5月1日(火)は、通常開館いたします。
(9時~17時、入館は16時30分まで)

したがって、4月24日(火)~5月5日(日)まで毎日開館、
5月7日(月)休館となります。




皆さまのお越しをお待ちいたしております。


明治9年、3月8日。
絵金は、数え年65歳でこの世を去りました。


絵金蔵のスタッフは毎年、絵金の命日にお墓参りを行っています。
今年は職員・運営委員会・ボランティアの11名で行ってきました。


お墓は、ちょっと意外かもしれませんが、高知市薊野・真宗寺山の中にあり、
近くには高知IC、ヤマダ電機、TSUTAYA、沢田マンションなどがありますが、その北側の山が真宗寺山です。


山への入り口近く、沢田マンションの外壁には、案内板があります。
P1010312.JPG


これを見ると、たくさんの土佐の著名人のお墓がありますね。
「岡田以蔵」のお墓もあります。



この案内板から左手の電柱に、入り口の案内が見えますので、ここから山に入ります。

P1010311.JPG







山道は結構急な坂道ですので、ご注意を。


P1010310.JPG






ところどころに矢印があるので、これを辿っていきます。

P1010303.JPG





お墓に着いたら、まずお掃除。

P1010285.JPG





お供え物をして、絵金さんが大好きだったというお酒もたっぷりかけてあげます。

P1010300.JPG





そしてお参り。
「一年間お世話になりました」
「今年もよろしくお願いします」
「これからも、天から見守っていてください」
などなど、思い思いに声をかけます。

P1010291.JPG




お参りの後は、お供え物が荒らされないうちに、みんなでいただきました。

桜餅です。

P1010294.JPG




帰りには、同じ山にある岡田以蔵のお墓も見てきました。

P1010308.JPG











ちなみに、山に生えている竹には、こんな文字が書かれてありました。

P1010305.JPG

「竹の子盗るな」。
心無い人もいるのですね。
気をつけましょう。








絵金さんのお墓は、高知の中心部からもほど近く、交通の便もよいので、ご興味のある方は、是非足を運んでみてください。

きっと絵金さんも喜びます。



2月11日の夜間無料開放は、
おかげさまで90名の「香南市民」の方々にお越しくださいました。


IMG_1525[1].jpg


寒い中、絵金蔵までお越しくださった皆様、
本当にありがとうございました。



2時間半で90名。
小さな小さな絵金蔵の規模を考えれば
「ぼっちり」のお客様の数だったと思います。

混雑もなく、ゆっくり見ていただけたのではないでしょうか。


IMG_1524[1].jpg




2年間絵金蔵で働いていて驚いたことは、
絵金の絵や、絵金蔵の活動に興味を持って下さっている
高知県外の方が、とても多いことです。

「一度絵金の絵を見てみたかった」
「今度は絵金祭りにも来てみたい」
と声を掛けてくれます。

正確な数は測っていませんが、
おそらく、絵金蔵にお越しくださるお客様の半数近くは、
県外からのお客様ではないでしょうか。



香南市の皆様にも、
地域に絵金のような
「県外の方にも注目してもらえるようなもの」
があることを、もっともっと知っていただきたい、
という思いで、今回の企画を行いました。



また市民の方に楽しんでいただける企画を考えていきたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。

今日は絵金蔵開館2周年。
朝から多くのお客様に来ていただいています。

夜の無料開放はどのくらいの市民の方がいらっしゃるのか、期待半分、不安半分といったところです。

P1010249.JPG 




さて、このたび絵金蔵は、新しいお土産を販売することとなりました。

その名も「絵金蔵シール」。

P1010248.JPG


赤岡の町のいたるところに貼られている、絵金蔵ポスターと同じデザインのシールです。

パッケージデザインは、全体を蔵に見立ててあります。
屋根の上で丸まっている猫ちゃんがポイントです。

このパッケージは、運営委員会の澤田さんのデザイン。
絵金蔵に展示されている町並みミニチュアを作った「赤岡昭和町並み作家」さんでもあります。
komegura.jpg



毎日絵金蔵のボランティアさんが、一つ一つ丁寧に作っています。
P1010242.JPG




24枚入りで300円。
お手紙の封かんや、親しい方へのお土産にいかがでしょうか。


2月11日、おかげさまで絵金蔵は2周年を迎えます。



絵金蔵のある赤岡町は、去年の3月に香南市へと合併しましたが、
絵金の芝居絵屏風や絵金蔵も
「赤岡町の宝物」から「香南市の宝物」になることができたら
と、私たちは望んでいます。

そこで、合併を通じて「仲間」となった香南市民の皆様にも、
絵金の描いた芝居絵の魅力や、絵金蔵の活動を知っていただきたいと思い、
絵金蔵2周年に当たる2月11日の夜間を、
香南市民対象に、無料開放することといたしました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


絵金蔵2周年記念企画
香南市民対象 無料開放

2.jpg


日時:平成19年2月11日(日祝)
   17:30~20:00(入館は19:30まで)

※昼間(9:00~17:00)は通常開館いたします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なお、2月11日(日祝)~18日(日)までの毎日、
香南市民に限らず、先着20名の入館者の方に、

通常絵金蔵で販売している「絵金絵葉書集」をプレゼントいたします。



みなさまのお越しをお待ちいたしております。

ページ上部へ