長期間に及ぶ自粛生活を終え、皆様いかがお過ごしでしょうか?
少しづつではありますが生活のリズムを取り戻されていることかと思います。

絵金蔵は5月19日より営業を再開し、新たな展示
絵金蔵15周年記念企画その3田辺寿男没後10年写真展 追憶の赤岡 絵金の町
6月2日㈫よりスタートいたしました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、
予定日よりも遅れましたが、
6月1日に絵金芝居絵屏風の本格修理 にむけて
作品が4点絵金蔵より搬出されました
※本格修理とは…屏風装の解体を含む大規模な保存修理のことです。

昨年度より始まった赤岡に残る芝居絵屏風の本格修理。
県外にも類を見ない独特の絵金文化を後世に残していくため、
多くの方々からの支援・ご寄付によりこの本格修理を実現することができました。
ご協力いただいたすべてのみなさまに心より御礼申し上げます。

2年目に当たる今年は以下4作品が修理業者様の元へと向かいます。

・花上野誉石碑 志度寺     (本町1区所蔵)

・浮世塚比翼稲妻 鈴ヶ森    (本町1区所蔵)

・菅原伝授手習鑑 寺子屋    (本町2区所蔵)

・木下陰狭間合戦 石川五右衛門 (本町2区所蔵)


これから1年間かけ、国内でもトップクラスの技術を持つ修理のプロの皆様により
この4点は洗浄したり剥がしたりと様々な処置が施されます。
屏風絵ってこんな構造になってるんだと驚かされること間違いなしの修理内容は
こちらのページよりご覧ください。
昨年の修理の様子をまとめた蔵通信番外編を掲載しております。

修理を終え綺麗になった姿をみなさまにお披露目できる日が楽しみです。

DSC_5828
▲作品を運び出す前のチェック

DSC_5836
▲美術品を扱う専用車両に乗っていざ出発!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、平成31年度に修理を終えた以下4点

・花衣いろは縁起 鷲の段    (本町2区所蔵)

・伊達競阿国戯場 累      (本町2区所蔵)

・東山桜荘子 佐倉宗吾子別れ  (本町2区所蔵)

・播州皿屋敷 鉄山下屋敷    (横町2区所蔵)

こちらも開催が延期となっておりましたが、本日6月2日より東京でスタートする
展覧会「奇才 江戸絵画の冒険者たち」にて初お披露目となります!
会場は江戸東京博物館です!

チケット情報や詳細はこちら 出展作品詳細はこちら

奇才チラシ裏

全国より集めた35人の奇才絵師たちの作品を一堂に集めた本展。
絵金の作品がメインビジュアルにも使われています!感激

山口県立美術館
【会期】2020年7月7日(火)~8月30日(日)
【主催】山口県立美術館、読売新聞社

あべのハルカス美術館
【会期】2020年9月12日(土)~11月8日(日)
【主催】あべのハルカス美術館、読売新聞社


上記会場にも巡回いたしますので、
皆様是非足をお運びください!!



絵金蔵では引き続きブログ等で経過をお伝えしてまいりますので
暖かい目で見守っていただきますようどうぞよろしくお願いいたします。








寄付のお願い
昨年度は多くの方々から寄付金をいただきましたが、
18隻全てとなるとまだまだ資金が不足していおります。

つきましては、土佐独特の絵画作品である
絵金の芝居絵屏風の安全な保存のため
また伝統ある土佐の絵金文化を後世へ伝えていくため、

引き続きどうぞ温かいご支援を賜りますよう、
赤岡絵金屏風保存会や絵金蔵、並びに関係者一同、
心よりお願い申し上げます。

薄っすらと汗ばむ日も増え、夏はもう目前に迫っている気がしますね。

高知の暑さは毎年強烈ですが、
マスクの着用がもはやエチケットとなっているこのご時世
夏の暑さが例年よりもつらいものになる予感しかしません

皆様どうぞ熱中症には十分にお気を付けください(´・ω・`)



