体が溶けてしまうんじゃないか、そんな暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
こまめな水分・塩分の摂取を忘れずにしてくださいね。


さて先月7月14日㈯・15日㈰、須留田八幡宮神祭が催されました。

須留田八幡宮神祭では毎年、町の明かりが消されろうそくに照らし出された絵金の屏風絵が
闇の中に浮かび上がります。本年は絵金蔵の夜間会館中に板橋区立美術館の元館長である
安村敏信氏の講演会も開かれ、大盛況のうちに終了いたしました。
サンプル2




そして7月21日㈯・22日(日)には絵金祭り
一年間で最も赤岡が盛り上がる日です!

豪雨の影響も少しあったのか、昨年度よりお客様は少なかったようですが、
普段は静かな赤岡町が大勢の人々で埋め尽くされていました!
皆さま絵金の芝居絵屏風に見入っていましたよ。




サンプル3
↑学生ボランティアさんの解説も大好評

IMG_4211
↑夏の特別展「横のぼり展」より※終了いたしました


さて、今月7日からは企画展「いきもの展 天高く馬肥ゆる秋」がスタートいたしました。
トリミング画像
↑親子馬(個人蔵)


この企画展では、当時の人々の生活に密接に関わっていた馬や牛はもちろん、その他の季節を象徴する動物やどこにでもいるけれどあまり注目されない小さな動物など、絵金の描いた動物たちに注目し紹介していきます!

いきもの展第1回目はの作品を展示しています。(※前後期で展示替え有)
馬1匹1匹の個性豊かな描き分け方を見れば絵金の画力の高さのみならず、
彼の温かくユーモラスな人柄が見えてきます。

後期では少し大きな作品をお借りしてきて展示いたしますよ。

ぜひ前期後期とも、お見逃しなく。


【期間】
 前期:8月7日(火)~10月8日(日)
 後期:10月10日(水)~11月4日(日)




連日の猛暑がひと段落したかと思えば、台風が迫ってきています。

皆さま台風には十分にご注意ください。

この台風の影響で、閉館にされる施設もあるかとは思いますが、
絵金蔵は7月29日も営業予定をしております。

強い雨風も予想されますので、
来館をされる際にはご無理のない範囲でお越しください。




今日も暑い、明日からの週末は何しよう…
アイス食べてごろごろして録り溜めたドラマの消化でもしようかな

なんて考えながら見ているそこのあなた。

その案とてもいい、とっても素敵な休日の過ごし方ですね。

しかし、今週末はといえば話が違います。
いよいよ開催ですよ、7月といえば、の 土佐赤岡絵金祭り!!


あつい中、かき氷片手に並ぶ屏風絵を横目で見ながらお祭りを満喫するもよし

ビアガーデンでつめた~い飲み物で乾杯するもよし

熱気に満ちた通りで屏風絵をじっくり眺めて絵金の世界に浸るのももちろんよし


7月21・22日はぜひぜひ赤岡町に足をお運びくださ~い!
絵金蔵も18~20時にも夜間開館しております。(入館締切 19時半)



そんな祭りに先駆けて、
アウトドア暮らしのウェブマガジン「暮らし~の」さんで
絵金蔵 & 絵金祭りの特集記事 が公開されました!

絵金祭りの魅力がたっぷり詰まってますよ。
今週末に絵金祭りに行きたくて仕方くなってしまうかも!

当施設の高知県「絵金蔵」特集!毎年7月第3土日には「土佐赤岡絵金祭り」が開催!」
という内容で公開されています。

こちらからご覧いただけますので、ぜひ読んでみてくださいね。
https://kurashi-no.jp/I0020905



暮らし~のとは、アウトドアに関連する情報発信メディア
で、
魅力や必要な知識・道具をまとめて読むことができる無料のウェブマガジンです。

絵金蔵以外にも、休日にどこかに出掛けたくなるような
ワクワクする記事がたくさん掲載されているので
いま関心のある情報を探してみてはいかがでしょうか。

次の日からの生活がちょっと楽しくなるような
すてきな情報がみつかるかもしてませんよ!


ではでは、明日からの絵金祭りでお待ちしております


通販のエラー修正いたしました。
通常通りご利用いただけます。



大変ご不便をおかけしますが7月15日現在、
通信販売のページにエラーが発生しているためご利用になれません。

お手数をおかけしますが、商品をご希望の場合
ホームページ内にございます、お問合せフォームまたはお電話にてご連絡ください。



絵金蔵0887-57-7117

グンと気温が上がり倒れそうなほどですね、高知の夏がやってまいりました。

さて本日7月14日と明日15日は
須留田八幡宮神祭(19:00~21:00)が赤岡町本町通りで開催されます。

絵金祭りをご存知の方は多いかと思いますが、そもそも絵金さんの芝居絵屏風は
この江戸時代から続く須留田八幡宮神祭において、祭礼の道具ととして使われてきたものです。
絵金祭りは大変賑やかで華やかなお祭りですが、神祭は街の明かりも消し、
厳かな雰囲気の中で闇に揺らめく絵金の本物の屏風絵をご覧いただけます。
ぜひこの機会に赤岡にお越しください。


また、絵金蔵では夜間特別開館もいたします。
時間:18:00~20:00 入館締切19:30


そしてなんと今年は板橋区立美術館の元館長で、日本美術史家の
安村敏信氏の特別講演会がございます!
高知で聞ける機会はめったにないですよ!
本日14日の公演は満席ですが、明日15日の公演はまだ余裕がございます
絵金蔵の入館料のみで聴講することができますので、この機会をお見逃しなく。

日 時
7月14日(土)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
幕末の情念-絵金芸術の背景-
絵金の妖しい表現が生まれた幕末期の美術状況を探る

7月15日(日)18:10~18:50(約40分間)
テーマ
江戸美術のなかの絵金
江戸美術の中で絵金がどのように位置づけられるか考える

会 場  絵金蔵内の土間ホール
講演者  安村 敏信 氏(萬美術屋、板橋区立美術館元館長)
定 員  20名(要予約)
聴講料  大人500円(450円)/高校生300円(250円)/小・中学生150円(100円)





ページ上部へ