「ぐうーと! ぐうぅーーーっと!」

独特の掛け声とともに真っ赤な大杯に注がれた日本酒を一気に飲み干す「どろめ祭り」
「これぞ土佐人の祭り!」
県外の方も「高知県にはそういう祭りがあると聞いたことがある」という方も多いと思います。
とれたての「どろめ」(生シラス)を肴に、
「飲み干す時間」と「飲みっぷり」を競うこの「大杯飲み干し大会」!
「どろめ祭り」が香南市赤岡町で行われているというのはご存知でしたか?
毎年4月の最終日曜日、赤岡町の南に大きく横たわる赤岡海浜には
県内外から大勢の参加者や見物人が詰め掛けます。
H30どろめ祭り

どろめ祭りにて飲まれているお酒も絵金蔵のある赤岡町で製造されたもので、
赤岡にて創業140年余りの歴史を持つ「高木酒造」にて造られています。

新型ウィルスの流行に歯止めが掛からぬ状況下、
祭りの開催も見送られつづけ、
何となくもの足りない想いをされているどろめ祭りファンの方もおられると思います。

そこで地元のお店「東武ギフト」「高木酒造」
「少しでも多くの方にご自宅でどろめ祭りを楽しんでもらおう!」
と手を組み準備致しました!

どろめセット01

 \どろめ祭りミニ大杯セット/ 3,520円(税込)

ステイホームで家にいる時間も増えてきた昨今、
ちょっと家の中を「どろめ祭り」の会場にしてみませんか?

セットの内容は

どろめセット02

●「高木酒造」 日本酒 各種3本
 ・「土佐 金蔵」:純米酒 300ml  絵師・金蔵をモチーフに作られたお酒です!
 ・「豊能梅」:清酒 360ml  実際にどろめ祭りでも飲まれているお酒です!
 ・「おり酒」:にごり酒 300ml

どろめセット03

 ●ミニ大杯(約22cm)1個

となっております!

高知の酒が美味しい理由に「下戸でも二日酔いにならない」というのがあるそうです。
「高木酒造」のお酒は、味の切れがよく、香りがとってもフルーティー。
炭酸水や甘いフルーツジュースと割っても相性がとってもいいんです!
日本酒をのんでみようかな?という初心者の方にも是非試して頂きたいイッピンです!

こちらの商品は
高木酒造 公式ホームページ
 電話番号 0887-55-1800



東武ギフト 公式ホームページ
 電話番号 0120-15-9210



にてお求め頂けます。
東武ギフトへはお電話にてお尋ねください。

春のあたたかな日が続き、お出かけや旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?

高知市から車で40分、高知龍馬空港から車で10分に位置する絵金蔵では、
新たな展示「フラフができるまで」がスタートいたしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企画展「フラフができるまで」

■会 期  4月6日~6月27日(日)(予定)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

※会期中以下の期間において一部展示内容が変更となっております。
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をくださいますようお願い申し上げます。
蔵の穴(第2展示室内)の休止
:本物が見られる覗き穴のみ休止
10月27日(火)~令和3年4月末頃
※予定、確定し次第更新します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フラフ展示風景1


この度の展示では、赤岡町の隣町に当たる岸本に工房を構える吉川染物店さんの協力を得て
高知の端午の節句に欠かせない大型の旗「フラフ」の製作過程を、
特別に制作いただいた「ミニフラフ」を通してご紹介いたします。

実際に使われる道具の展示や絵金と吉川家のつながりを知ることができ、
新しい視点からフラフを見ることができます。


フラフ展示風景2
▲色鮮やかな「武者絵」のミニフラフ


フラフ展示風景3
▲使い込まれた刷毛や唐紅など普段見ることができない道具たち


お城下追放となった後、紺屋で凧絵、絵馬などを描いていたとされる絵金。
いったいどんな生活を送っていたのでしょうか。

当時に思いを馳せながら、高知の伝統的な工芸品でもある
フラフについてこの機会に知識を深めてみませんか?