さて、絵金蔵では今年2月11日に開館15周年を迎えたことを記念して、
映画上映会やプレゼントまち歩きなど記念企画を開催してまいりました。



これらに引き続き6月2日㈫より
絵金蔵15周年記念企画その3 
田辺寿男没後10年写真展 追憶の赤岡 絵金の町」
を開催いたします。

田辺寿男写真展-01



田辺寿男氏は高知に生まれ、高知で活躍した民俗写真家です。
昭和39年に土佐民俗学会、次いで日本民俗学会に入会、
その後県内を精力的に歩いて様々な民俗調査を行い
多くの論文や写真集を発表しました。



田辺氏は約5万点に及ぶ写真資料を残しており、
本展では須留田八幡宮神祭(宵宮祭り)の風景など
昭和40~50年代の赤岡の様子がわかる貴重な写真を厳選してご紹介いたします。

白黒で写された写真には、当時の人々の生活とともにある芝居絵屏風の姿が写し出されており、
どこか懐かしくあたたかな気持ちにさせられるものばかりです。
是非会場でご覧ください。



本展では「撮影された場所を歩いてみよう!田辺寿男展」
と題し展示している作品が撮影された場所を巡りながら
赤岡町を楽しむことができるミニ企画もごよういしております!
絵金蔵受付で町歩きマップを手に入れて赤岡町の町並みを楽しみながら
展示写真が撮られた場所を巡ってみませんか?
※入館料のみでご参加いただけます。




■会 期  2020年6月2日(火)-11月29日(日)
■場 所  絵金蔵土間ホール他 
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※感染症予防対策として展示内容の一部変更や、
入館者数の制限を行います。あらかじめご了承ください。


絵金蔵における新型コロナウイルス感染症の感染予防対策をご確認のうえ
ご理解くださいますようお願いいたします。
⇒ ⇒ ⇒ 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策内容 ⇐ ⇐ ⇐ 
※情勢によって開館状況は異なる場合がございます。最新の情報はHP等で発信してまいります。












コロナウイルス感染症予防・拡大防止のため
4月9日㈭~5月18日㈪まで臨時休館していた絵金蔵が、
5月19日㈫より開館を再開いたします!
※感染症予防対策として展示内容の一部変更や、入館者数の制限を行います。
 あらかじめご了承ください。


絵金蔵における新型コロナウイルス感染症の感染予防対策をご確認のうえ
ご理解くださいますようお願いいたします。
⇒ ⇒ ⇒ 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策内容 ⇐ ⇐ ⇐ 
※情勢によって開館状況は異なる場合がございます。最新の情報はHP等で発信してまいります。


只今企画展「土佐の端午」開催中!
ちょうど端午の節句の日は残念ながら休館となっておりましたが、
6月28日㈰までの展示となっております。

貴重な紙製の幟(約5年ぶりの展示)をぜひご覧ください。

土佐の端午タイトル

横幟展示 (1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

令和2年度の夏のお祭りに関しては
◆須留田八幡宮神祭での芝居絵屏風展示の中止
◆土佐赤岡絵金祭りの開催中止
が決定いたしましたが

絵金蔵ホームページ、新設された 絵金祭り公式サイト内でも
絵金に関する情報発信とう行ってまいりますので、少しでもお楽しみいただければ幸いです。



絵金蔵においても企画展や、夏の特別展示等開催予定ですので、
どうぞ絵金蔵そして赤岡町をお忘れなく~















祭り中止案内画像



トップページでのお知らせのとおり、

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、

令和2年度の土佐赤岡絵金祭りは中止となりました。

 

また、同様の理由から、

須留田八幡宮神祭での芝居絵屏風の屋外展示も中止
とさせていただきます。

 

よって、
令和2年度の本物の芝居絵屏風の屋外展示は全て中止
となります。

 

祭りでの展示を楽しみにされていた方には大変申し訳ございませんが、

皆さまの安全確保を最優先に検討いたしましたので

どうかご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

と、残念なお知らせばかりではなく、嬉しいお知らせもあります!

 

この度ついに・・・

土佐赤岡絵金祭り公式サイトが新規開設されましたー!!


▼サイトへはこちらかどうぞ!

