アクトランド入館キャンペーン開催中!!
入館キャンペーン絵金蔵

絵金蔵のチケット半券をお持ちいただくと
大変お得な特典がいただけます。

どちらか一つ特典をお選びください。


①同伴の大人1名様につき、高校生以下の方、1名様入館無料
       or

②対象の展示館
「龍馬歴史館」「絵金派アートギャラリー」

「世界クラシックカー博物館」「ボンネットバス博物館」

「世界モデルカー博物館」「ニーオアフリカンギャラリー」

「KUMA' Sコンテナギャラリー」「世界偉人館」

のガイドブックから1冊お選びいただけます。


1月26日までとなっています!
皆さんお早めに!!


創造広場「アクトランド」
〒781-5233 高知県香南市野市町大谷928番地1号
Tel. 0887-56-1501  Fax. 0887-56-1506

昨年より続いている
映画「絵金の息吹」上映ツアーがファイナルを迎えますっっ


2017年秋の弁天座での公演「絵金縦遊伝」が成功するまでを
追ったドキュメンタリー!!
絵金を愛する劇団「宵晴レ座」の裏側をお見せします!!
映画「絵金の息吹」(一澄アヤメ監督作品)上映会&ライブツアー★表
映画「絵金の息吹」(一澄アヤメ監督作品)上映会&ライブツアー★裏

映画「絵金の息吹」予告編はこちら


日時  2020年1月26日(日)      昼の回 開場13:00 開演13:30      夜の回 開場17:00 開演17:30 場所:弁天座(高知県香南市赤岡町795番地 TEL:0887-57-3060) ●入場料:900円(中学生以下500円)
●チケット:
高新プレイガイドにて入場券販売
●プログラム  ・ライブ ナカヒラミキヒト(G&Vo)、田村花枝(三味線)  ・「絵金縦遊伝」ショートシークエンス(宵晴レ座)    神山てんがい、上森ひろみ、阿坐弥~アザミ~  ・映画「絵金の息吹」上映(一澄アヤメ監督作品)  ・アフタートーク

後援:高知県/香南市/絵金蔵/弁天座/ (公財)高知県観光コンベンション協会 ★information★ 絵金蔵にお越しの際は、上映チケットまたはチケット半券をご提示頂けましたら、
観覧料50円引でご入館できます。 (チケット1枚で2名様まで有効。その他割引優待との併用不可。
2020年3月31日迄
【お問合せ】 絵金蔵 TEL:0887-57-7117

皆さま、新年あけましておめでとうございます
本年も絵金蔵をどうぞよろしくお願いいたします


さて、第2展示室の展示ケースにて
お正月展示お正月様と松竹梅 を開催中です。

IMG_20200104_094939-min

絵金の長男・房太郎が養子となった家に伝わる艶やかな掛軸《お正月様》を中心に、
福の気配が感じられる吉祥画や縁起ものが描かれた作品を展示します。


今年のテーマは「松竹梅」。
福を呼ぶ吉祥図案として度々用いられる松竹梅が描かれた白描画や掛軸など、
今年の十二支「子(ねずみ)」にちなんだ作品とともにご覧ください。

ちなみに芝居絵で「ねずみ」と言ったら、
あの演目のあの登場人物ですね…… 答えは絵金蔵にて……



「お正月様」、「松竹梅」、ねずみ」をご覧いただき、素晴らしい一年となりますように。


■会 期  2019年12月24日(火)~2020年1月26日(日)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

今年中の最終営業日は
12月28日㈯となっております。
令和2年1月4日㈯より
営業を再開いたしますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年は、芝居絵屏風修理をスタートし、開館15万人目を迎え、
さらには開館15周年イベントの準備と慌ただしく過ぎていきました。

こう書きだしていくと、令和という節目は、同様に絵金蔵にとっても節目となった年でした。
このような素晴らしい年となったのも
ひとえにご来館くださるお客様、近隣の皆様、関係者の皆様のおかげでございます。
本当にありがとうございます。

2020年も一層の愛顧を賜わりますよう、
お願い申し上げます。


2月・3月とイベントが控えております。
ご来館いただきますこと心よりお待ちしております。


                     絵金蔵スタッフ一同


いよいよ年末となり新年はもう目前。

今回は新しい企画展のご案内です。


絵金蔵では本日より、
お正月展示『お正月様と松竹梅』がはじまりました!

◆会期◆
12月24日(火)~ 2020年1月26日(日)

※会期中、月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日)

お正月様と松竹梅広報用


当館収蔵作品の中から、福の気配が漂う作品を展示しています。


今年のテーマは『松竹梅』

毎年恒例の艶やかな掛軸《お正月様》とともに、
松・竹・梅が描かれた掛軸や白描を紹介。

 ◆ お正月様 
 別名「歳徳神(としとくじん)」「年神様」ともいわれている神様。
 豊作をもたらす神様で、一年の幸福をもたらすために各家庭にやってくる
 祖先神とも考えられている。


縁起ものとして代表的な松竹梅は、福を呼ぶモチーフとして様々な場面で描かれ、
おめでたい場面になどにおいて好んで用いられています。

これらの「吉祥図案」は実に多種多様。

その多くは直接あるいは間接的に中国より伝来したものばかりで、
その姿や存在そのものが福とされるものに加え、
読みの音がおめでたいという見方から縁起がよいとされるものまで多岐に渡ります。
幸福の意象を表現することにより、
その幸福が現実のものとなるよう祈りが込められているのです。


今回のテーマの 『松』 『竹』 『梅』 には実はそれぞれに意味があります。

たとえば、竹は繁殖力旺盛で冬枯れを知らずに常緑であることから

子孫繁栄』と『不老長寿』を象徴しています。

その他の意味については展示の中でご紹介中です。

また、その3つが一緒に描かれた図は『歳寒三友(さいかんさんゆう)図と呼ばれ、
中国伝統の吉祥文様のひとつに数えられます。
“困難な時代に結ばれた友情と、逆境にあっても節操を守り通す意志の強さ”
を表すものとして現在まで伝わっています。


様々なところにひっそりと、どどーんと描かれている
おめでたい吉祥図案を
身近な場所でぜひ探してみてくださいね!



会期は、2020年1月26日(日)まで、
9:00~17:00(最終入館16:30)。


絵金さんからの新年のご挨拶。
絵金蔵にぜひ初詣にお越しくださいませ。

ページ上部へ