本日7月5日!ついに
『絵金、闇を塗る』発売となります!!!!

著者の木下昌輝さんは著書『宇喜多の楽土』が2018年の直木賞候補にノミネート
されている実力派です!

みなさん、是非お買い求めください!


そしてなんとなんと、絵金祭りが開催される
7月21日㈯には赤岡町内の赤れんが商家にてサイン会が開催されます。

この機会をお見逃しなく!!!!!


画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト




台風が近いため、激しい風が吹き荒れておりますが
絵金蔵は雨にも負けず、風にも負けず営業中でございます!

h30絵金祭り特別展フライヤー表




さて本日より、ついに夏の特別展スタートいたしました。

メインの展示は横のぼり展。
絵金のお弟子さんの描いた長さ5メートルもある大作は見ごたえ十分!
絵金蔵では初めての展示させていただく作品で、三十年以上も人の目に触れずひっそりと眠っていたものです!
そして春野町からお借りしてきた芝居絵屏風の展示もございます。
こちらは明日からの展示となりますので乞うご期待!


そして白描展。こちらは絵金が墨のみで描いた作品たちの展示です。
墨の濃淡だけで表現された人物や、動物たち。絵金の画力の高さがうかがえます。
今年は赤岡町内の街灯のデザインにも用いられている作品を展示しておりますので、
展示をみていただいた後、探しに町歩き行くこともおすすめです。


最後に5分の1展
作品安全上、赤岡の宵闇の中で見ることは叶わない2017年に帰ってきた5点の芝居絵屏風を
館内の展示ケース内にて展示いたします。
修理を終えてより一層美しくなった5点を5週間に渡り順番にお披露目します。


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、当館の見どころ蔵の穴ですがっ7月3日、第二展示室の展示替えのため
終日ご覧になれませんのでご了承ください。





皆様のお越しをお待ちしております




展示日程
7/3(火)‐7/22(日)横のぼり展
7/4(水)‐8/5(日)5分の1展
7/3(火)‐7/29(日)白描展





皆さまこんにちは、絵金祭りがだんだんと近づいてきましたね!
絵金蔵は準備で大忙しです。


さて、来月7月1日に『天の美禄 ~恋せよ日本酒~』高知編がBSフジにて放送されます!
夏木マリさんが四国お遍路88カ所巡りならぬ、日本酒88カ所巡りを敢行!
日本酒の魅力を探訪するすてきな番組でございます!

高知編では、赤岡に酒蔵を構える高木酒造さんが取り上げられており、絵金蔵も紹介されます。

皆さまぜひぜひご覧ください。

いやー、夏木マリさんほんとにオーラのある素敵な方でした



放送時間:7月1日(日) 12:00~13:

7月より絵金蔵では、様々な展示、イベントを行います。

そちらの展示準備の関係で、
7月3日(火)、終日第2展示室「蔵の穴」がご覧になれません。

※他の展示室は通常通りご覧いただけますが、
第2展示室と第3展示室をつなぐ螺旋階段も
ご利用いただけませんので、ご注意ください。

観覧を楽しみにしていただいている方には、
大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解の程よろしくお願いいたします。

7月21日(土)・22日(日)の絵金祭りイベントのタイムスケジュールが決定いたしました


絵金蔵は、
9時~17:00まで 絵金蔵開館(特別展開催しております!)
17:00で 一旦閉館後、18:00~は絵金蔵夜間開館致します。(昼夜チケット共通です)



土佐絵金歌舞伎伝承会の歌舞伎公演、ビアガーデンやお化け屋敷などなどイベント盛りだくさんです。

絵金さんの屏風絵を外でご覧頂けるのは1年にこの時期だけですので、

是非 赤岡町に足をお運びください

ページ上部へ