引いてからのお楽しみ!


3日間で合計90名様限定ですので、
プレゼントが気になる方はお早めにご来館くださいね。


▼気になる参加商店はコチラ
 ・高木酒造
 ・西川屋老舗
 ・とさを商店
 ・山崎利助商店
 ・おっこう屋
 ・エディオン えうち電気
 ・浜田化粧品店
 ・メガネ・時計・ジュエリー KUMON


プレゼントの商店への道すがら、赤岡の町歩きもお楽しみください。
とっても小さな赤岡町ですが、実はいろんなものがあるんです♪

▼町歩きマップ
14周年記念チラシ裏




2月の3連休、どこに行こうか考え中の皆様はぜひ赤岡町へ!

たくさんのご来館をお待ちしております。




▼イベント概要

絵金蔵開館14周年記念企画

◆開催日   2019年 2月 9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)
◆開館時間  9:00 ~ 17:00(最終入館 16:30)
◆会場    絵金蔵
赤岡町




皆さま、新年あけましておめでとうございます
本年も絵金蔵をどうぞよろしくお願いいたします



さて、第2展示室の展示ケースにて

お正月展示『初夢で逢えたら』 を開催中です。

お正月展示 初夢で逢えたら



当館収蔵作品の中から、おめでたい作品を展示しています。


展示作品の中で最もお正月らしいのが お正月様 (上画像参照)
どういった方の絵なのでしょうか?


 お正月様

 別名「歳徳神(としとくじん)」「年神様」ともいわれている神様。
 豊作をもたらす神様で、一年の幸福をもたらすために各家庭にやってくる
 祖先神とも考えられている。



こちらの歳徳神を見るには、一部の神社で配札している「歳神御神影札(としがみおみえふだ)
をご覧いただいたら良いようです。

ちなみにこの御神影札に描かれている姿は《お正月様》そっくり。
また、お正月の期間、神様の依り代は鏡餅だそう。
(《お正月様》のシルエットは鏡餅に似ていますね  )


御神影札は神棚に貼るもので、
絵金の描いた掛軸である《お正月様》は少し様式が異なりますが
お正月をお祝いし、一年の健康や幸福を願う気持ちが詰まっていることに
変わりはない作品だと思います。



《お正月様》をご覧いただき、素晴らしい一年となりますように。






会期は以下の通りです。



お正月展示 『初夢で逢えたら』

2019年2月3日(日)まで

開館時間 9時~17時  ※入館締切は16時30分となります。



今年も絵金蔵におこしいただき、ありがとうございました 

本年の営業は
12月28日(金)が最終日です。



絵金蔵の年末年始休館は、

12月29日(土)~1月3日(木)

となっております。

1月4日(金)朝9時より通常通り開館いたしますのでぜひおこしください 



2018年も幕末維新博2年目ということもあり、たくさんのお客様にご来館いただきました。
10・11月の応急修理を公開した際には
絵金さんのファンの方や文化財の修理にご興味ある方がいらっしゃっていただけたのが
大変印象深かったと同時に、しっかりと絵金作品を守っていかなくてはと身の引き締まる思いでした。

2019年も様々な展示や催しなど考えておりますので是非ご来館ください。

それでは皆様よいお年をお過ごしくださいませ

ページ上部へ