絵金蔵と赤れんがの商家~赤岡の魅力に迫る~




香南市教育委員会が企画する、香南市の歴史や文化を考える文化財講座。

これまで「地形と地質」「遺跡の発掘」など多様なテーマで開催されてきましたが、

5弾となる今回のテーマは「赤岡のまちづくりの歴史」です!

絵金、そしてどこか昔懐かしい町並みを生かしたまちづくりを
ふたりの「メグミ」が語ります。
講演後は町歩きを楽しみながら絵金蔵・赤れんが商家を訪ねます。


申し込みは不要です。直接会場へお越しください

 

日時:218日(土) 13:0017:00

場所:弁天座、絵金蔵~赤れんが商家 散策

講師:横田恵(絵金蔵福蔵長)、北山めぐみ(絵金のまちP

受講料:500円(絵金蔵入場料・保険料含む) 高校生以下無料

問い合わせ:香南市文化財センター 0887-54-2296

新橋演舞場にて三代目市川右團次襲名披露公演
「壽新春大歌舞伎」『雙生隅田川』が上演されます。


期間:平成29年1月3日(火)~27日(金)まで
場所:新橋演舞場

猿島惣太後に七郎天狗、そして軍介を、市川右近改め三代目市川右團次さんが演じます。
歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人のインタビューにおいて絵金のことについても触れられていますので
詳細はそちらでご確認ください。


また、絵金の書き残した雙生隅田川の絵が朝倉神社の祭礼(7月24日)にて公開されますのでそちらもぜひご覧ください。
 
1208kc_03_06
祭礼の様子


絵金蔵平成29211をもちまして
開館12周年を迎えることになります。

今年1月より新たなスタッフも加わり、
よりいっそう絵金蔵そして赤岡町を盛り上げてまいりたいと思います。
今後も引き続き変わらぬご支援を何卒よろしくお願い致します

つきましては、今年は入館したお客様30名様に

先着で芝居絵の「飛び出すミニミニ屏風」を差し上げます

こちらはカードを開くと、屏風が飛び出す仕組みです。

一緒にご用意する台紙に固定すれば飾ることもできます。

一家に一隻、「飛び出すミニミニ屏風」

この機会にお誘いあわせの上、是非絵金蔵にお越しくださいませ

飛び出すミニミニ屏風

新年あけましておめでとうございます。

2017年も絵金蔵をどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、本日14日より第2展示室エアタイトケース内の展示が新しくなりました。

 

20170104_blog

 

香南市赤岡町・須留田八幡宮所蔵より、河田小龍が描いた絵馬「佐久間盛政、羽柴秀吉図」を展示しています。

 

河田小龍は、絵金の弟子であり、維新の志士とも交流のあった幕末明治に活躍した絵師です。力強い筆致で描かれた佐久間盛政と羽柴秀吉の戦いをぜひご覧ください。

 

また、絵金も同じ画題を描いておりそのレプリカが土間ホールに展示していますので合わせてお楽しみください。

 

会期情報

201714日(水)~20174月9日(木)

午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)

絵金蔵の観覧料のみでご覧いただけます

今年も絵金蔵におこしいただき、ありがとうございました

本年の営業は本日12月28日が最終日です。

休館日は12月29日木曜~1月3日火曜となっております

1月4日朝9時より通常通り開館いたしますのでぜひおこしください


2016年も多くの皆様に支えられ、絵金蔵もよい1年間となりました。
2017年はよりよい年にできるようスタッフ一同努めてまいります。

皆様もよいお年をお過ごしください。




ページ上部へ