1

5月には端午の節句に合せて絵金蔵の敷地内でフラフをあげたい
と思っておりますのでお楽しみに~!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵金の庭でフラフあげます!
★期間:2021日5月1日㈯~5月15日㈯ ※天候によりあげない場合がございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




花が咲き乱れ、まさしく春爛漫といったところでしょうか?
心もウキウキとお出かけにはぴったりの日が続いています。


さて、絵金蔵では新たな企画展「フラフができるまで」
4月6日㈫よりスタートいたします。


2021フラフタイトル-


土佐の端午の節句と言えば、青空にはためく巨大な大旗「フラフ」
高知県出身であれば必ずどこかで見たことがあります。

大きいもので縦3メートル・横5メートルにもなるとも言われるフラフは、
大漁旗から着想したとされ、この独特な名前はオランダ語の呼び名と言われています。

1


絵金は御用絵師の職をとかれた後に、
染物の仕事なども行っていたとされており、幟や凧絵、絵馬などを描いたそうです。

今回の展示用に制作いただいた吉川染物店さんの初代金太郎氏は、
絵金の弟子だったとされた人物。

そのため吉川染物店さんが今でも制作するフラフや土佐凧は
絵金の理解を深める上で、非常に重要な工芸品です。


本展示では、吉川染物店さんの協力を得てフラフができるまでの過程を
三段階に分けてご紹介いたします。

現代に伝わるその手作業の技など、
普段みることのない部分を是非、絵金蔵でご覧ください。


吉川染物店:
赤岡の隣町にあたる岸本に店があります。
絵金の流れをくむ吉川染物店の凧やフラフ、幟は力強い墨線と赤を基調とした画風で知られ、
現在、お店を引き継ぐ吉川毅さんは毎年県内各地で展示を行うなど精力的に活動されています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企画展「フラフができるまで」

■会 期  4月6日~6月27日(日)(予定)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

※会期中以下の期間において一部展示内容が変更となっております。
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をくださいますようお願い申し上げます。
蔵の穴(第2展示室内)の休止
:本物が見られる覗き穴のみ休止
10月27日(火)~令和3年4月末頃
※予定、確定し次第更新します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


例年よりも寒かった(ように感じる)冬が終わり、春の花々が満開となっています。
西川花祭りは皆様ご覧になられましたでしょうか?
土日は渋滞が起きるほどの大人気のようです!
ご興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■西川花祭り
開催日時 2021年3月20日(土・祝)~4月4日(日)
     9:00~16:00(開園時間)
花の開花情報など、お祭りの詳細は≪こちら≫よりご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、本日は絵金蔵に新たに登場した「光る」募金箱  を紹介させて下さい!
こちらは2019年度から高知工業高校専門学校地域協働演習という授業を通し、
生徒さんに制作いただいた、募金箱となっております。


C644B9B4-A9D4-43AC-9C9F-16D5C430D401

▲町家を模した募金箱 (制作:高知高専2019年度地域共同演習1班)



これまでも館内では募金箱は設置していたのですが、
手作りの箱を利用したもので、その存在感の薄さ、目立ちにくさが問題となっていました。

そこで高知高専の生徒さんとの話し合いを進め、その技術とお知恵をお借りし、
思わず募金したくなる"ユニークな募金箱"を作っていただきました!

素晴らしい募金箱を制作していただき、
生徒の皆様、
担当教諭の皆様に心より感謝申し上げます。



34A06211-0ED4-4F12-B720-20C98108EFE3
▲お金を入れると光センサーが反応し灯りがともる仕掛けです!

6EABBEA9-990B-4074-8043-8861346A969E

▲土間に芝居絵屏風を飾る様子が再現されています。

A377E8D2-4B4A-4E8C-8035-C937FB114BBF
▲木製のすっきりした見た目がすてきです


絵金蔵では絵金の描いた芝居絵屏風の本格修理
様々なご協力・ご支援のもと行っております。
これまで行われたことのない大規模な修理の費用捻出は難しい状況にあり、
現在も寄付金を集めています。
絵金蔵にお立ち寄りの際には、このような素敵な募金箱もございますので
皆さまのあたたかいご支援を賜りますようどうぞお願い申し上げます。

本格修理や寄付の詳細は《こちら》をご覧ください。









「出会った後の縁結び」をテーマに、付き合う前のカップルから結婚が決まったカップルまで、様々な恋人達へ向けてグルメスポットやレジャースポットなどを発信している縁結び大学さんに絵金蔵を紹介頂きました!

幻惑的な絵金の世界に大切な人といっしょに浸りに来てください!

絵金蔵へは土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線のあかおか駅から北東へ徒歩約10分
大人一人520円。団体割引など各種割引もございます。
お気軽にお越しください。


※地図が出ます

ページ上部へ