11月3日(土)は、須留田八幡宮の秋祭り。

赤岡の絵金の芝居絵屏風は、須留田八幡宮の夏祭りに出されるとあって、絵金にゆかりのある神社です。


この秋祭りでは、町の若い衆が演じる獅子舞が見どころ。

百年以上も絶やされていた須留田八幡宮の獅子舞でしたが、
手探りながらも2002年に復活を果たしました。

(詳しくはこちら

400年以上も歴史のある香我美町・若一王子宮の獅子舞をベースとしながら、毎年進化している舞なのです。



9.10 054.jpg



9.10 059.jpg


こういった文化の継承が廃れていく中で、若者が立ち上がり、
復活を経て、また新しい文化を作り上げていく…
そんなエネルギーが感じられる獅子舞です。

赤岡の子どもたちにも人気で、
「将来、天狗になるんだ!」と意気込むチビッ子も。
町中を練り歩く獅子舞の後を、たくさんの子供たちが付いて回る光景は、なんだか懐かしく、またほほえましく思えます。


絵金蔵から少し北の須留田八幡宮から、いくつかのお旅所で演じられるのですが、
絵金蔵開館以来、絵金蔵前でも演じていただいています。


去年は絵金蔵のお向かいは工事中でしたが、
今年は弁天座も建ち、また去年までとは違った雰囲気で楽しんでいただけると思います。

絵金蔵前には、通常午後3時~3時30分くらいに到着予定です。



絵金蔵にお越しのお客様、ぜひエネルギー溢れる獅子舞をお楽しみくださいね。
お待ちしております。


昨晩、赤岡のあるところで町のおかみさんたちが集まり、せっせと作っていたのは…




20071029202054.jpg


ジャック・オ・ランタン!


一つ一つに個性のある顔。
右端のランタンは、「上顎の入れ歯が取れている」
(制作メンバーの一人、よしこさん談)
のだそうです。


今晩から、赤岡町本町周辺の通りで並びます。


もしお近くをお通りの際は、赤岡の旧道をのぞいてみてくださいね。




また、絵金蔵開館中、受付にてひとつまみのお菓子をお配りしています。
数日間お配りする予定です。

20071030123523.jpg

長い間アクセスできなかった絵金蔵ホームページですが、
やっと復旧いたしました。

皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

また随時アップしていきますので、よろしくお願いいたします。





なお、今回の復旧に際して多大なご協力をいただきました
高知工科大学卒業生・石井勇太さん、
絵金蔵運営委員会より、この場をお借りして御礼申し上げます。

10月11~14日に行われた「天守物語」高知城公演。

img012.gif



県内九劇団でつくる「高知演劇ネットワーク・演会」の皆さんが
高知城二ノ丸を舞台に、泉鏡花の「天守物語」を演じます。

ライトアップされた高知城を背景に、夢幻の世界が広がりました。

src="http://blog.ekingura.com/image/CIMG0531-thumbnail2.JPG" width="150" height="112" border="0" align="" alt="CIMG0531.JPG" />CIMG0535.JPGCIMG0551.JPG
CIMG0549.JPGCIMG0561.JPGCIMG0554.JPG
CIMG0568.JPGCIMG0569.JPGP1010799.JPG


追手門をくぐると、「シャトーマルシェ」。
カフェや県内作家さんたちのお店などが並びました。



そして二の丸への石段には、赤岡町から絵金の芝居絵屏風のレプリカを並べ、
演出のお手伝いをしました。

明かりが少し暗くて、いつもより見えにくかったですが、
不思議な空間へいざなう雰囲気を演出するお手伝いができました。


高知城公演で好評だったこの「天守物語」。
11月10日(土)・11日(日)には、絵金蔵のお向かい、弁天座にもやってきます!!

本格的な芝居小屋・弁天座での公演は、
高知城の野外ステージとはまた違った雰囲気になりそうです。

赤岡ではどんな演出になるのでしょうか?

乞うご期待!


赤岡の街やこの「天守物語」には、着物がとっても似合うと思います。
弁天座公演にお越しの方は、ぜひお着物でお越しくださいね。




【「天守物語」弁天座公演】
◎日時
11月10日(土) 19時開演
11月11日(日) 15時開演
(会場は開演30分前)

◎入場料
一般前売 2,000円
一般当日 2,500円
高校生以下1,000円

◎公演お問い合わせ
赤岡町弁天座         
〒781-5310高知県香南市赤岡町795         
tel/fax 0887-57-3060
         bentenza@me.pikara.ne.jp
http://wwwa.pikara.ne.jp/bentenza

ただいま絵金蔵公式ホームページが見られなくなっています。

ご不便をおかけいたしておりますが、
復旧までもう少しお時間をくださいませ。


この絵金蔵ブログはアクセスできるようですので、
お知らせなどは、こちらにアップしていきます。



ページ上部へ