須留田八幡宮の宵宮(7月14日)に合わせた
絵金蔵の夜間開館については、現在検討中です。
決定次第、ブログとHPにてお知らせいたします。

ekin.jpg

絵金祭りのカテゴリを作りました。
詳細が決まり次第、随時アップしていきます。


続きを読む

ohenro.jpg

絵金蔵にはお遍路さんがしばしば立ち寄られます。
今日も開館前にたくさんのお遍路さんご一行が。
急いで外のトイレを開け、お客様おもてなし用の麦茶タンクを準備。
帰り際、たくさんの方にお札をいただきました。

遍路道ならでは。



※個人情報保護のため、キューピーを置いております。

cup2.jpg 

絵金蔵には、展示室に入る手前に、土間ホールがあって、
そこは、珈琲やお抹茶を飲めるサロンスペースとなっています。
来てくださった方の興味が繋がる場所になればという思いがありますから、
絵金や歌舞伎、赤岡や絵金蔵についての資料コーナーや
近隣施設の案内やイベント案内などのパンフレットコーナーも設け、
ちょっとずつではありますが、充実をはかっております。

続きを読む

絵金蔵のいたるところに飾られているお花は、ボランティアさんの家のお庭で咲いているもの。
数日おきに、お花を替えにきてくれます。
飾ってくれる素朴な花々は、絵金蔵の雰囲気にぴったり。お客様にも好評です。



今日は、珍しいお花が届きました。

musasiabumi1.JPG

なんとも奇妙なお姿。
ムサシアブミ(武蔵鐙)といいます。


(学名)Arisaema ringens
サトイモ科 テンナンショウ属 球根植物


海辺で育つ植物だそうで、ボラさんの家の畑では、「これでもかっ」というくらいよく育っているそうです。
さすが海辺の町、赤岡。

musasiabumi2.JPG
黒紫色の茎の部分を鐙に見立てて、この名前がつきました。

アブミ(鐙)とは、馬に乗るとき足をかける所だそう。
武蔵国の鐙がとくに優れていたといわれています。



…でも私には、ハンチング帽をかぶった黒ひげのおじさん、もしくは仮面ライダーに出てきそうな怪獣にしか見えません…。

このように、絵金蔵には時々おもしろいお花が飾られています。

ページ上部へ