URLhttps://ekinmatsuri.com/


絵金祭りサイトトップ
 

これまでは絵金蔵サイトや個々の情報発信サイトにて掲載しておりましたが
やっとやっと、公式サイトのオープンです。


こちらのサイトには、恒例イベントの情報掲載ページや
過去の祭りの様子を紹介するフォトライブラリー等の様々なコンテンツが盛り込まれ、
これらの祭りの全容を包括することにより
これまでよりさらに祭り情報を分かりやすく確認できるようになりました。

▼メニュー
絵金祭りサイトメニュー

▼フォトライブラリー等のコンテンツ
絵金祭りサイトコンテンツ01



残念ながら今年度の絵金祭りは中止となりましたが、
長く続く自粛生活の中でも皆様に楽しんでいただけるようなサイトとなっています。

 

勿論、絵金祭りについてだけではなく、
須留田八幡宮神祭や絵金などの絵金文化についてもご説明しており、
絵金芝居絵屏風の紹介やコラムも日替わりで公開されますので
そちらも是非ご覧くださいね!

 絵金祭りサイトコンテンツ02

 

 

できたばかりのサイトのため、
「絵金祭り」と検索しても上位に出てこない可能性が高いです。
こちらのURLhttps://ekinmatsuri.com/】からご確認ください。



これからも随時更新していく予定ですので
おうち時間のお供としてお楽しみくださいませ!



今年度のお祭りや屋外展示ができないことは悔しいですが、
絵金蔵の企画展ご自宅で祭りの雰囲気が楽しめるコンテンツなど
色々とこっそり計画していたり。


お神祭も絵金祭りができなくとも、
宵闇での芝居絵屏風の屋外展示ができなくとも、
やむなく休館とすることがあっても、

今できることをしていきながら絵金文化の発信に努めて参ります!

絵金蔵サイト

新設 絵金祭り公式サイト


どうぞお忘れないよう、時どき覗きに来てみてくださいね!
お待ちしております 


先日、分身ロボットOriHime(オリヒメ)を通じで、
福岡の高校生の女の子がご来館!
絵金蔵を見学いただきました~

OriHime
△絵金蔵にやってきたOriHime

高知新聞でご紹介いただいている記事はこちらから。
https://www.kochinews.co.jp/article/362743/



OriHimeとはなんだ?と思われた方も多いのではないでしょうか。
OriHimeは、外に出られない方や時にピッタリのロボットです。

ロボットと言っても、AIのようなものではなくあくまで「分身」。

遠くにいる方が、アプリをダウンロードして
スマフォなどの端末でOriHimeを操作します。

端末の画面には「はい」「うーん」などのボタンもあり、
そちらを押すとOriHimeが動きますっ!
その動きがなんとも愛らしいのです。

そういった動きがあるので、
作品の説明をしたり、質問してみても「そこに人がいる」というのが伝わってきます。
普段の解説とほとんど変わりません。
むしろ、第一展示室「闇と絵金」では暗い中、目が緑色に光り、
実際に人がいるより、存在感はありました^^

OriHime3

「テレビ電話」でいいんじゃない?と思われる方も多いかもしれませんが、
人の気配は感じるが、姿を見せなくていいという点が「テレビ電話」と異なります。

病気の方は、その姿を見せたくないという方も多いと聞きました。

OriHimeはそういった方の分身として、たくさんの方とコミュニケーションがとれるのです。

ちなみに眼や指先しか動かせない重度肢体不自由患者さんのための
OriHime eye+switch(オリヒメアイスイッチ)という意思伝達装置もあるそうなので、
例えばALSの方が遠くにいてもコミュニケーションが取れます。


今回、お試しでOriHimeを活用させていただいて
人と繋がる方法の一つを知ることができました。

こんな時期だからこそ、普通に人と会えていたことが
ありがたいと思っている方も多いと思います。

しかし難病の方やなんらかの理由で外に出られない方にとっては、
新型コロナウイルス感染症の流行に関係なく
そもそも人と繋がることが大変だったと思います。


実際に対応させていただいて
このOriHimeはそういった課題解決となる素晴らしいロボットだと
改めて気が付きました。

また絵金蔵での入館を通して、
例えば「映画館OriHime席」「美術館OriHimeチケット」「旅行OriHimeツアー」
のように市民権を持っていただけるほんのちょっとのきっかけとなれば幸いです^^


ご来館ありがとうございましたっっ また遊びに来ていただきたいです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人向けのレンタルも開始したようなので
興味のある方はこちら (限定30台だそうです)

ページ上部へ